ゴロタサーフ - ぼらお百物語

ゴロタサーフ

 15,2015 13:21
年々過密化する都会のソルトルアー。

このシリーズは真夜中一人の釣行の際にこの物語を思い出してもらうことにあります。
話はフィクションかもしれませんし、実際に起きたことかもしれません。
もしかしたら、あなたに起きることかもしれません。

ghost3.jpg




ゴロタサーフ

握り拳から人の頭くらいの丸石がゴロゴロしているゴロタサーフ。
押し寄せては引いていく波の力はとても強く、波がある度に軽く10キロ、いや20キロはあろうかという石がゴロゴロと音を立てて動いていく。

石がぶつかりながら動いていく音をよく聞いていると、次第にその音が人の笑い声に聞こえる時があって、そういう時は注意したほうがいい。
前方もしくは左右の転がる石が発する音のはずなのに、何故か自分立ち位置より後ろから(当然そんなところで波がゴロタを動かしているわけがない)笑い声のような石のぶつかる音が聞こえ始め、だんだん後ろから近づいてきて、なんともいいがたい腐臭を感じるようだと・・・・
関連記事


Comment 0

Latest Posts