メガバス カッター 125 - シーバスルアー:ミノー

メガバス カッター 125

 29,2014 14:41
名称/通称:カッター125 CUTTER125
メーカー:メガバス
カテゴリー:サブサーフェイス
適性:
 サーフ    ◯
 干潟     ◯
 河口     ◯
 河川     ◎
 磯      ◯
 都市港湾  ×
 地方漁港  ×

KIMG9354_201411291406268e2.jpg




評価
このルアー・カッター125の評価は難しい。
というのも、自分でも未だにこのルアーが何故釣れるのかイマイチ把握しきれていないから(苦笑)。
このサイズ、このウネリがあるローリングが入ったアクション。
間違いなくフィードシャロー128Fやグース125Fと同属のルアーだと思う。
となれば、”源流”はFTECのSFOURになるのかもしれない。
ところが、見ての通り、それらのルアーの水を受ける口が上下に大きく開いているのに対して、カッター125はリップレス。
それらのルアーを指向しつつも、技術的には独特のV字リップレスで作り上げた、というところでしょうか。

KIMG2014_20141129140629646.jpg




飛距離 ★★★★
飛行姿勢 ★★★
キャスタビリティー ★★★
姿勢がキマれば飛距離は出るが、中々定まらない。
この辺はフィードシャローによく似ている。
失速が多い印象。


アクション ★★★★★
V字のリップが作る「微ウネリ系」ロールアクション。テイルの振り幅が大きいのが印象的ですが、それにローリングの強さがよくマッチしてアピールがよく出来てます。
「スローからの泳ぎだしがよく・・・」なんてことはないです。
極端に悪いわけではないですが、ウェイトボールが落ち着くまでの距離or時間が必要です。
使った感じ、これがいい。
これがルアーの持つ「危うさ」を最大限に増幅する。
釣れるときは
「波に揉まれてウェイトボールが移動し、再始動までモタついた」
「やや早巻き気味で泳ぐ・泳がないのスイッチが断続的にON・OFFされている」
こういうとき。

KIMG0764_2014112914063005e.jpg


値段 ★★★☆
あまり人気がないので安い・・・と思いきや、回転率が悪い故に定価近くの販売が普通。
稀に1500円を切っている場合もあるようです。
そういう時は買い。


ユーティリティ ★★★
夏の静かな河川で結果を出そうと頑張りましたがキツかったですw
内湾のサーフ、磯、波の気配が入ってくる河口、段差があるような流れの川・・・
「危うさ」が引き出されるような「表層の荒れ」が入っている場所だと、急激にフィッシュアトラクターとしての能力が解放される模様。


総評 ★★★★
不人気ルアーというか、存在は知っていても気に留めたことすら無い人が殆ど。
かく言う自分も何故買ったのか、いや、どこで買ったのかさえ記憶にありません。
試しに使ってみると、「うーん、まあ、そうね」と微妙な感じで、特に愛着が湧くはずもなく放置状態が続きました。
ある晩、ある条件にて使用するとこのルアーのポテンシャルを体感。
そのある条件とは前述のとおり「表層の荒れたコンディション」です。
その「使いドコロ」をようやく理解しはじめたところなので、今現在は★4で保留。

KIMG2017_20141129140627357.jpg

因みに兄弟分の「カッター90」と「カッター115」はシンペン。カテゴリーが違うまったくの別物。
また、128はヘッド部分が異様に大きくなっており、使ったことはありませんがアクションが同じとは思えないので、やはり別物としてみてよいと思います。



  
関連記事


Comment 0

Latest Posts