NEWS 2014-6-26 ~ 2014-8-2 - 日記・雑記

NEWS 2014-6-26 ~ 2014-8-2

 09,2014 16:12
8/2

糸島にカニの買い出し。
先週買ったタイワンガザミの一パックがあまりにも美味しかったので、一パックじゃたりない、否、カニ祭りだと意気込んだ結果

KIMG0011.jpg

タイワンガザミ3匹で300円

(前の週は一回り大きな3匹で400円だった)

食べ比べ用に

KIMG0015.jpg

ワタリガニ3匹とオマケ(?)のイシガニ1匹で300円

宗像と違って干潟が広がる糸島はカニとエビが安い。

茹でると勿体ないので蒸す。蒸して食らう。味付けはしない(体内の海水で十分)。

KIMG0017.jpg
↑この一皿600円w

好みで柑橘系を絞ってみるのもいい。お上品なカボスやスダチの果汁より、野蛮なレモンの酸味が似合う。


で、味比べは予想通り・・・


タイワンガザミの圧勝

ワタリガニはミソの量こそは勝っているが、ミソの香味・味の深さ・濃さといった純粋な味ではタイワンガザミに勝てない。
ワタリガニは今産卵期のようで、外殻に出たタマゴはツガニの経験から美味しくないと予想して、タマゴが体の外に出ていないメスを選んだ。
確かに珍味といえる風味とネットリ絡みつく舌触りのタマゴだけれども、タイワンガザミの単純なミソの濃さには負ける。

そして肉。
タイワンガザミは栗を思わせるような甘みがあって余韻に深く残るが、ワタリガニはややアッサリしていて(産卵期ということを勘定に入れてあげるべきなのかもしれない)カニらしく旨いことは旨いのだけれども、タイワンガザミと比較するとやや劣ると言わざるを得ないんですね。

日本酒もいいけど、白ワインもお勧め。
クラウディー・ベイあたりが無難かもしれませんが、もっと若くもっと酸味があって寒い高地で作られたようなブドウがマッチする(←誰かの受け売りですw)。そして肝心なことですが、お高いワインより安くて野蛮なワインのほうがこういう野蛮料理には良く合う。
ということで、一緒に飲んだのは「やまや」で1000円で売ってる南アフリカ産

「フルール デュ カップ (Fleur du cap) ソーヴィニヨンブラン 」


グラスにつぐと極微発泡している・・・まだ瓶内で発酵が続いているくらい若くて、心地よい酸味と「若草のような」青臭さが蒸しただけのカニとびっくりするくらいマッチします。

あー、福岡に住んでいてよかったー^p^


7/31

13セルテ2510R-PEがお直しから戻ってきた。
今度は有料修理(3000円弱)・・・で、何も変わっていないという・・・

仕方ないので重くて抵抗が強いバイブを付けて「素振り」をすること数百回。
車の中でもシャコシャコシャコシャコ空回しすること数千回。

やっと少しだけ馴染んできたけれど、あまり快適とはいえない。
あきらかに3012Hより「ハズレ」な個体、秋までに仕込めるだろうか・・・

あっ、暑すぎて真面目な釣行はまったく行ってないです^p^
週末は素潜りにセイをだしております。
潜れない時は
①糸島の伊都菜彩と志摩の四季で美味しそうな魚と野菜買って

unnamed.jpg
ここのハンバーガーを海を眺めながら食べたり

②宗像の道の駅とうみがめで美味しそうな魚と野菜買って

(写真失念)

宮司浜の海の店でお茶なんかして、ちょっと、なんというか、普通の週末を過ごしています。
糸島の場合は某所でヤギのチビちゃんたちに、宗像の場合は宮地嶽神社のZOOでお馬さんに草をやるのがマイブーム。



釣具を買わなかったらこんな文明的な生活が送れるのか・・・


KIMG4430a.jpg

漢のルアーケース。

はたしてこれ以上男気に富んだ

“ 夏 鱸 ” ルアーケース

が地上に存在するであろうか。


え?

釣果は?




