リバレイ RBB スパイクシューズII No.8596 - ギア・ウェア・ガジェット

リバレイ RBB スパイクシューズII No.8596

 13,2015 18:37
KIMG2287.jpg

これはシューズじゃない、相棒だ。

間違いなく今年買って良かったウェア・ギアNo.1

  

迷ったら、買ったほうがいい。

 




・・・と、最初から全開で買い煽りを入れていますが、これはマジでいい。本当に。






釣りのフットウェア選び、難しいですよね・・・


実は靴って、思ったより「大量生産」されるものではないんですよね。

シーズンの始めに作った分が予想以上に売れて在庫がどこにもなくるほどの勢いならば再生産があるかも・・・程度で、大抵の靴は再生産されることなく次のシーズンに「改良作」としてまた出るか、ラインナップから消えるかのどちらかです。

それが更に特殊な用途の靴・・・釣り用の靴となると、ますますもって少量での生産でしょう。

しかも一般的な用途の靴と違って靴屋さんに存在しないし、気になった製品が店頭にあるほうが稀だし、仮に店頭にあったとしてもサイズ揃えがお粗末な場合がほとんど。

ためし履きができるチャンスなんて滅多にありません。


リバレイの製品は、それを作るスタッフがプライベートでも使うので、手抜きは一切ない・・・・


というリバレイの自己申告(?)ですが、このスパイクシューズを履いて歩いてみた感じ、この言葉は信用してよさそうです。


この靴は、予備にまったく同じものを2足、いや、3足くらい買っておいてもいいなと、心底思いました。




もしかするとその値段について



??????????

靴に1万UPっておかしくない????

別に専門靴じゃなくてもいいやん・・・・

もっと安いのあるやん?




という風に思われる方もいるかもしれませんが、これを履いて一度釣行すれば絶対に納得します。






うわっ、なにこれ・・・やっす・・・(絶句



みたいなw








サイズ選び


自分が履けるのサイズは26.5のEEEかEEEE、27.0だったらEEE(要するに長さはさほど大したことないけど横幅が広い足)。
この靴はLとLLを実際に試着できたのでたすかりました。

素足+普通の靴下だとLがジャストフィット

ただし、Lだとあまりにもジャストフィットしすぎていて、ウェーディングソックスの余裕があまりない。

素足+普通の靴下+ウェーディングソックスだとLLが合うだろうと思い、阪神素地のFX277とは違って納得してLLを買いました。
20kmほどサーフを除くあらゆる路面を歩いて見た感じ、サイズ選びは大正解だった模様です。
多分、26.5か27.0の人でも自分よりもっと横幅が細い人は、ウェーディングソックスを考えたとしてもLでも十分だと思われます。



フィールド別グリップ


サーフ N/A (未着用)
ゴロタ ○
舗装路(アスファルト・コンクリート) △
磯(溶岩系の荒れ肌) ◎
磯(ツルツル肌) △
磯(海苔・海藻) ○
大理石のような本当のツルツル肌 N/A (未着用)
赤土 ◎

この靴は赤土を含む山道に強い。
濡れた赤土で全然滑らない・・・・ほんとに感動するくらい滑りませんw

KIMG2286.jpg

このラジアルとスパイクの位置関係がそうさせるのか、「磯までのトレッキング」には最強のグリップ力を発揮します。
その反面、かなり突起したスパイクなので、一般的な舗装路を歩くと「ジャッジャッジャッ」とかなり耳につく音がでます。
このスパイク、写真のとおりの相当な数なので、そのグリップ性は別として「スパイクが必要ない路面」ではその存在が却って不自然な感じを足に伝えます・・・そこは慣れるしかないでしょう。

磯までの山道(いい)→スパイクがいらない磯(あまり心地良くない)→濡れた磯(ラジアルとしてはいい)

こういうフローになりますね。

濡れた丸石ゴロタを歩くのはどんな靴を履いていようが細心の注意を払うべきものですが、これを履いていて身の危険を感じるほどの不安はありませんでした。

履き心地


いい!

