6/23 超久しぶりの福岡シーバス - 2014年釣行記

6/23 超久しぶりの福岡シーバス

 23,2014 23:12
KIMG4348.jpg


例えば、”ほぼ同じ”スポットをルアーを変え、トレースコースを変え、違うレンジを意識し、さらにスレ対策に休み休みに攻めたとする。

しかし、反応が一切ない。



潮止まりからスタートしてみるが、明確な流れが出ない予感がする(そして実際にでない)。
潮位は減るが、流れは出ないという奴。

そんな中、一箇所だけ、明確にその「ヨレ具合」が、魚を惹きつけて仕方がないようなスポットがある。


そう。

そのスポットをルアーを変え、トレースコースを変え、違うレンジを意識し、さらにスレ対策に休み休みに攻めるが出ないものは出ない。


ところが、マリブ78に変えた瞬間出た。

KIMG4352.jpg

魚にはあまり興味がない・・・けれど、なぜマリブだったのかに興味がある・・・


考察は中略するけれど、多分、「レンジとサイズとアクションの三要素全て」がぴったり合ったのだと思う。

困ったときのマリブ頼り。

このルアーが人によって

「イワシパターンのルアー」
「アミパターンのルアー」
「バチパターンのルアー」

と、全然別の系統にカテゴライズしてしまうのは、このルアーは何かを偏食しているシーバスに対しても、綺麗にプレゼンさえすれば「食べ易そう」と認識して、偏食しているベイト「Y」に似てなくても食ってくれるからだと思う。


使用ルアー:

KIMG4354.jpg
関連記事


Comment 0

Latest Posts