^p^

7/15

お買い物

KIMG4408.jpg


ストック目的でコーラルピンクを1個、ハッピーレモンを2個。
やっぱりマリブはこのカラーに限る・・・


KIMG4410.jpg

買っちゃったよ、ストリームデーモン・・・
これからの夏の湾内スズキは超重量級打線で行きます(嘘です

1 右 ハードコアTT120SR
2 二 レイジー115  
3 左 エンゼルキッス140TGW
4 一 ストリームデーモン 
5 DH アイルマグネット3Gリップレス140
6 三  BMC120F
7 遊 K2F122MS
8 中 レスポンダー129
9 補 バリッド90H

KIMG4411.jpg

久しぶりに補充目的以外のルアーをいっぱい買ったった。



そして買物しているときに思い出した。
最後に漫然と流芯遠投してセイゴを釣ったルアーはハウレイ110だった。
ハウレイ110はスーサンに遠投能力とアピール力を加えて尚且つ、喰われやすさをキープしているという魔法のようなルアーだ。きっといつか大型が釣れると思う。


7/12

素潜リング通算3回目か4回目にして初のタコゲット。

KIMG4401.jpg

やっと魚が浅瀬に戻ってきました。
メバル・カサゴ族は結構賑やかですが、モリの腕が鈍っていて、仕留めたのは1匹・・・アイナメは何故か少ない印象。
タコは今年、宗像でも糸島でも直売所ですらかなりお高い値段がついているので、かなり嬉しい収穫^p^
潜って獲るタコのアベレージサイズは、堤防のキワ釣りで獲れるタコより二回りくらい大きいです。
実は↑の写真、タコが二匹写っているのがわかります?


































KIMG4402.jpg

^p^

7/9~7/11のどれか

入水ポイントからほんの10m先で何かが給餌活動しているのがわかっていた。
というかアレは俗にいうと「ボイル」していた。
ところが、何やっても喰わない。
仕方ないからどうせボラかコノシロということに決めつける。
無視してマニック115の遠投をしていた際の高速回収にヒット。
チビがそんなに手前で食ってもどうしようもないのがミッドストリームというロッド。一瞬でエラ洗いでフックアウト。どうでもいいサイズなので逃したことに対して何も思う所はない。
しかし、この現象をどう理解していいのか、なぜか直感的に来るものがあった。
水の中でロッドを手にしたまましばらく逡巡した後、これが「トップにしか来ないパターン」だと飲み込めた。
断じてシンペンに来たのではない。マニック115の直立ドッグウォーク・アライクの動きに来たのだ。
4つもルアーケースを携帯しておきならがら、TDソルトペンシルとかTKRPとかソルトスキマーとかポッキーとかフェイキードッグとか、所有しているトッププラグを1個もケースに入れていない不明を恥じた。
この後、何かの遠投で流芯からセイゴを釣ったけれど、どうでもよくてルアーが何だったかさえ記憶にないですw


