9/19 MajiでKoiする5秒前 - 2014年釣行記

9/19 MajiでKoiする5秒前

 20,2014 13:24
時間は40分間限定(厳格)

若潮満潮止まり。
雨のせいで流れは出ているが、まだ登りの潮も入ってきて安定しない。

流れ自体は強い・・・・水量がある。

何故かしら自分はこういう日を得意としているが、何しろ時間が時間なので往復数十メートルをランガン。

タックルは

ミッドストリーム962
セルテ3012H
PE1.5号
リーダー25lb

結構マジ仕様


こうまで流れが強いと遊泳力のないベイトは表層に浮く。
しかしシーバス自身は荒れた表層には滞在しないケースが多いと思う。
(経験からすると、荒れた川の表層を悠々と泳いでいるのは移動中のシーバスで、捕食活動には殆ど反応しない)

雨上がりor小雨の状態は、このテーマをどう解釈するかが攻略のキモであり、面白い要素である。


一応ノーマルハードコアリップレス120とハードコアTTリップレス120で表層を流しながら撫でてみるが、反応はない。
それほど濁りは強くないが、もっと下に潜むシーバスにはアピールが届かないのかもしれないと解釈する。


良く沈むが、リトリーブ次第では表層近くまで上がってくるルアー・・・・うーん、ローリングベイト。









底取る→レンジなるべくキープ→ダメ




底取る→普通に泳ぐスピード→ダメ










あまり沈めないように糸フケを調整しながらドリフト→流れの終わりでターン(水面下1m弱をイメージ)→BANG!





強い流芯からは外れているものの、この時点で完全に出た下げの流れに乗って走る。





走る。





ミッドストリームが 

 ⊃ 

こんな字になってフルベンドする。1.5号に合わせた強めのドラグをジリジリ出して下流に一直線。



マジかこれ、超ヘビー級だぞこれ。







と、30秒ほど経過すると、ドラグの出が全然シャープじゃないことに気がつく。

冷静になる。




^p^







ロッドの先にぶら下がっている「そうであって欲しい願望」と、自分の手元にある「冷めた経験則」が綱引きをする。




こんなヘビー級なボラいるか?絶対ランカーシーバスだって。


落ち着けよ。一回もエラ洗いしてないだろ?

いや、自重がありすぎてエラ洗い出来ない個体かもしれないでしょ?


じゃあ、この鈍くさい走りは何だよ全然「突っ込み」じゃないじゃん・・・ボラだってば。





やっとのこと足元まで寄せると・・・










え、これ掬い上げるの?

上げなきゃダメ?

ここで外れてくれない?














KIMG0401.jpg




このベルモントのフレームの横最大長が50cm。
それを優に超えていて、縦の最大長65cmには余裕で届かないから、55~といったところ・・・それの背中スレ掛かり+水流で途轍もない引きを見せてくれました・・・・タモも臭くしてくれました・・・・
使ったローリングベイトはシャロー仕様のダブルフックなのに何で掛るかな!



泣く泣くタモを洗って撤退。
majiでboraすると寒さが身に沁みる・・・
関連記事


Comment 2

2014.09.21
Sun
18:20

ワゴンセール #JalddpaA

URL

ボラとは、予想外でした。
途中から、絶対シーバスではないな?エイだろう?と予想して、外しました。 残念(;^_^A

トーナメントS4000Hをグリスアップして、二日連続の岡垣ゴロタ朝練してきました。
キャスト時に、ベールが不意に返ることが2回あったので、もう少しメンテが必要見たい…。
シーバスの気配は無く、ソゲ4ヒット、2キャッチ、2バラしに終わりました。明後日、また行こう^ ^

編集 | 返信 | 
2014.09.22
Mon
12:29

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

中々のヒット数ですね、ソゲ。


どうやら太刀魚も釣れてるところでは釣れてるようなので、もう少しサーフ以外の朝練粘ります。
サゴシの冷凍干物ストックが増えたら、サーフに転向しよう。

編集 | 返信 | 

Latest Posts