デュエル ハードコアパワーリーダー フロロ - シーバスライン

デュエル ハードコアパワーリーダー フロロ

 11,2014 18:31
KIMG0549.jpg


価格、品質、性質、どれをとってもなかなかの競争力。

ハードコアパワーリーダーの場合、特にその価格が素晴らしいのですが・・・





前々からショックリーダー全般に関して思うところがあったのは、その値段。

正直、30mで1000円UPって高過ぎじゃないですか?

でもラインシステム、タックルバランスの「設計」を真剣に考えると、ムラのある素材(ようするにリーダー用途ではないライン)をショックリーダーにするのは出来なくなります。
20lbといえば20lbの負荷で切れる・・・あるいは20lbといえば20lbの負荷まで耐える。
ラインシステムに求められるのはこの「精度」です。
20lbと書いてるけど15lbで切れることもあれば25lbまで耐えることもある・・・そういう不正確さは必要ないんですね。

そういうわけで、ショックリーダーに精度が欲しいけどなるべくお安く、という人が辿り着くのが低価格帯のデフレショックリーダー。

このパワーリーダーはバリバス、シマノ、ダイワといった一流メーカーの一巻30mの製品とくらべると1m当たりの値段は半額位になると思いますが、そこには罠が・・・




端的にいえば「使えないこともない」程度のショックリーダーです。

25lb以上の太さがあれば問題はないのですが、シーバスでよく使われるような太さは要注意。

特に12lbは地雷。

16lbですら少し危険な香りがしてます。

このフロロにはしなやかさがあまりなく、巻き癖によるガイド抜けの悪さが目立つ。

その硬さゆえに屈折に弱く、「スナップへの結束で断裂」という現象が多発することがあります。

また、吸水劣化に弱く、再利用は要注意。




まぁ、16lb以下は買うに値しないリーダーです。



ナイロンバージョンはそこそこ使えるというか、ナイロンならでは存在意義がありますが、フロロの20lb以下は避けたほうがよいショックリーダーです。




関連記事


Comment 0

Latest Posts