日付不明

KIMG4400.jpg

水没したウナギ釣り師のロッドがヒット・・・


7/8

KIMG4399.jpg

戻ってきた3012Hをミッドストリームにつけて河鱸ングしてみた。

スカッシュ125F無くした。

日が落ちて流れが出てもベイトっ気がないので仕方なく海のほうに行った。

ウェーディングすると脱水症寸前。

足元を照らすとコイがいた・・・ここ、もう海なんですけど・・・・先日の増水で流されてきたのか。

回収すべきコースになったのにそのまま巻いているとミスバイトの水柱が一回だけ出た。

多分、流れに逆らってホバリングしている自分の顔の斜め後ろを通ったので、体を一回転捻ってバイトしようとしたのだと思う。

器用なやっちゃ・・・結構デカかった(というか、ほんの7mくらい先)。

上手い人=この1回のチャンスを逃さずに「ま、75cmでまあまあ。遊んでもらいました」写真パシャリ
ぼらお=湿気と喉の渇きも相まって戦意喪失撤退

明日から台風か・・・それにても暑い。



7/5

マリブ78
ずーっと在庫(生産)が無かったマリブ78に動きが!!
どうも最近また生産したらしい。
http://www.kingfisher.co.jp/SHOP/6210000390.html
マリブ78はコーラルピンクとハッピーレモンの2つのカラーが、他のカラーよりズバ抜けて反応を出す。
これを「色」と理解せずに「コントラスト」と考えれば、トロピカルベイトとクリアレッドヘッドもきっと有望カラーだと思う。
今持っているハッピーレモンとコーラルピンクは大事に使っている(というか、危険なウェーディング回収をガチで数回やっているw)けれど、買っておくべきかなあ・・・

閑話休題

折れたラテオ96を修理中。オシアのベリー部を修理した経験からすると、わりと楽というか、簡単。
ブランクの中に通すカーボンロッドのために
・1.5mm
・2mm
・2.5mm
3種類ほど買ってみた。
太さは見込み通り2.5mmがピッタリだけど、硬すぎて曲がらない。
もっと先端の部位だったら曲がらなくても結構だけれど、折れた箇所がティップのベンディングカーブの頂点になる箇所なので曲がって貰わないと困る。
ということで2mmを選択してカーボンロービングで太さを水増し。
今週中には仕上がるでしょう。


7/4
執筆のモチベーション
一気にドカン!と出そうと思っているんですが、モチベーションを保つために一章一章独立系式で出さないと、惰性という悪魔に負けそうです^p^
最初に出すには
A) ロッド編
B) ライン編
どちらかにしようと思っているのですが、どっちがいいですかね?初心者シーバスタックル入門カテゴリ。



7/3
13セルテ3012Hがメーカーメンテから戻ってきた(因みにSHORE8-1/2のほうはガイド交換のみで既に戻ってます)。
お値段は・・・無料。

おお、やるじゃんダイワ。
どれどれ、何がゴリシャリの理由だったのか・・・


「ギアに注油のみ・ギアが馴染むまで硬いフィーリングが現れているだけです」


またウソばっかりw

なんだ、こう、ダイワのギアは

gear2.jpg

こんな感じの一般的なラインを描くのではなく

gear.jpg

こうであると主張するのですか^p^
ギアが馴染むことによって巻きが良くなるという論ならば

gear3.jpg

この曲線じゃないとおかしくないですか、ダイワさん。

というかですね、3012Hが入院している間に2510R-PEもゴリシャリし始めたんですw
店員さんも戻ってきた3012Hと、これから入院させるべく持ってきた2510Rを比べると・・・眉間にシワが寄る・・・


この感じ、どちらともギアは逝ってないんですよ。

A)マスターかピニオンのベアリングがおかしい
B)ボディの組み合わせがおかしい
C)AとBの両方

多分、修理代金を請求されなかったところからして、(B)だったっぽい。
2510R-PEもこの機に入院。
ただ、少しだけ情状酌量できるのは、made in japanであり、年末年始から増税前の特需に応えるために増産した結果細部にミスが・・・ということでしょうかネ。
キッチリ組立てられたならば、全然問題ないはず。

ツインパちゃんはこんな事がないお利口さんなんだけどなー。

6/30

河口付近はチビが殆ど。
やっぱり上に登ったらしいが、それでも諦めきれずに河口。
上げの流れを待つこと2時間。
やがて渦巻くほどの流れが出たので、どれ、いっちょ揉んでやるかとミッドストリーム+K2F122MSで流れを攻めてみる。
藻がやばいほど多く、中々思うようなコースで流せない。
このポイントは、「上げの流芯」に潜み待ち構えるシーバスが居る時間帯がある。
それほど強い上げの流れが出るが、時合いは短い。

最近好んで使っている送り込みの形で何度かトライしていると・・・

(最近知ったのだがどうも『シンクロドリフト』という名称がついているらしい・・・我流でやっていたらほぼ同じことをしていた)

コッ! バイト・・・すかさずフッキング・・・ヒット!!

