ヤマガブランクス アーリープラス 89L ファーストインプレッションB - シーバスロッド

ヤマガブランクス アーリープラス 89L ファーストインプレッションB

 31,2015 22:49
ヤマガブランクス アーリープラス 89L SHALLOW MASTER
(Yamaga Blanks Early plus 89L Shallow Master)

どこよりも早いインプレッションをしてみます・・・・と思ったところ、自分の中で正反対の意見が出てしまいました。


そういうわけで・・・

アーリープラスに肯定的な意見をまとめたインプレッションを「A」

否定的な意見をまとめたインプレッションを「B」とし

暫定的ですが1シーズン使って最終結論がでるまでは同時並行的に進めて行きたいと思います。


この記事はアーリープラスに否定的な「B」です。



KIMG1347.jpg





KIMG1339.jpg


嬉し楽しの新ロッド・・・のはずが・・・




















ところで、この記事「B」はかなりネガティブなことばかりなので、いわゆる「ヤマガファン」「ヤマガ信者」の方には不快感をもたらす可能性が高い内容になっています。

不快感を得たくなければ、いまのうちにこのページを消して、ひたすらヨイショされている「A」のほうを読まれることをお勧めします。


















「なんだ、ヤマガって純国産とかなんとか言われている割には大したことねーな」




唐突ですが、アーリープラス89Lを握ってキャスティングテストを始めてから数投目でそう思い始めました。

そして更に数投することしばし・・・



「ああ、損した。やっぱり88MLにしておけばよかった・・・いや、ヤマガなんてやめておけばよかった」


という気持ちに変わりました。



諸悪の根源はこれです。




EA89La.jpg




グリップエンドの長さがどう考えても

「何故この長さにした?」

と首をひねってしまうような長さに仕上がっているからです。



EA88MLa.jpg




この点、89Lより3cm長い88MLは、店頭で飽きるほど確かめてみたのでわかりますが、合格です。
エンドが肘にやや届くくらいで、どのような姿勢でホールドしてもしっかりサポートされますし、ロッドアクションにも問題ありません。


首を傾げながらも使っていくにつれて、このロッドの正体が分かってきました。



事の核心をつくと、このロッドは86Lのカテゴリーには属さずに90Lに属します。



このロッドのカテゴリーはよくある「86L」レングスとパワーのロッドだと思いますよね?
セッティングの都合上、3インチ伸びて89Lになった、みたいな。


それが、違うんです・・・取り回し上(あるいは収納上)の制約や拘りがあって、一般的に連想される「86」というレングスカテゴリーをお求めの方は89Lシャローマスターを選択肢から外すべきです。



90Lというレングスは表示を分解すると8ft12in・・・つまりは812という表示になります。
89Lというレングスはそれより7.5cm短いのですが、グリップエンドを可能な限り短くしている分、リールフットから上の実際に使用されているブランクス長は一般的な90(つまりは812)と殆ど同じだと思います。


結果どうなるか。



ロッドを握ったとき、125gという自重から考えると、ちょっと許容できないくらいのアンバランスな感じになります。

キャストの際、このブランクス長をしっかり振り抜けるだけのサポートを得られません。
窮屈で不自由な動作を余儀なくさせられ、飛距離と精度の両面でデメリットがある感じがします。

このグリップエンド長(の短さ)が許されるのは86レングスのロッドまででしょう。

ロッドの操作性やロッドを持って扱うフィーリングの云々、つまりは「好みの問題」以前に、明らかに機能性の低下を知っていながらこのセッティングにした確信犯であることがわかるんです。

あと3cm、いや、4cm長ければ、非の打ち所がない完璧なロッドになったと思います。

でも、そうしなかった。

何故?







