10ナスキーC3000SDH - シーバスリール

10ナスキーC3000SDH

 22,2012 11:54
使用タックル紹介リール編③


ナスキー改造編はこちらを参照のこと

ナスキー改造記①
http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-288.html
ナスキー改造記②
http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

10ナスキーC3000SDH改造のまとめ
http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-300.html


苦労とお金と愛のお陰でナスキーは実戦投入レベルの能力を持つまでになりました。


10ナスキーC3000SDH
メーカー:シマノ
主な用途:KGエボ/11カルディア2508の補欠

元はエギング兼用として購入



うーん、まずこのナスキーは・・・

スペック上の重さより使用上の重さが気になる

いや、実売7000円のリールに何いってんの、と言われるとそこまでですが、「スプールの重さ=頭でっかち」が他の美点を全て打ち消してしまうほどネックになってます。
これをどうにかしようと思ったらアルテアドやバイオが視界に入ってくるほどのスプール代金を覚悟せねばならず、もうナスキーを選ぶポイント(つまりコストパフォーマンス)が消滅するんですね。

ベアリング数がどうの、とか

巻き心地がどうの、とか

上位機種の機能をここまで導入、とか

最強のコストパフォーマンス、とか


そんなものは10ナスキーを用いて適当なバイブを10回くらいキャストすればあまりの

苦痛

のためにぶっとんでしまうんですよw

ロッドで殺しきれないバイブの振動がリールの頭に伝わり、重いスプールが増幅するかのようにシェイクするのでロッドを持つ手が異常に疲れます。



誤解を避けます。

ぼらおさんはもっともっと下のクラスのリールからシーバスを始めたので、このナスキーの価値がよ~~~くわかります。

ワゴンセールの問屋リールに始まり、無印エアノス、クレストと順調(?)にステップアップしましたが、仮にあの頃の自分自身に助言するとしたら、

そんなくだらないリールに金だすならナスキー買っておけ!

と、言ったでしょう。

シーバス釣りに求められる機能を「全て」しかも「安く」提供しているリールがこのナスキーです。

ライバルのレブロスMXには無い(ダイワの廉価リール全般にいえます・・・無知な頃、クレストでどれだけ泣いたことかw)滑らかドラグもついてます。





が、この致命的な重量バランスの悪さが

快適に・長時間・根気よく巻き続ける

というシーバス釣りに必要な条件を満たせないリールにさせているのは間違いないですね。

このリールはあくまで「入門」あるいは「予備機」の位置で、それ以上を望むとなると、所謂

「魔改造」

が必要になります。



ちなみ、本業(?)のエギングですが、シャクるとライントラブルが酷いので出番が殆どありませんw

注:このライントラブルはワンピースベール化することによって改善できます。

ナスキーを買うならC3000にしましょう。

どうしてもダブルハンドルが欲しいなら

C3000+ダブルハンドル=9000円くらい
C3000SDH+C3000スプール=もうちょっと高いくらい

一見スプールが2個になるSDHのほうがオトクに見えますが、純正シャロースプールには利用価値がまったくない

産業廃棄物

なのでC3000を買ったほうが精神衛生上、健康的です。


シマノ(SHIMANO) ナスキー C3000SDH

商品詳細を見る



シマノ(SHIMANO) ナスキー C3000

商品詳細を見る

関連記事


Comment 0

Latest Posts