が、ミッドストリームのタメが効かずに数秒後にフックアウト。
やっぱりこのロッドは自分に合わないのか・・・まるで小さなオシア1006のような気がする・・・
そんなおり、簡単なことに気がつく。

このロッドは、感度が高い。
遠距離でも近距離でも、シーバスの繊細な接触を伝えてくれる。
そして、実は乗りも良い。
オシアのような完全なファストテーパーで先の方から順にグイグイ曲がりが伝達していくのではなく、ティップ先端はそれほど曲がらずに先端よりやや後方がスッと曲がる感じで、乗り自体はいい。
感度と乗りの良さが結構なレベルで両立できている。

ところが問題は、フッキング時に曲がる箇所よりベリー・バット側がイキナリ硬くなるので曲がりの伝達が悪く、タメが効かないのだ。

あ!
そうだ!
このロッドは50㎝の魚なんてお断りのロッドなんだ!!
やっとわかった!!!

多分70㎝クラス、最低でも太った60cmクラスになったら、ベリーがグイっと曲がり動いて魚との綱引きが成立するように設計されているはず。
小さい魚はティップだけしか動かせないので、バイトの瞬間はよくても、ベリー部を追随させるようなパワーがないのでラインのテンションを保てない(一方的に魚が弾かれる)のだろう。

ああ、面白い。

スズキを釣るという行為に「段階」があるとしたら、このロッドは自分にそろそろ次の段階に行けと示唆してくれているのかもしれない。

因みに(恐らくブランクのパワーは互角と思われる)SHORE8-1/2でも似たような事が起こりましたが、その時はセルテ2510R-PEというハイパワーかつ頑丈なリールのアドバンテージを活かして、即座に水面に浮かせて強引なイノウ◯ファイトで取り込み率九割を実現できましたw
SHORE8-1/2はミッドストリーム962より全体的に柔らかく弧を描く感じのテーパー、ミッドストリームはそのベリー部が金属的な感じがして、掛けた魚をそこで区別している感じのテーパーです。

カキーン!
うん?小さいな、お前はここから先行く(曲げる)資格ナシ。

ガッキーン!!
おう、中々の強さだ。バットに挑戦する権利をやろう。


こんな感じ^p^

このロッドは好きになりそうです。


6/26

あ・・・

KIMG4374.jpg


^p^

KIMG4379.jpg
関連記事


Comment 17

2014.06.30
Mon
12:39

ぼらお #-

URL

固有名詞を挙げて貰えれば挑戦してみます。
もしかしたら既に所有してるかもしれないですし(ルアー論評に掲載されているルアーの数より多分数倍あります)
リクエストに沿って購入してみるのも悪く無いです。

ただし、

・廃盤品
・プレミア付き
・明確にネタ系とわかるもの
・一般的ルアー相場より遥かに上の高額商品

これらに該当するものだと無理かもしれません。

編集 | 返信 | 
2014.07.01
Tue
20:41

 #-

URL

前回のインプレを見て私も思いましたが曲がり方といい現行のAR-Cをよりチューンした感じのロッドみたいですね。
ただあっちはMなんて買った日には20g以下じゃ投げるのにすらろくに曲がらないんですが・・・
(あわよくば将来糸島でヒラスズキも・・・なんて欲を出したばかりにXX1008Mと言う名の棒を持つ人談)

編集 | 返信 | 
2014.07.03
Thu
07:08

ぼらお #-

URL

そうですね、雰囲気はよくAR-C系と似ていると思います。
AR-Cはテーパーに癖がなくてフッキング時に乗せるのがやや苦しいけれどバレは少ない感じですが、これはその逆です。

XX1008いいですね!
サーフで頑張りましょうよw

編集 | 返信 | 
2014.07.03
Thu
23:11

maro #-

URL

ぼらおさん、こんばんは。まずラインの話が先の方が良いんじゃないですかね…?でないとロッドの話をされる際にガイドの特徴を説明しにくいのでは、と思います。(たぶん、初心者さんにはナイロンラインをお勧めするでしょう?)

編集 | 返信 | 
2014.07.05
Sat
09:08

 #-

URL

最初に興味を持つ段階ではロッドとリールに関心は行くでしょうし
ラインは言われて買い換えも利くからタックル選定の話から入るかテクニックとしてはいるか次第ですね

それと検索上位サイトは大体シーバスゲーム以外も同じテンプレから作ってる様なアファリエイト目当てのページが大半なんで、内容で駆逐する、と意気込んでも仕方ないと思います(笑)

>サーフで頑張りましょうよw
現行AR-CってLで他のML、MでMMH位の感じなんですよねえ・・・
前はS806Mのソルティーショットを使ってたんでその延長のつもりだったんですが、腕もあってかアダージョへビーや1ozのジグでもあんま曲がらないですw
とりあえずこし腰が抜けないかと上限60gに近いジグを投げ込んでみようかと計画してますが。

編集 | 返信 | 
2014.07.05
Sat
12:54

ぼらお #-

URL

>maroさん

ラインは・・・少しだけナイロンの話をしたあと9割以上はPEの話になる予定です。
ナイロンはやがて(というか、できるだけ早く)卒業せねばならぬものである、という考えが根底にあるんです。
詳しくは本文に書く予定ですが
ナイロンとは結局「ナイロンでも可能である」ということなんですよね。
「ナイロンだから取れるシーバス」というのが仮に存在した場合、「ナイロンだから取れなかった以前に、アプローチすら出来なかったシーバス」のほうが確実に多いんですよ。

何故初心者はナイロンがいいとか、ナイロンだと取れる魚がいるとか、そういう話が2014年にもなって蔓延っているかというとですね、初心者のチョイスにありがちな

・硬い安物シーバスロッド
・手入れを怠っているフック
・走りだしがヤバイ安物リールのドラグ

この悪の3点セットをナイロンの伸びで緩和してあげているからなんですよねw
決してナイロンだから釣れたのではなく、他のボトルネックとなっているネガティブ要素をちょっとだけ中和しているだけなんです。
ナイロン自体はポジティブ要素ではない、とも言えます。

でもこれって、食い込みが良くて乗りのいいロッドと、常に点検されているフックと、ある程度以上(シマノ:アルテグラ、ダイワ:フリームス)のリールを使った場合だと、ナイロンは害のほうが大きくなると思います。



うーん、テクニックの話かタックルの話か・・・

うーん・・・



あ、因みに旧ARCの話で申し訳ないですが、胴のコシは抜けないです。
2本ある内、ティップは明確に差が出ていますが、胴は(その内1本は折れた修理品であるにかかわらずw)ほとんど同じです。

編集 | 返信 | 
2014.07.05
Sat
18:33

 #-

URL

ぼらおさん、こんばんは。

「初心者の為のシーバスタックル」に続き、「初心者の為のヒラメタックル」も是非お願いします。

編集 | 返信 | 
2014.07.08
Tue
23:40

ぼらお #-

URL

ヒラメタックルは・・・

簡易的に今思いついたことを羅列してみます。

・9.6~11のML~M
レングスは9.6あれば必要十分。
ただし、波打ち際の取り込みでのやりとりは基本、長いほうが有利。射程も長いほうが有利。
食い込みが悪いと弾く、なんて余程の剛竿でないとありえないのがヒラメ。
よってシーバスは考えずにヒラメ・マゴチだけを考えるとジグやジグミノーを快適に投げられるMがお勧め(9.6ならMLを推奨・・・短く硬いということはタメが効かないということで、波打ち際で泣くことになるかも)。


・シマノ3000~4000orダイワ2500~3000
リールはメタルジグやバイブ中心なら
①ボディが歪んで早々に死ぬことを考えて適当な自重が軽い安物(ARCエアロとか)
②ボディがヘタることだけは防ぐためにメタルボディの中級以上のもの(ツインパとかセルテ)
ミノーが中心ならあまり深く考えないでいいとおもう・・・ロッドとバランスが合うリールを。


