スナップについて - 初心者のためのシーバスライン

スナップについて

 03,2014 22:19
一部の特異な(←これは別に当て付けの形容ではない)上級者を除き、99%のシーバスアングラーがスナップを使用します。





では、初心者はどのようなスナップを使うべきか。





実は、こればかりは答えがありません。




どうやっても結論は

「各々自分に合うスナップを見つけてください」

という、なんとも歯切れが悪いものに帰着してしまうからです。





「スナップ問題」は突き詰めていくと、喧々諤々の「俺の愛用する◯◯スナップ」というような宣伝合戦になってしまいます。


えっ、おまえ、そんなクソスナップ使ってんの?プッ(失笑)・・・情強が使うのはコレ ◯◯◯(←固有名詞)


みたいな。





まずはじめに「一部の奇特な上級者」の話・・・つまりはスナップを使わないケースの話をしてみましょう。


スナップを使わない上級者の文章を読むと大体次のように集約されます。





① スナップの強度が信用できない
→信用できる強度を持つスナップは重量および形状的にルアーアクションを阻害する

② スナップの必要性が殆ど無いほど特定小数のルアーローテ
→「このルアーで」釣りたいというルアーへの強い思いれ
→このルアーを通して釣れないならウダウダせずに場所移動ランガン

③ トップウォータープラグ専門
→トップウォーターはスナップがほぼ確実に邪魔な存在となる




①の上級者のキーワードは大物狙い・・・・ではなく「数釣り」「ぶっこ抜き」・・・・の傾向があると感じました。
②の上級者の場合、ランガンできるポイントの数を多く持ち、尚且つ経験が豊富で、「そこで粘って出す一匹」より「次の可能性」に重きを置く傾向がある人・・・・言葉を変えると「時間あたりの効率」を重視する人か、その対極で「このルアーに来なければ釣れなくてもいい」という詩人チックなスタンスが見受けられます。
③は②の変種ですが、トップウォーター専門使いはフックのライン絡みを極力減らすためにスナップを使わない人が多いようです。また、トップウォーターではありませんが、ソフトルアー(ジグヘッド)の場合も、繊細なアクションを阻害するあらゆる要素を排除したいがためにスナップを使わない場合があります。


逆に言えば、これらの条件を満たさないスタイルの人はスナップを使うべきですよね。
スナップとはルアーチェンジを効率よく、早く、安全確実に行うための便利用品です。
大多数の人は必要としています。

その日、その場でどのルアーが当たるのか、経験やデータの蓄積がない初心者ほどルアーチェンジを必要としているつまりは初心者ほど根拠なきルアーチェンジを頻繁にしてしまうということならば、尚更スナップが大切になります。




すなわち、スナップに求められる要素は次の四点に集約されるといっていいでしょう








・破断強度

・耐久性

・ルアーのアクションに干渉しにくいサイズと形状

・浮力を損なわない重量









自分の経験からすると、スナップが問題になるポイントはほぼ全てが「耐久性」に関するものです。
求める破断強度はスペックを見れば一目瞭然です(そのスペックが信じられない、というようなクソスナップは無いと信じたい)。
また、サイズ・形状・重量も現物を見れば、あるいは、実際に一度使えば自ずと明白なることです。

ところが、





「強くシャクって大ジャークさせたら水を切る抵抗で開いた」




とか




「着水時に強く水面を打ったら開いてた」





とか




「ルアーチェンジで開閉を数回繰り返したら実はガタガタになって開きやすくなってた」





とか




こういった「耐久性」の問題は、損失のその瞬間までわからないものです。
そしてその瞬間の代償はルアーロスとかヒットした魚を逃してしまうとか、アングラーにとってはダメージが大きなものばかり。


このスナップ問題を難しくしているものは、とある信用できるスナップがあったとしても、その号数と使用内容によって人が受ける感想がそれぞれまったく違うものになってしまう、という点です。



難しい。



例えば自分の例を出しましょう。





自分が愛用するのはカルティバのクイックスナップ1.5号です

1号でも2号でもありません。

大きな2号はその重さと大きさがルアーの動きに望まぬ変化を与えます。浮力が乏しいルアーだと本来はそうでもないのに前方傾斜姿勢になったり、フローティングがサスペンド~シンキングになったりします。2号はシーバスルアーにはオーバースペック。
小さな1号は数回の開閉で著しくその破断強度が劣化します。全然信用できません。

もう何千回も何万回も試したので知ってます。クイックスナップの1.5号。

自分の場合はクイックスナップですが、人によってはそれがガマカツの音速スナップ(のMサイズ)




だったり

エバーグリーンのワイドスナップ(の2サイズ)



だったりすることでしょう。

シーバス用途でエクストリームまで到達する人がいるとは思えませんが、「bouzリング」のような「限りなくスプリットリングに近いスナップ」・・・いや、「脱着しやすいスプリットリング」を使う人も、もしかしたら、いるかもしれません。


ようするに、この問題は、各自が己のニーズに合うものを見つけるしかない、としかいいようがないのです。











ただし、





スナップ付きサルカン







とか





スナップ付きスイベル






とか








いわゆる「ヨリモドシ」の類のような




(こういうものです↓)



 






確実にルアーを(色々な意味で)殺すような「スナップ」を付けていると、「PE⇔ルアー直結」のように、貴方の人格を全て否定されるような目つきでみられても仕方がありません。

(ただし、スプーンのような「回転性」がルアーアクションのキモとなるようなルアーにはアリ・・・だけど、そこまで気を使うなら廉価タイプではなく、回転性のいい比較的高価なスイベルを使うはず)


シーバス初心者(というか釣り初心者というべきなのかもしれない)にありがちなことですが、この量産型「スナップ付きサルカン」とその類を使っている人、実は少なからずいるようです。
「えっ?こんな場所でこんなルアー使うの?」と、驚いてしまうような「微妙なルアー」を拾った場合、高確率でスナップ付きサルカンが付いています。

スナップの最低限の機能を有しているようにみえますが、上記の項目


・破断強度

・耐久性

・形状

・重量







全てにおいて不合格です。







折角揃えた、決して安くないロッド・リール・ルアー・新品の刺さりがいいフック・PEラインと頑張って覚えたノット・・・・・・・そのポテンシャルをたった数十円のアイテムで無駄にしていいのですか?

やっとヒットした魚を逃してもいいのですか?

それらを無駄にしたいのですか?

浮力に余裕がないようなルアー、ギリギリセッティングと言われるようなルアー(例えば、スーサン・・・例えば、ワンダー60~80・・・例えば、サスペンド系全般)に付けて引いてみてください。ラインに直結した場合と比べてみてください。

スナップは装着時に限りなく直結に近くなければなりません。

自分が知る限り、「スナップ付きサルカン」の類はその強度が不十分です。
強度が十分な頑丈なものもありますが、その場合はサルカンがルアーの泳ぎに干渉してしまうほどの重量を載せてしまいます。「丈夫さ」が望まれない干渉をしてしまうわけですね。

その場合のルアーのアクションの差が理解できないようならば、多分シーバスフィッシング・・・否、ルアーフィッシング全般に向いていません。

スナップには拘りましょう。安いけれど違いがでるアイテムです。



PEライン目次
PEライン 前の記事
PEライン 次の記事
初志者のためのシーバスタックル入門 目次へ戻る


関連記事


Comment 5

2014.09.04
Thu
10:02

POPONTA #-

URL

スナップやスプリットリングは、破断して壊れるのではなく変形して壊れます。
本来であれば破断強度ではなく、変形強度が重要になりますが、なぜか破断強度での表記です。
破断強度>変形強度ですから、選定の際は期待したい強度より大きい破断強度の製品を選ぶ必要があります。
スプリットリングの変形強度は破断強度の半分程度です↓
http://www.shout-net.com/product/ASSIST_HOOK/75-SR.html
しかしスナップの場合は製品によって形状が異なる為、変形強度は試用してみないとわかりません。
結局は金属疲労や歪みもありますから、許容できるだけ大きいスナップをある程度で交換して使うことが妥当でしょうね。

編集 | 返信 | 
2014.09.05
Fri
11:01

しんのす #-

URL

がまかつの音速スナップを使ってますが、ルアーの付ける所が太いとなかなか入りません。それ以外は早く着脱できるので便利だと思います。

編集 | 返信 | 
2014.09.05
Fri
22:28

ぼらお #-

URL

>しんのすさん

音速スナップはその仕組みからして耐久性を重視してますよね。
自分はクイックスナップの兎に角速い(しかも手袋つけたままで問題なくできる)利便性を選びました。

>POPONTAさん

いつもコメントありがとうございます。
変形したら捨てる・・・これは鉄則ですね。
クイックスナップは、決して変形しにくいスナップではないが、変形が発生するとすぐわかる上に、何処にでも売ってあり、しかも安いので交換に躊躇ないという点が美徳だと思ってます。

例えるなら音速スナップがパンター、クイックスナップがT-34(意味深)

編集 | 返信 | 
2014.09.06
Sat
10:40

POPONTA #-

URL

こちらこそ、いつも楽しく読ませていただいきありがとうございます。
わたしもクイックスナップだけ使っています、使いやすくてテンポ良くルアーローテンションできるので最高ですよね。

>例えるなら音速スナップがパンター、クイックスナップがT-34(意味深)

たしかにスペックと使い勝手からいえば超納得です(笑)

そういえばSHORE8-1/2の割れたトップガイドはご自身で交換するんですか?

編集 | 返信 | 
2014.09.06
Sat
15:36

ぼらお #-

URL

ラテオ程度なら自分でやってみようという気になるかもしれませんが、SHORE8-1/2はマジで大切にしているので、修理が得意な釣具屋サンにお任せしましたw

編集 | 返信 | 

Latest Posts