3/31~4/4 釣行記  - 2015年釣行記

3/31~4/4 釣行記 

 05,2015 14:23


3/31 (火)

KIMG1354.jpg

アーリープラス89Lの初陣。

痛々しいほど冷たい水

という感じは無くなったが、まだやや冷たい。

冷たいとなると、魚も鈍い。

シャローで魚を釣る前に、アーリープラスのキャスティングを確かめようと港湾に赴く(これは水温の低さもあって、水深があるところのほうがいいかも、というスケベ心もあった)も、バイブの使用感の酷さに呆れて即座にシャローへ移動。

チビセイゴで入魂。




KIMG1347_201504051323065d0.jpg

フッキングを見ればわかるように、リア側にフッキング(この傾向はその後も強かった)。

かなりピンポイントに、スローに通すと、ほんの少しだけチェイスしてくれるらしい。

帰り際のフィール120の1キャストに3回、小さいバイトがあったのが驚き。

もしかして局地的なバチ抜けがあっているのかもしれない(どの種類のバチかは正確には不明だが、こういうことはよくある)。

後片付けをしながら「局地的なバチ抜け」ってツウっぽい専門的な響きがして格好いいよな・・・・こんど誰かに使って精神的優位性をみせつけてやろう、なんて1人満足していると、「局部的なバチ抜け」という卑猥な感じな用語と区別しにくいのでボツネタに。


この日は他の方がプップクプ~のまるまる太った(目測)50upを掛けていたので、状況はよくなっていると納得して退散。



4/1 (水)

KIMG1357.jpg

出撃せず。

今年の桜は「三分咲き」「五分咲き」「七分咲き」なんて段階を追わずに、あっというまに満開になって、あっというまに散ってしまった。




4/2 (木)

上げ潮の中、チビを続けて3ヒット


KIMG1366.jpg

フィール120 チャートヘッドクリア



KIMG1370.jpg

フィール120 ライムチャートバチ

KIMG1388.jpg

スタッガリングスイマー80


やっぱりバチっぽいな。表層じゃなく、中層バチ。

と思いつつも、この時期は甲殻類や小指サイズの小魚がよく上に下に節操無く流されているので、局地的なバチとは断定できない(開腹すればわかるが・・・)。


そうこうしているうちに、「中層、中層をゆっくり」と意識しすぎたフィール120のライムチャートバチが殉職
フックサイズを大きくしていたのがアダとなってしまった。
ちなみに、フィール120のレギュラーカラーラインナップは殆ど試しました(まだフィール120は5本か6本在庫ありw)が、このライムチャートバチが一番いいかも。




そして出てきた下げの流れ(というか、上げの時間帯のはずなのに立派な下げの流れが・・・このパターンは大得意)


エリア10EVOをチョイスして、中層を泳がないように棒引き。

ドリフト、ドリフト。

立ち位置を変えてもっと大きく鋭角な弧を描くようなドリフトにしてみると・・・




ドスン!




かなりいい感じで寄せていたのですが、ラインテンションもベンディングカーブもMAXの時にスッポ抜け。
弾丸のようにこっちに飛んでくるエリア10EVO(危なっ)。
ロッドも自分も悪くないのに・・・もしや・・・とおもったら、やっぱり。

フックの先に唇の肉片が少々。

身切れというか、もともと掛かりが浅すぎたアンラッキーヒットだった。


大体のパターンはつかめたので、移動しながら似たトレースコースを意識していると、60弱のこの個体が出てきた。

KIMG1394.jpg

この時期、このサイズが活き活きとしているというのもあるが、このサイズとのやりとりが十分楽しいロッドに仕上がっていると思ったアーリープラス89L。
因みにパワーはまだまだ余裕あり。

KIMG1391.jpg

その後、ストラクチャーを意識しすぎて(欲張りすぎて)エリア10EVO殉職

この辺の感覚がまだ平和ボケというか、緊張感がたりないというか、まあ、そんな感じです。

この日は夜の12時前に帰宅し、1時半くらいまでに「アーリープラスインプレA」を書き上げて寝、翌5時すぎに何故か起きてしまったので、出勤前に「インプレB」を書き終えてUPしたという超人的な活動ぶり。

(「書きかけです」と放置してUPしていたら予想外のアクセス数があったので、これは申し訳ないと思って頑張りました)




4/3 (金)

雨。



でも出撃 (マジキチスマイル)


いや、雨はほぼ上がりかけで、水位は増水しているという、悪くないパターンだと思ったから・・・


が、しかし・・・足元に大きなヘラブナが満身創痍(多分、流されてぶつかってウロコ剥げ落ち&出血)で流されてきているのをみて、この激流を悠々と登れるスズキはまだ居ないか少なかろうと思って退却。





4/4 (土)

豪雨


でも出撃 (ニターリ)





雨の影響が少ない場所を選んだつもり・・・が、なんとも言えぬ妙な雰囲気。


場のコンディションは「多少の濁り」程度で問題はないが、魚の気配がまるでしない。


降ったり、やんだりの定まらぬ天候から、確実にやんだインターバルが生まれたので、これで釣れないなら帰ると決心。

KIMG1408.jpg

スタッガリングスイマー125ARC

(でかいかな?)