・PEは1~1.5号
自分の経験からすると、0.8号はメタルジグには向いていない(瞬間的な負担に耐え切れない)。
また、0.8号はかなりの頻度でのライン交換が必要。
1号になると突然0.8号より摩耗耐久が上がる(経験論)。
1.5号はミノーの飛距離こそ劣るが、巨大エイが掛かっても安心(?)だし、根やゴロタが入っているポイントでも多少無理が効く。
理想は1号を巻いて、1.5号を予備スプールに準備して携行すること。

・ルアー
基本はメタルジグ

メタルジグ30~40
スプーン
バイブ類
ソフトルアー+ジグヘッド1/2oz前後

メタルジグがその日の自分のフィーリングに合わなかったら(←これサーフではとっても大切なこと)バイブなんかに変えて広く手早く探す。
それでも食ってこなかったら

100~140mmミノー
70~90mmヘビーシンキングミノー
100~120mmシンペン

特にシンペン(というか、具体名を上げるとアダージョヘビー105w)で適当にラッキヒットを期待。
ミノーはサスケ裂波120・・・といいたいところだが、最近ヒラメ界に超新星が現れたらしいw
ヘビーシンキングミノーはぶっちゃけ、メタルジグの下位互換カテゴリのような気がして、最近その実用性を疑っていますw

編集 | 返信 | 
2014.07.09
Wed
18:55

 #-

URL

ぼらおさん、先日ヒラメタックルについてコメントした者ですが細かく教えて頂いてありがとうございます。

アドバイス内容と実際の自分のタックルと比べてみて色々と考えてみます。

「最近ヒラメ界に超新星が現れたらしいw」の部分が非常に気になるのですがkwsk教えて下さい。

編集 | 返信 | 
2014.07.14
Mon
20:10

ぼらお #-

URL

いや、どうも無視していたサイレントアサシン129F/Sがかなりのヒラメ傑作ルアーらしいんですよ。
99の脆さと140の潜りすぎの件があったので食わず嫌いでスルーしていたら、どうも別物といっていいレベルで、尚且つヒラメにキクという話です。
気になるので、レスポンダーともども129サイズを全部買ってみようかと考えている今日このごろでした・・・

編集 | 返信 | 
2014.07.14
Mon
20:14

ぼらお #-

URL

>管理人のみ閲覧できます

いやいやいや、そういうワケにもいかないので、固有名詞を教えて頂けたら頑張ってオクなりなんなりで探してゲットしてみます。
是非教えてください!

編集 | 返信 | 
2014.07.15
Tue
01:15

 #-

URL

サイレントアサシン129s持ってますがまだヒラメさんを連れてきてくれませんwww
投げてただ巻きしているのですが使い方が悪いのか、たまたまなのか・・・

編集 | 返信 | 
2014.07.16
Wed
21:09

ぼらお #-

URL

129Fを買ってみました^p^
そういえば、最近サーフに全然行っていない・・・

編集 | 返信 | 
2014.07.17
Thu
01:17

 #-

URL

129F使ってみたらインプレおながいします

編集 | 返信 | 
2014.07.17
Thu
20:57

ry #-

URL

こないだ書いた翌日、予報は北西の風7mの日にSK島サーフにAR-CXXの慣らしに行ったけど重量級打線もアゲンストの爆風には勝てなかったよ…
アイル3Gリップレス140もストロングアサシンもライナーでブン投げても30mばっか飛んだとこで魔球の様に急速ホップしたwww

あ、ジグ40gはどっこいしょ投げですがそれなりに飛びましたw

ストロングアサシンはボリュームに対して重量が負けてる感じでなんか軽いです。状況も悪いとはいえコマみたいに回ってました。

編集 | 返信 | 
2014.07.18
Fri
23:04

ぼらお #-

URL

129Fの出番・・・シリーズを書き終えてから位になりそうです^p^

ストロングのほうは何故か手が拒絶反応を起こしてパッケージすら触りませんでしたw

編集 | 返信 | 
2016.08.01
Mon
22:29

通りすがり #-

URL

ワタリガニ✕
タイワンガザミのメス〇

編集 | 返信 | 

Latest Posts