としかいいようがありませんw

この靴ならば1日10kmの磯歩きに耐えられます。

このビビッドな感じがする青のレース、結びも解けにくいしキッチリ足を締め上げてくれるし、グレーで地味なイメージを一掃してくれるしで、めちゃくちゃ気に入ってます。


KIMG2285.jpg


水抜き性能も非常によく、濡れていても乾いていてもその重さを全然感じさせない、いい靴です。
ただし、その水抜き性能からしてサーフを歩くと砂が入ってくるのではなかろうかと思って、サーフでは使ったことがありません。


最終評価


100点満点中、95点。
5点減点分はカラーラインナップが無いから(笑)

都市部での釣りやサーフでの釣りは別として、磯で釣るならこれを買わない理由がないレベルのギア・ウェアです。
砂利の山道に殆ど濡れることがない磯ならば、普通のトレッキングシューズでも十分いいのですが、色々な釣り場を想定するとやはり

・フェルトピン
・ラジアルピン
・ラジアル

この3つがどうしても必要になってくるんですね。TPOに合わせて。
フェルトピンとラジアルに関してはまだまだ勉強中ですが、その内のラジアルピンに関してはこのリバレイ RBB スパイクシューズII No.8596が確実な選択だと断定してもいいでしょう。
安心感が全然違います。
フットウェアにお金を掛けるって、エクストラな安全と快適を買っているわけなんですね。
そういうお金の使い方が分かるオトナにこの磯靴をオススメします。





関連記事


Comment 3

2015.11.13
Fri
22:37

 #-

URL

No title

私はマズメのスパイクシューズを使っております。

ピンがタングステンのためか、2年目ですが全く摩耗する気配がありません。

靴紐が一瞬で靴から外せる構造になっていて、着脱が非常にスムーズにできます。
ただし、着脱しやすいということは釣行中に脱げる可能性も孕んでいるということ・・・
ジャストサイズを履いてきつく締めれば脱げることはなさそうですが、やはり若干不安です。

編集 | 返信 | 
2015.11.17
Tue
16:45

ぼらお #-

URL

Re: No title

> 私はマズメのスパイクシューズを使っております。
>
> ピンがタングステンのためか、2年目ですが全く摩耗する気配がありません。
>
> 靴紐が一瞬で靴から外せる構造になっていて、着脱が非常にスムーズにできます。
> ただし、着脱しやすいということは釣行中に脱げる可能性も孕んでいるということ・・・
> ジャストサイズを履いてきつく締めれば脱げることはなさそうですが、やはり若干不安です。

このRBBのピンは流石にタングステンとまではいかないですが、「国産ステンレスピンを使用で錆びにくい」とのことです。
ハードに歩いてもピンの脱落はいまのところないですね~。

編集 | 返信 | 
2015.11.17
Tue
17:34

ぼらお #-

URL

Re: No title

> 自分はソックスウェーダーを使っております。
> その為テンフットのラジアルスパイク。ラジアルはダイワのクロックス的なもの(基本サーフオンリー)だけど自分のよく行く富士川というところだと多少川の中もいけますww
> あとはダイワのフェルトスパイク(ベリピタ)を使っております。
>
> ダイワのラジアル底のクロックスはサイズを完璧に見誤り、でかすぎ‼︎(26.5の足+ソックスウェーダーに3Lはでかかったww)
> 主にサーフオンリーで使っているので今のところ問題はないですが…
>
> ソックスウェーダーなのでいろいろな靴を履いたり試したりしました。
> が、メーカーごとサイズ感がかなりバラついておりまして…こういった靴のサイズ感を書いてあると自分は助かります‼︎

サイズ感は大切ですね・・・・というのも、自分が選ぶ際にその「サイズ感」のヒントとなるようなものがネット上には意外と少なかったので書いてみました。
釣りウェア類のインプレを書くブロガーさんは「どういう性質の物か」というのと同じくらいに「サイズ感」を重視したほうが読者目線に近づけると思いますよ!

編集 | 返信 | 

Latest Posts