要するに「86」レングスカテゴリーのロッドと錯覚させておきながら、実は「90」レングスの機能を入れ込んで

(以前にも当ブログで述べましたが、シーバスロッドは許される限り、長ければ長いほど有利だからです)


「やっぱりヤマガってすげーな」


と言わせたいチープな魂胆がありありと見て取れるんですね。



グリップエンドをあと3~4cm伸ばすと、ロッドのモデル表記は811Lになってしまい、もうそれは誰から見ても90L(つまりは812L)になってしまうのでしなかったと。






これが正真正銘86レングスで同じテイストになっているならば、本当に「ヤマガってすっげー!!」と素直に思えます。
ですが、現実的には、86レングスでは求める曲がり具合がどうしても出せなかった苦肉の策であって、そこに誠実さを感じないんですね。








あるいは、これは自分の「下衆の勘繰り」であって、グリップエンドの長さに関しては開発テスター陣の好みなのかもしれません。




KIMG1376.jpg





な~んて、優しい解釈をするほど人格が出来上がっておりません(苦笑)






が、もし仮に「テスター陣が操作感のためにこういうグリップエンドにした」としても、次の観点から減点です:


ダイワやシマノといったメジャーメーカーのグリップ長設定を経験すればよくわかるのですが、グリップ長というものは十人十色、好みが絶対にわかれます。
それゆえ、どんなモデルでもかなり限界まで妥協がされているものです。
例えば・・・

グリップが長いのを好む人からすると「ちょっと短いけど許容範囲だな」という長さに
グリップが短いのを好む人からすると「ちょっと長いけど許容範囲だな」という長さに

という具合に。

よほど著名なプロ監修の◯◯プロモデルでもない限り、設定とはそうなされるものでしょう。
特にエントリーモデルレンジであればあるほど、「自分の好み」を抑えてより「大衆化」するべきはずですね。

もし「ロッドアクションの操作性を最上位のプライオリティに設定した」というならば(確かにロッドアクション性は良い・・・非常に良い)そういう「特殊性」を前面に押し出してもらいたいのですが・・・



それに加えてもう一つ。


あと3cmグリップエンドが長ければ普通にバイブ類(レンジバイブ70ESを筆頭とする、15g前後のもっとも一般的なバイブ)を使えたはずなのに、モデル別の特徴を差別化するためにそうしなかったのでは・・・とちょっと穿った見方をしてしまうんですよね。バイブ引きたければ88ML買えや、みたいなw

残念ながら、89Lはバイブ類の使用には完全に向いていません。

引き重りが小さい50~60サイズのミニバイブやローリングベイトの類いは可能だと思いますが。

何度もいいますが、あと数センチ、肘までグリップエンドが届いていればロッドに伝わるバイブの振動を大幅に抑えて水深のある港湾でも使えるロッドになったのではと思われます。
「シャローマスター」の名前を特に重視するならばこれでもいいかもしれませんが、「一般的な90Lのグリップエンド」からするとルアー選択肢がかなり狭まっていて残念なところです。

KIMG1395.jpg

↑アーリープラス89Lに向いているルアーの例↑

意外なことに、リリースタイミングを遅らせることによって(この写真にはないですが)K2Fのような大型ミノー、磁力が強くてキャストが難しいルアーをすんなり使えたりします。これにはビックリ。
キャスティングに関しては、おそらく(旧モデルを知らないので想像だけれども)相当に「ヤマガらしい」柔らかい仕上がりになっているのではと思います。いや、ホントに直感ですが、そう感じます。
ピーキーさはまるで無く、素直で簡単。

・・・おっと、良いところを書くのはこっちじゃなかった








値段について


どうもよほどのセールでない限り10%オフが限界の品のようで、実売25000円前後とエントリーモデルとしては非常に
高価。

というか、ルナミスや旧ラブラックスやヌーボアルジェントの値段です。25000円UPって。

それらがチタンガイド装着のミドルレンジモデルとするならば、正直、エントリーモデルであるアーリープラスを「国産」であるという理由だけでここまで高くしていいものかと、ちょっと疑問に思います。




そして


処理済~KIMG1399


この免責金額・・・・


これ、意味あるんですか?


いや、率直に聞きたいです。ヤマガの人にこの免責保証書の意図を。


この保証書を使うことと、部品取り寄せ(つまりはティップ側取り寄せ部品購入)することに違いがあるとはどうしても思えません。

免責つかえば15000円、部品とりよせ◯◯円、新品本体価格25000円

                      ↑
            まさか新品より高いとは思えないし、免責より同じとも思えない


結局、折れたら新品買い直すか、諦めてゴミ箱に捨てるか、二者択一の選択を迫る免責保証内容だと思いますね。



もっと簡単にいいます。



ヤマガの人はアホですか?



Gクラフトの免責保証書だって(ようやく)マトモになったこの時代にコレですよ。


ヤマガがユーザーに自分達の製品を長く使ってもらおうと思っているならば、残念ながらその姿勢を示しきれていませんよね。











というわけで、

技術的な面から「アーリープラス89L」を、

コストの面から「アーリープラスのラインナップ全て」を、

初心者にはお勧めしません。



KIMG1389.jpg



   
 
関連記事


Comment 4

2015.04.03
Fri
11:14

ヤク #-

URL

ぼらおさん、こんにちは。アーリーの否定的インプレという事で、リップル(ヤマガ)好きの自分としては
戦々恐々として読みましたが、意外にソフト?に書かれており、ある意味安心しました。

ところで、アーリー89Lのグリップ長なのですが、315mmという長さは実はリップルのFLOWS810FCと全く同じなんですよね。
僕も、初めてFLOWS810FCを使ったときに、ぼらおさんと同じ事を思い、少し後悔しました。
「なんじゃこのグリップエンドの短さは。やっぱりノーマルのFLOWS810にしとけば良かった」と。

とは言うものの、もともと810FCというモデルは、810よりショートグリップモデルが欲しいというユーザーの声、
ディープウェーディングしてもウェア類にグリップエンドが引っかからないようにしたいという設計思想から出発したロッドですから、
今更文句を言っても仕方なく…

思うに、アーリー89Lというモデルは、良くも悪くもFLOWS810FCというロッドの遺伝子?を受け継いだモデルなのでは
ないでしょうか。もしくは、ヤマガ(リップル)的に、「ウェーディング用のロッドにはこのグリップ長が黄金比ばい」とかっていう
安易で頑固な設計思想があるとか…?

何が言いたいかいよいよわからなくなってきました。駄文、失礼しました。

編集 | 返信 | 
2015.04.05
Sun
15:15

ぼらお #-

URL

好意的に解釈するとしたら

「ウェーディング用のロッドにはこのグリップ長が黄金比ばい」

といって憚らないロッドビルダーのボスが内部に君臨しているのでしょうw


やや穿った見方をするとしたら

「ねえ、アーリープラス89Lのグリップ長はどけんしたらよかと?」
「似ちょるけんFLOWS810FCのグリップ長をそのまま移植すればよか」

という手抜きセッティングがあったということになります



グリップエンド以外は好きですね。
パリっとでもなく、ネットリでもなく、自然に、しかも癖がなく「ああ、これがヤマガなんだ」と受けいれられるテイストです。

あと1回、「ファースト」じゃないですけど、AB混合の初期インプレッションで、キャスティングフィールの事など気がついた点をいくつか書こうと思ってます。

編集 | 返信 | 
2015.06.20
Sat
21:03

サハラ #-

URL

こんばんは、アーリープラスのブログを検索していた所こちらにたどり着きました。
現在、アーリープラス89lかラブラックス87lmlの購入で悩んでいます。両モデル所有されているとのことですがコスパ的にはどちらが良かったでしょうか?

編集 | 返信 | 
2015.06.20
Sat
21:07

サハラ #-

URL

訂正

すいません、agsで勘違いしてました。ラブラックスではなく、モアザンagsでしたね。失礼しました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts