ブルースコードⅡ - シーバスルアー:シンペン

ブルースコードⅡ

 28,2014 10:56
名称/通称:ブルースコードⅡ(ブルスコ2)
メーカー:マリア
カテゴリー:シンペン
適性:
 サーフ   ×
 干潟    ◎
 河口    ◯
 河川    ◯
 磯      ×
 都市港湾 △
 地方漁港 ×

KIMG0433.jpg




評価



このルアーのPVを見たとき



イケてると思った。
買った。
投げた。
すると疑問が湧いてきた。
失くした。
また買おうか、と、迷う。




飛距離 ★★★★★
飛行姿勢 ★★★★★
キャスタビリティー ★★★★★
旧ブルスコC90は90サイズとは到底考えられない鬼の飛距離だった。
このブルスコ2は更に上を往く。キチガイレベルの飛距離。
大型河川河口の1番目の橋脚は勿論のこと、中河川の橋ならばもう1つ先の橋脚も狙える。
宣伝文句に嘘偽りはない。


アクション ★★★☆
動画にあるとおり、以前よりもっとワンダー80・・・いや、ブルスコC60のようなアクションになった。
確かに浮き上がりが早い。15gと結構な重さなのに、浮き上がりでいえば10gのワンダー80より浮く。多分バチにも対応している泳ぎだろう。
水深50cmのシャローをシンペンで曳けと言われても、このルアーならば問題なく引けるように仕上がっている。
そして確かにスローで泳ぐ・・・・が、このスローさが少し気になる。

飛ぶルアーにしてはスロー過ぎる。

確かに、接近戦でこのスローさはコントロールしやすい。優しい流れに乗せて、スローに動かして、良い感じ。アカエイだけれどそれで釣れた。
けれど、2つ文句の片割れである「超遠投性」と組み合わせたらどうか。
途端に無意味になるのではと思った。
夜、流れが出たところで果たしてこのルアーを使うだろうか。浮き上が早くスローからよく泳ぐルアーを遠投してもコントロールできないので意味がない。必然的にこのルアーの「遠投性」と「アクション」を両立させるフィールドが、干潟と流れが緩い川しかない。それかバチシーズンの港湾か。
それ以外の場所では、その性格のどちらか片方しか求めることが出来ない。
それぞれの特徴を一つずつ取り出すと、とても魅力的に見えるが、何故か両者を合わせて見ると、途端にそうでなくなる。
このモヤモヤした感じを取り除くためにはもう一度買わないといけないのかもしれない。


値段 ★★★
至って普通だけど、マリアは新製品のリリース時にちょっと安くして、後はもうすこし高く売る手法だからw


KIMG0435.jpg


ユーティリティ ★★★
けっして限定的ではないはずなのに、何故か特定のフィールドしか思い浮んでこない。
もしかして自分が欲しているのは110のほうかもしれない。
カラーリングはフラペンに続いて挑戦的で魅力的なカラーを揃えたと思う。


総評 保留
浅くて緩い流れの大場所で遠くからドンドン横切らせて数撃ちゃ当たる方式のルアーではないのかとういう評が浮かんでいます。
そうだとしたら、その手のルアーは初心者に「釣らせる」ためのルアーだと言え、自分にとってはあまり魅力的ではないかもしれない。




関連記事


Comment 2

2015.01.10
Sat
08:05

ふなお #-

URL

クソルアーじゃねぇか!
浮き上がりにくいシンペンをみんな求めてんじゃねぇのか!?

どうしよ、買おうかな~
やっぱヨレヨレかレイジーかな~

編集 | 返信 | 
2015.01.14
Wed
22:21

ぼらお #-

URL

浮き上がりにくい(かといってヘビーシンキングではない)という点からすると、レイジーに勝るシンペンは中々ありませんね。
正直、90は多分買いなおすことはないです。
110をシャローで使ってますが、なくしたら買うか・・・といえば、多分買わないです。

ブルスコシリーズで一番「これの代用はない!」という性質の物は、スリム125Cですね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts