シーバスブログを書いてみる(モチベーションの維持) - 初心者に読んでほしい思考・行動

シーバスブログを書いてみる(モチベーションの維持)

 29,2014 13:30
以前、釣りブログを書いて居なかった頃、ただの一釣りブログ読者だった頃、

釣りブログの執筆なんて、とんでもなくハードルが高いように見えた。


物書きには自信がある。
大体1UUに対して4~5PVをレイアウトのトリック無しに読ませる自信がある。


でも、それが釣りブログでないなら(笑)

何だかんだで結局書き始めて、何だかんだで2年半・・・実はハードルはあまり高くありませんでした。






ですが色々と不満があるのです。

まずですね、自分のモチベーションを保つため、自分の成長の記録のため、自分に対する発破のため、自分の釣果を人に認めて貰いたいという自己顕示欲・・・・そういう個の本能を抑えてですね、必死に面白いこと、役に立ちそうなこと、人に教えたいことを書くんですよ。ぼくは。

何というか、公共に対する奉仕の精神というものでしょうか。



例えば、落ち込んでいる人をブログ記事で笑わせてあげたいとします。


そんなときにドヤ顔ブツモチで



「厳しいコンディションから引き出した価値ある一匹です。今回は78cmとサイズはイマチ出ませんでした(←実は嬉しすぎて失禁寸前)が、楽しい一時を仲間達(←俺ですら持っていないステラとモアブラ自慢しやがって死ねよ)と過ごすことができました」




なんて書いてもどうしようもないじゃないですか。




繰り返しますが、公共に対する奉仕の精神がブログを書く上で大切なのです。



そこで、キーボードの前で10分考えた挙句、やおらと入力を始めます。




(検閲により削除されました)




ふと我に返って、こんな下品なことを書くなんてどうかしてる!!
と気がついて




(検閲により削除されました)




と慌てて書き直すじゃないですか。

ほら、今クスっと来ませんでした?


これが公共への奉仕の精神というものですよ。






で、なんでしたっけ?


そう、モチベーションを保つためにシーバスブログを書いてみる、ということ。

結論からいうと

(ある程度釣れ始めて)
「これくらいのペースで釣れるなら自分も書けるんじゃないだろうか!」

とか、

(釣りを通じて色々な発見をし、内に秘めておくのが勿体無くなって)
「自分が表現できる釣り話がある」

とか、こういう勢いがついたらすぐに書いてみることをお薦めします。

書き始めたら、当分の間(数ヶ月)は1日1記事くらいのペースを守ることがPV数を伸ばす秘訣です。
スタートダッシュに躓いたら、というか、60記事くらい頭の中で書き溜めておくことも出来ずにすぐ停滞するようだったら、残念ですがPV数を稼ぐこともそうですが、ブログ執筆そのものが長続きするのは、難しいかもしれません。
何故「1日1記事が当分の間」かというと、ブログを始めるまでの「書きたいネタが溢れ気味」の心情が強ければ、開始直後のペースがそれくらいに必然的になると思うからです。それくらいの気持ちがあればブログ開設GOサイン。
社交的な方は色々とリンクを申し入れてトラフィックの数を増やし、少しでも検索上位にくるように努力してみるのもいいと思います。

オープンに書くからには見知らぬ人からもらう一つの拍手、一つのコメントが嬉しいものですからね。

釣りを続けるモチベーションとなるブログを続けるモチベーションには読者のリアクションが必要

なんです(苦笑)
その為には出来るだけ多くの人の目にとまって貰わないといけません。



多くの人に見てもらうには当然、色々な要素をクリアしなければいけません。



が、話を戻して「シーバス釣りブログ開始のハードル」に絞ります。



まず、「まったく釣れない」「殆ど釣れない」ようだとかなりイバラの道です。

やはり「ある程度は釣っている」ことを満たしていなければ、どれだけ筆達者で「釣れない過程」を面白可笑しく書くことができても、やがて「記事の華の無さ=魚の写真の少なさ」を気にして更新が滞りがちになる傾向があると思います。
やっぱり釣りブログは釣ってナンボの世界なんですね。
かくいう自分は「釣れなくなってからが本番」という妙な自信があるのですが・・・





次には釣行の頻度。

釣りが上手い人でも、釣りに行くのは1週間に1回、もしくは2週間に1回・・・ようするに回数が低いと記事に出来るネタも少なく、ひいては更新頻度も低いので人にあまり読まれないという具合になります。
この釣行頻度は初心者でも「コンスタントに釣りに出かける」だけでプラスになる点なので、ブログを書いてみようかという人は冷静に自分の釣行頻度を分析してみましょう。





最後は、中身。

釣りの内容と結果だけ比べると数ある上級者のブログの間に埋没するのは当たり前。
サイズ、数、拘りのスタイル、高い難易度の釣り・・・勝てる見込みはゼロw
なので、読まれるためには

「釣り行った。投げた。釣れたor釣れなかった。終わり」

ではなく、自分が主役となったドラマを書くつもりでいきましょう。
勿論、「釣り行った。投げた。釣れたor釣れなかった。終わり」でもブログは成立しますが・・・
日によってはどうやって釣ったかの方法論を書いてもいいし、別の日にはワザと過程を省いてシンプルにしてもいい(これ重要です・・・後述)
勿論、順風満帆な主人公ではなく、失敗が多いけれど最後になんとか・・・のような「自虐的」な風味で仕上がるように意識すると上手くいきます。








話を最初に戻しますが、釣りブログは見かけより労力がハンパないです。



例えば、自転車好きが糸島なり志賀島に出かけてサイクリングしたら記事は成立します。
フットサルチームに所属している人が週末試合をして惨敗しても記事は成立します。

ところが、究極的には釣りブログは「釣りに行った」ではなく、「釣りに行って魚を釣りあげた」じゃないと(全く成立しないとはいいませんが)ダメなんです。

この差、この違い、いざ自分で書いてみると、ホントに大きいと身に染みますね。

シーバスブログはそれに加えて、大抵の場合、昼仕事して夜釣ってそれから家に帰ってやっとの執筆になります。
それか、マズメに備えて早起きして昼頃に帰ってきて疲れ果てて・・・になりますw

なので、読者に面白く読ませようとするサービス精神が旺盛であっても執筆が苦にならない程度まで文章のクオリティーを落とす・シンプルにする
ということはとても大切です。

一記事の面白さより、ブログ自体が細く長く続くほうが大切ですからね。






アフィリエイトでお小遣い?


あまり夢を見ないほうがいいでしょうw
時給換算にすると・・・そうですね、時給50円?30円?多分、それくらいになると思います。
原稿料換算だと・・・400字・・・5円くらい?・・・でしょうか。

お金がほしいなら、バイトでもなんでも「労働」をしたほうが絶対にマシ。

ブログ執筆(執筆だけ・・・釣行時間は含めない)を真面目にしていると、それは「記事を読んでくれた反応の一部=拍手やコメントやいいね!」の延長線上という感覚で、お金稼ぎにはなりません。
買ってくれた人がいたorクリックしてくれた人がいた=自分の文筆活動に対する「反応」があったということのオマケ程度に認識しましょう。
他人の文章を切った貼ったする人には効率がいい小遣い稼ぎなのかもしれませんがね。





そういうわけで、決して「お手軽」なモチベーションの源にはなりません。ブログ執筆。

ですが、ルアーがどうのこうのとか、ドリフトで流し込んでどうのこうのとか、水温があーでこーで小さいけどなんとか一匹とか、現実世界では理解され難い話をして反応を貰えるというのは本当に有難いことです。

自分は書き始めて良かったと思えます。




因みに釣りブログを書いてみてわかった釣りブログ良いところは


「長期間の更新停止」に寛容である


というところ。

正直、釣りブログでSNS疲れとか発生しないと思います。
倦怠期になったら放置すればいいだけ、またやる気になったら戻ればいいだけ。

釣りには時間とお金と熱意が必要ですから、なんらかの理由でそれらが揃わないのかな・・・ということを察してくれているのかもしれませんね。
関連記事


Comment 5

2014.11.30
Sun
12:50

まっつー #-

URL

>一記事に12回も○○○なんて破廉恥なことを…

さすがぼらお!おれたちにできないことを平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

失礼しました、おち○ぽが好きなので。いや、性的な意味合いはまったく無く(キリッ)
釣果第一、ではなく更に笑いに対しても貪欲なぼらおさんのスタンスがステキです。

編集 | 返信 | 
2014.12.01
Mon
22:44

ぼらお #-

URL

ぽっぽっぽ^p^

編集 | 返信 | 
2014.12.03
Wed
23:34

ムント #-

URL

こんにちは。
今回のお話感動しました。

>釣りに行くのは1週間に1回、もしくは2週間に1回・・・ようするに回数が低いと記事に出来るネタも少なく、ひいては更新頻度も低いので人にあまり読まれないという具合になります。

まさに私もこの状態です(笑)
週1釣行で更新も少ないのに細々と続けてます(笑)
本当は毎日でも釣りに行きたいのに・・・ブラック企業は辛いです・・・

申し出が遅れましたが、私のブログにぼらおさんのブログリンク張らせ頂いてよろしいですか?(相互リンクのやり方が解らなかったのは内緒です)

編集 | 返信 | 
2014.12.04
Thu
21:26

ぼらお #-

URL

もちろんお願いします!

良ければショアジギ教えてください・・・

因みにですがムントさんとは某サーフで一度すれ違ったことあるはずですw

編集 | 返信 | 
2014.12.05
Fri
19:27

ムント #-

URL

ありがとうございます!

RBB ” ヘビーウェイト” のベストを着て、ブヒブヒ鳴いてたら多分私です(笑)
ショアジギは呼子~生月方面で何箇所かポイント知ってますが、正直ペーペーなので
逆にぼらおさんに教えてもらいたいです(笑)

因みに、春限定ですが、東区でヒラマサでるポイントあるので(かなり確立低いですが)
時間合えばご一緒しましょう!

編集 | 返信 | 

Latest Posts