7/5博多湾シーバス - 2012年釣行記

7/5博多湾シーバス

 06,2012 10:35
7/5(木)
天気:曇
大潮:さげどまりから
風向:南
波:なし
時間:19:00から2時間ほど
経路:多々良川河口


KIMG8967.jpg


KIMG8966.jpg


今回は嗜好を変えて湾内ウェーディング。

ところで、なんで護岸や波止場ばかりで川とか河口でウェーディングをしないのか、と思われる方もいるかもしれませんが、お答えします。


クサいからですw


いや、水そのものより、ウェーダーがクサくなるんです・・・

それともうひとつ。


怖いからです。


明るいうちはまだしも、底が見えない夜や濁りがある河川河口で腰まで使るのは正直、怖いです。


この写真はかなり前のもので、メンテから戻ってきたツインパのシェイクダウンをしてたときのことなんですが

KIMG8903.jpg

え、話がよくみえない?

KIMG8903-2.jpg

見えにくいですが、間違いなく脇下まで浸かってます。

突っ込みどころ満載で、何から言っていいのかよく分からないですが・・・多分、超上級者なんでしょう・・・

コケたらどうするんでしょう・・・


ま、そういうわけでどうせウェーディングするならサーフで、という思考になりがちだったので、連敗脱出のために珍しく湾内ウェーディング。






じゃあ7/5はさぞ明るくて透明だったんだろうな?
と、思われたでしょうが


凄まじく濁っておりました^p^


現地についてからKGエボ962MLとSSS862Lは車から下ろしていたことに気づいて、オシアAR-Cでやるはめに・・・


満ち潮と共に登っていこうとして、沈没ボートの付近で手始めにハードコア130Fを投げてたら・・・見えない杭に引っ掛かってロスト。回収できず。

一通り大型サブサーフェイスを通してもボラに触れたような反応しかないので、サイズダウンしようとするもロッド的に軽いミノーは扱いにくいのでシンペンに。

マリアのブルースコードC90。

飛ぶ。

すげー飛ぶ。

いや、862Lとか962MLで飛ぶのは知ってたけど、まさか1006Mでここまで飛ぶとは予想もつかなかった。

飛ぶのがあまりにも快感で、ただ闇雲に遠投することに熱中してたら

10数投目にアタリがゴツン!

ブルブルブルルン!

きたー!!!






とおもったらスカッ・・・フックアウト







そして結局2時間でアタリはその1回だけ^p^
連敗脱出ならず。


ハードコア130Fがなくなった事実と臭くなったウェーダーだけが残ったw


アタリルアー
マリア ブルースコードC90 
関連記事


Comment 0

Latest Posts