フィール120

(バチじゃないか)

マニック115

(表層でもないしこの速さもだめ)

ショアラインシャイナーZ120F

トントンッ!


このヒットは嬉しかった。

KIMG1400.jpg

まず第一に、あまりの無反応時間が長く集中力が途切れ気味だったのに、バイトに対して体が反応できたから。

KIMG1406.jpg

次に、この個体を拾えたのはロッドのノリが非常に良いということと、

(みてください、このフッキングw)

KIMG1402.jpg

前触れもなにもない僅かな反応に対して一気に目が覚めてフッキング動作に入れた・・・つまりはロッドの感度が実用レベルで充足的であるということが確かめられたから。




 


もうちょっと・・こう・・・60upいや、70upの感触を確かめないといけないかな。
関連記事


Comment 6

2015.04.06
Mon
21:11

胃腸虚弱体質 #-

URL

さすがっすね^_^
僕も明日夜出撃してきます!
局部的なバチかぁー、意識してみます!

編集 | 返信 | 
2015.04.07
Tue
09:47

貧弱 #-

URL

おはようございます。

局部がバッチリに見えたのは春のせいでしょうか、fc2のせいでしょうか…。
食い上げで2個掛けるなんて、お見事です。

一寸聴く場所かも違いですが、ぼらおさんは右巻きなんですね。
サミじゃなかった、フェザリングは飛んでる時に持ち変えてされてるんですか?

編集 | 返信 | 
2015.04.07
Tue
20:51

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> さすがっすね^_^
> 僕も明日夜出撃してきます!
> 局部的なバチかぁー、意識してみます!

今日から何故かまた気温が落ち込んだのにくわえ、風も出てきたようです。
こうなると「パターン」はリセットされがちですので、見切りをつける判断力が問われますね!

編集 | 返信 | 
2015.04.07
Tue
21:21

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし


> 一寸聴く場所かも違いですが、ぼらおさんは右巻きなんですね。
> サミじゃなかった、フェザリングは飛んでる時に持ち変えてされてるんですか?

右手でも左手でもフェザリングしています。

左巻きも巻くだけなら普通にできるのですが、左手だとフェザリングが右巻き時に比べて明らかに劣るのと、(普通は逆でしょうけれど→)ロッドアクションが左ではどうしても上手く出来ないので矯正は諦めました。

仰るとおり、

1)ロッドを持ち替えて右手でスプールを包み込むようにして人さし指・中指・薬指の三本のどれかで調整する(こう書いていて気が付きましたが、6,7割方薬指を使用してますね・・・目線からみてスプールの左裏を抑えている感じです)

ケースと

2)左手の人さし指か中指で

このどちらかでやってます。
微調整が効くのは左手のほうなんですが、何故右手がメインか今考えてみたところ、左手は振り下ろしたロッドが完全に停止されていないとできないわけで、遠投してロッドは止まっているがラインはまだ出ているという場合に使っていると思います。

正直、いま自分でこう書くまで、なぜ右手と左手のフェザリングを使い分けているのか意識していませんでしたw

編集 | 返信 | 
2015.04.07
Tue
21:31

ぼらお #-

URL

Re: バチ抜け終了

もう終わったんですか!

不思議ですね、そちらは関東っぽいバチ(シーズンinが早い)の出方で、こちらは関西っぽいバチ(GW前後から)バチの出方ですよね。
地域性を考えると、何故そういう違いがでるのか不思議でなりません。

自分も「ばちお」(←バチシーズンだけ釣果を上げることができて、何故かブログ上でも饒舌になる人に対する、皮肉が効いた名称らしいですwグサリと的確で身に覚えがある自分としては胸がイタイw)の名に恥じぬよう、一年間の殆どの「魚フィーリング」をストックできるよう頑張りたいと思います。

編集 | 返信 | 
2015.04.07
Tue
21:48

貧弱 #-

URL

おぉ、丁寧なお返事ありがとうございます。

私はバス釣りの呪縛か、左巻きが習慣化してしまいました。
なので小物狙いのタックルも左巻きですが、以前はキャスト→そのままバス釣りよろしく人差し指でブレーキ→着水 で事足りてましたが、
こちらは湾奥でも比較的風が強く、1gとかのジグヘッドなので左手をスプールに添えることがかなり多くなりました。

薬指ですかぁ、意外と使ってないかも…。

先日中指で糸ふけを張ったり緩めたりして探ってる時にお散歩中のマダムに訝しく睨まれましたが…。
イヤ、非常に参考になりました。


編集 | 返信 | 

Latest Posts