80%の法則 - 初心者に読んでほしい思考・行動

80%の法則

 11,2014 23:27

薄々こんなものではないだろうかと思っている数字が、80%。


「シーバス釣りがシーバス釣りという趣味・スポーツとして成立している」アングラーのパーセンテージはどれくらいのものかを考える記事。






私見だと、シーバス釣りがシーバス釣りとして実際に成り立っている人は全体の20%程度。
まったく根拠のない数字だか多分遠からず当たっていると思う。

残りの80%は

・絶対的な釣行回数が少ない

・絶対的な釣果実績が少ない

・絶対的な釣行回数が多くても相対的な釣果実績が少ない

このいずれか。

主観的に自分にとってのシーバス釣りを言葉にあらわせば「趣味」であるかもしれないが、客観的な第三者目線でいうと、あまりにも釣れなさすぎてそれは「趣味」として成立しているのか、甚だ疑わしく受けとられるレベル。それが80%










「シーバス釣り」に才能という要素が介在する余地があるかどうかといえば、YES。

あると思う。

それはシーバスを釣るという技術的な天才性ではなく、「ここはこうだから、ああなって、こうすれば・・・」という観察力(およびデータ蓄積と解析力および行動力)とそれを基にした推論が卓越していることを指す。



シーバスの場合、「技量」と「時間(経験)」の関係をグラフに表すとこうなる。

赤線は「一人前」のライン。
時間の経過に比例して技量は上がっていき、やがて「規定水準」を超えるとシーバス釣りのなんたるかを理解する・・・
因みにこのラインを超えるまで殆ど釣れないか、釣れても再現性がほぼない「偶然」。

ippan.jpg

こうなる・・・はずが・・・そうはならない。





現実的にはグラフはこういう曲線を描く。

genjitu.jpg

ようするに、「規定水準」を超えるまでの時間が長く、それを一度越えさえすれば雪だるま式に加速するが、それまでが長い道のりであって、ドロップアウトしてしまう人が多数。
中学生の数学でいうと「y=  」・・・えーと何関数でしたっけ(うわ、やばいw)?





シーバスの才能がある人は

rook.jpg

こういう風にブレイクスルーが訪れるのが早い。
繰り返すが、それは技術的な要素ではなく、観察力と分析力が自然に備わっているからだ(と思う)。




で、この記事で何を言わんとしているかというと、シーバスアングラーの80%がこのブレイクスルーのラインを超えていない人である、ということ(付け加えるならば、それを超えることなく去っていくであろうということ)。

コンスタントにシーバスを釣っている人は20%

さらにその中のエリートというべき上級者は5%

つまり、シーバスアングラーは80%が初心者か不安定な脱初心者で、15%が中級者で、5%が上級者。


「中級者」という言葉、そのバリューは、やや微妙な響がするかもしれないが、よほどの天才肌を除けば、生活のかなりをシーバスに捧げないと成れない存在だと思います。

中級者の定義を自分が愛読するサイト
http://www16.plala.or.jp/rikisuke104/
から↓拝借↓すると



私はシーバスフィッシングを始めてから4年以上経っていますので、今更初心者なんて言えません(恥かしくて)。でも、決して上級者ではありません。だって、爆釣なんてめったにありませんし、70upやランカーもめったに釣りません。でも、サイズを問わなければ年間100匹以上は釣ります。ランカーもたまには釣ります。だから中級者なのかな




恥ずかしながら、自分もやっとこのカテゴリーに属すると言ってもいいなと思えるようになった・・・かな・・・

要するに、「中級者」はその日その場で釣れなくても「釣るぞ!」と思えば翌日か翌々日には釣っているのです。
スランプに嵌っても、サイズさえ問わなければ一週間以内に何かしら釣っているのです。
釣行回数が多い人なら年100匹どころか200匹はあたりまえ、ひょっとしたらもっと行くでしょう。

上級者というのは更にこれの上を往く雲上人です。

彼らは「釣りたいサイズ」や「自分のスタイル」に拘り・・・つまり美学という縛りがあって己を律しながらも、その日その場で中級者が釣れない魚でも難なく引き出せるような人です。
ここまで辿り着くには、才能の有無に関わらず膨大な時間が必要でしょう。
英語でいうならばobsessionでありdedicationでもあります。


で、こんな「中級者」ですら、なるには色々な誘惑を絶たねばいけません

・暖かい(涼しい)寝床でグッスリ寝たい
・家族と団欒したい
・飲みたい
・食べたい
・TV(の類)観たい
・ゲームしたい
・今日の仕事の残り
・明日の仕事のこと
・会社の付き合い
・友人知人との付き合い


etc. etc.












バカですか!




アホですか!









貴方がのうのうと美味いビールを飲んで上機嫌でTVを観たり、楽しいネトゲに興じているまさにその時、シーバスは釣れているんです。

貴方のライバルによってドヤ顔で釣り上げられて、翌日の釣具のポイントの釣果写真に掲載されているんです。



許せますか?


許せないでしょう!


その80upの大魚はひょっとして貴方が釣るべきはずだった魚だったのかもしれないんですよ。

それをたった一晩、貴方がぬくぬくと快楽に身を任せたせいで、どこのチンピラとも知れぬ輩に盗まれるなんてとんでもない損失じゃないですか!








冗談はさておき、一度ブレイクスルーまで達した人は、次なる楽しみである

「あれ、前の年はこういうパターンで釣れたのに・・・どうして???」

という貴重な経験ができるようになりますw



要するに、シーバス釣りは思っているより奥が深いんです。
ブレイクスルーは「入口にしか過ぎなかった」というベタなオチ。

それから先を知るためには天才であるか、一度ドップリ浸るか、それとも長い時間付き合ってみるか・・・

関連記事


Comment 4

2014.11.12
Wed
07:58

ぺろり #-

URL

ぼらおさんこんにちは。
ブログに触発されて、ライジャケと10ftの竿を買って夜な夜な振り回しておりました。
脱初心者のブレイクスルーが遠すぎて最近は室見川支流での小魚釣りに夢中です。
のべ竿をしまって、もう一度海へ足を運んでみます。

編集 | 返信 | 
2014.11.13
Thu
21:12

ぼらお #-

URL

折角の室見川なので室見川でシーバス釣りましょうよw
よく知らないので申し訳ないのですが、水道局の横の堰までがシーバスの居場所なんですよね?
そこから河口の導流堤まで少しずつ「開拓」というか「実験」しながら、釣り人に声をかけながら探っていくといいと思います。

更新は止まっていますが、このブログは室見川でウェーディング無しで実績をあげていた方なので、過去ログを参考にどうぞ。
http://seabassism.blogspot.jp/
ただ、いまの時期は河から抜けているので、河のどこにシーバスがいるのかは、その場にかよっている方に聞いたほうが良いと思います。

ブレイクスルーまで頑張ってください。

編集 | 返信 | 
2014.11.14
Fri
16:04

ワゴンセール@80% #JalddpaA

URL

現在の私は、間違いなく80%のほうですね。サーフや磯にしか行かないので、狙って釣ることが極めて困難になってます(;^_^A

単なる初心者と違うところは、ボウズに耐性がついて、釣れない理由をルアーのせいにせず、ルアーの射程距離に魚が居なかったからと、諦めることができるようになったことです。
おかげで、新作ルアーに飛びつくこともなく、ルアーメーカーや釣具屋に小遣いを根こそぎ持っていかれることも少なくなりましたが、無駄に経験年数が長いので、往年の名ルアーがワゴンセールになっているのを見つけると、救出してるので結局は釣具屋に小遣いを巻き上げられてますね^ ^

K-ten万歳*\(^o^)/*

編集 | 返信 | 
2014.11.18
Tue
12:50

ぺろり #-

URL

ぼらおさま
過去ログ見ました。

とりあえず室見川河口でニヤニヤ声掛けしてみます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts