12/24 遠慮してみる - 2014年釣行記

12/24 遠慮してみる

 24,2014 21:59
痛恨でした。


KIMG0989.jpg


何が痛恨かというと、12/23、つまり昨日こそが最後の釣り日和であって、忌々しいクリスマスとかいうものをその日に割り当てるべきじゃなかった・・・・

いや、今日もけっして悪い日ではなかったですけど・・・






昼間からyahoo天気予報を観察していると「あ、今夜釣れる」って大体わかるんですよねー



WS000058.jpg



↑これは12/24の
12/23のも観察していましたが、もっと良かった。



クソッ



っと、嘆いても仕方がないので、今日はあえて風表で開始。
居なかったら風裏に移動するけど、多分これは表に居る。この天気予報からわかる。




で、買ってから使ったことがなかったK2R112を暗闇に投げるも・・・このルアー、どうやって使ったらいいのん・・・?

と思いたってググってみたら














「自由に使ってください(開発者談)」












コモモ110に即チェンジ。

すると冒頭の小魚が。

多分今年1番目か2番目に小さい。多分20cm無い。

どうやってコモモ110を食べようと思ったのか・・・










まあ、表層にこんなチビが居るということは水温が予測通りということでしょ、ということでランガン開始。

・・・しはじめた直後に雨。

しかもかなりの雨。

どうしようこれ、と思ってたらヒット。

KIMG0999.jpg


このサイズにしては中々走った。

走ったせいか、取り込んだ時点で完全にグロッキー状態(酸欠)でリリースまでずっと大人しかった。





遠くのブレイクから近場のゴロタにかけて、居る。

もう間違いない。

雨を除けばこれだけいい条件での釣りは年内にもう来ない。

ドラマチックに、今夜大物を出したい。病み上がりだけど、このチャンスを逃すのは勿体ない。

Z120Fに交換して数投目・・・・







コンッと小さくヒット。








が、合わせると実は根掛かり。

あうあうあー、歴戦のZ120Fが殉職・・・・


本当にいいカラーだった



不夜城
また同じカラーを買いたい・・・






雨もいよいよ降ってるし、リーダーも切れたし、これは天意か。

そうだ、やっぱりクリスマスだもん。
関連記事


Comment 3

2014.12.26
Fri
23:18

The first one #JalddpaA

URL

こんばんわ

気温線と湿度線の乖離が無くなりゴールデンクロスしそうでしない・・・・・・・
30分間、天気予報観て考えましたが分かりませんでした(・o・)

編集 | 返信 | 
2014.12.27
Sat
00:37

ぼらお #-

URL

Re: こんばんわ

福岡以外の人で分かる人が居るのならば驚愕しますw


福岡市の典型的な一日はこんな感じです

4:00~8:00くらいまで 
無風or南からの微風(追い風)
北からの向かい風もありえるが、朝の間は微風

9:00~12:00
北の風

12:00~17:00
北西の強い風
釣りにならない

17:00~20:00
北西の風が変化する時間帯
風が弱まったり、北東の風~南の風に変化したり、中々予測できない

21:00~
大抵弱まる




画像の天気予報は2つの点で釣り日和であることを示していました

1.北西の強い風が日中に吹き曝すことがなかった
2.気温が冬にしてはずっと暖かった


一般的には水温は気温の1ヶ月遅れのタイムラグを挟んで上がったり下がったりする・・・・・・なんていいますが、シャロー域では日中の風と気温が夜に反映されます。
タイムラグなんてありません。

シーバスは晩秋から初冬の時期、産卵スポットに近い磯なりサーフなりゴロタ浜に溜まります。
釣果シーズンが著しく偏っている(つまりは11月~12月)サーフは、そういうサーフです。

・河口に近い(複数の河川が注ぐようなら尚よし!)
・磯に隣接している
・沖の深場の産卵スポットと推定される場所に物理的に近い

で、こういう場所には日没から朝マズメにかけて、シーバスの群れが回遊してきます。
深場に落ちて行く前の最後の荒喰いが目的みたいですが、日中はあまり接岸せずにちょっとした深みにいると推定されます。
ところが、日中に北の強い風が吹きさらすと水深2m程度のシャロー域はキンキン冷え冷えになるので、日が落ちても回って来ません。
シーバス自身が冷たさを嫌うのか、それとも冷たさからベイトの少なさ(或いは活性の弱さ)を予測して無駄な接岸を遠慮するのか、どちらかは不明ですが・・・いずれにせよ晩秋から初冬のシャロー域は水温が大切です。
水深のあるフィールドの水温は安定しているでしょうけれど、シャロー域の水温は物凄く不安定です。
故に、その日の風と気温から大体の水温を予想することができれば、「あ、水が暖められているから、これは釣れるぞ」となるんです。

・日中10~12度で風はなかった・・・・釣行開始時北西の風3mくらい
・日中6~8度で北の風5m~7mだった・・・釣行開始時北西の風3mくらい

仮に同じ風の強さだったとしても、意味するところは全然違いますね
なぜ風表にあえて入ったのかというと、風の吹き始めなので水温にまだ関係していないどころか、ほどよい波の気を作ってくれていい感じになると思ったからでした。



ちゃんちゃん!

編集 | 返信 | 
2014.12.27
Sat
21:42

The first one #-

URL

こんばんわ

これはすごい内容の文章でびっくりしたというか感動しました。多分週末アングラーの自分では2,3年同じ場所に通い詰めても・・・・いや5年は通わないと分からないであろう内容のコメント頂けて感謝します! やっぱり釣果あげてる人の話は凄いと感激してました!! ありがとうございます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts