ドリフトペンシル110 - シーバスルアー:シンペン

ドリフトペンシル110

 10,2015 00:10
名称/通称:ドリフトペンシル110 (ドリペン110)
メーカー:エクリプス
カテゴリー:シンペン
適性:
 サーフ    △
 干潟     △
 河口     ◯
 河川     ◯
 磯      ◎
 都市港湾   ×
 地方漁港   ×


KIMG1297_20150509163326fbb.jpg





評価




重量なんと26g!
ヘビー級シンキングペンシル。
その本質は「レイジー115 ア・ライク」なルアー。
似たような射程・・・サイズや重量のわりには形状やバランスからあまり飛ばない。
似たようなレンジ・・・レイジーより浮き上がりやすいが、シャロー域ではちょっと油断するとあっというまに根掛かり。
買い求める前は「きっとサーフなんかの外海にいいに違いない!」なんて先入観を持たせてくれましたが、実際に使ってみると、サーフでは大して飛ばないので出番がなく、かといって河川域では余程の流れと水深がある場所でないとレンジの問題から使えないことに気が付きました。
一番適性があるフィールドは磯でなかったとしたら、「満ちた干潟・内湾サーフ」だと思います。



飛距離 ★★★☆
飛行姿勢 ★★★
キャスタビリティー ★★★

アクション制御のための大きめのウェイトがルアー前部にあるためか、飛行姿勢がかなり悪い。
外海のサーフではギリギリ。
ちなみに固定重心。

KIMG9099_201505091700470bf.jpg


アクション ★★★☆

色々と考えさせられるアクション。
デイのサーフゲームでダイワ3000/シマノ4000のハイギアを使った一般的なリトリーブスピードだと意外に浮き上がる。
そしてそのスピードだとシンペンとしてはやや大ぶりなアクションで、自分の好みではない。
逆にナイトの河川ゲームでダイワ2500/シマノ3000のノーマルギアを使ったスピードだと、アクションはヨタヨタとしたオーソドックスなシンペンアクションで良いが、レンジが沈降しすぎて(普通に巻けばレイジー115より上をいくが、スローリトリーブではあきらかにレイジー115より下)根掛かりの危険がつきまとう。

デイにゆっくり巻くようなフィールドといえば、磯。
ナイトにゆっくり巻けるようなフィールドは比較的ディープなスポットか、それか水底に根掛かる要素がないフィールド、つまりは水深がある程度確保されている川か、干潟(内湾サーフ)になる。
要するに、アクションの性格がこのルアーを使ってもいいフィールドを限定してしまう。
アクション自体は悪いものではないが・・・


値段 ★

高過ぎる。
特に根掛かりが多いルアーなので、このルアーに愛着がある人は相当なセレブ。


ユーティリティ ★

「体積があり・比較的レンジが下の・大型シンペン」
レイジー115がより素直でレンジコントロールが楽なことから、「安定供給」を除けば完全下位互換のルアーになってしまう。
もしくはブルスコⅡ110。
ブルスコⅡの110サイズはそのサイズ感とスイムレンジがドリフトペンシル110のそれに似ており、異常な射程を誇る。
もし、前述のようなドリフトペンシル110にピッタリのフィールドを知っているならば使い道が広がるかもしれないが、そうでなければビックリするくらい使いドコロに困るルアーとなってしまう。


総評 ★★★

飛距離も(そのサイズから期待してもいい程度は)出ない。
アクションとレンジとリトリーブスピードの3要素にマッチするフィルードは少ない。
お値段が高い・・・

このルアーに惹かれる人は多いと思う。
実際1回買ってみた、という人も多いと思う。
そういう場合、8割方が

「首を傾げながらも使ってみたけど、1匹釣る前に根掛かりロストして、また買うことはなかった」

という結末だったのではないでしょうか。

ルアー自体は決して悪いものでないのですが、その「絶大な効果」をミスリードされたがために、ごく一部少数のアングラーからしか理解されることがない、悲しいルアーです。
「ドリフトペンシル110シャロー」という事実上の後継バージョンがあり、殆どの使い手にとってそっちのほうが正しい選択になるでしょう。




   
 
関連記事


Comment 4

2015.05.10
Sun
11:47

The first one #JalddpaA

URL

No title

文中にあるように 自分も購入しようと思ってましたが・・・・・

サーフで飛距離が出ないものは使いたくないので 財布から2000円程が

この記事で救われました!!

的確なインプレありがとうございます!\(^o^)/

編集 | 返信 | 
2015.05.10
Sun
15:57

メロ #99DFA69w

URL

No title

助かりましたw

編集 | 返信 | 
2015.05.12
Tue
21:55

ぼらお #-

URL

Re: No title

> 助かりましたw

なによりです^p^




> サーフで飛距離が出ないものは使いたくない

うーん、ギリギリ実用の射程なのですが、その巨体故に風に煽られるのが苦手です。
それよりやっぱり、レンジとリトリーブ/アクションのミスマッチが問題です。
サーフを引くようなスピードだと浮き上がってしまい、シンペンとしては強すぎるアクション。
夜の河川を引くようなスピードだとアクションはいいけれど、根掛かり連発のレンジ・・・

やっぱりこれは開発者のコンセプト通り、磯ヒラ磯マルのためのシンペンでしょうね。

編集 | 返信 | 
2016.11.09
Wed
23:24

鰤 #-

URL

記事には書いて無いですがこのルアーのキモはフォールだと思いますよ~
前方重心なのである程度テンション掛けた状態でも綺麗にローリングします。また、重さの割りにはフォールが遅いので流れのある場所ではライン張ってるだけでローリングしながら水中に止まります。リトリーブは遅巻きでケツ振り、早めでS字書きながらケツ振りですね。ケツ振りのピッチは細かめです
飛距離はロッドと投げ方ですね。ぶっ飛びはしませんが、強めのロッドで穂先がブレないように投げれば飛行姿勢は安定するし飛ばなくはないです。ただ横風には弱いですね

編集 | 返信 | 

Latest Posts