宮崎オオニベ紀行~初日① - 2015年釣行記

宮崎オオニベ紀行~初日①

 28,2015 19:51
旅先でふと



「そうだ、これから宮崎に行ってオオニベでも釣ろう」



と、思い立ったが吉日。

殆ど何の下調べもなく行って参りました。


※注意※
このシリーズは宮崎の土地と人と釣りをブラックユーモアで書き綴った紀行です。
宮崎への郷土愛で満ちた心を持つ人は読まないほうがいいかもしれません。


DSCN0567.jpg



所用で熊本は山鹿市に寄ることがありまして、その滞在中に

「ついでだから天草にでもヒラスズキを狙いにいこうかな」

的な閃きが浮かんだのですが、山鹿市の寒さにマイってしまって、ンな寒い釣りはヤだという結論にナノセカンドで辿り着きました。



「ついでに」

「天草にでも」



なんて、どこかしら火の国を見下したような表現が、この短い一行文章の中に二箇所も盛り込まれていますが、これはブンガクの才能というものです。







大体なぜ山鹿くんだりまで出かけていったかというとですね、



ワタクシ、在野の1ブロガーとして釣り人生を全う(?)するつもりであったのですが、





社運を賭けたシーバスロッド作りに手を貸してほしい




なんて言われたら、話を聞かないわけにはいかないじゃないですか・・・・



ここは山鹿市。

山鹿市といえば、そう、あの・・・



DSCN0570.jpg



おっ、社屋が見えてきた・・・


ヤマガb・・・っと、これは超コンフィデンシャルな話だった・・・失礼・・・





























あ、もちろん全部ウソです

近くを通ったから記念撮影しただけです



特に反省はしていません



















そうそう、山鹿市といえば、コッチのメーカーが真打ちですよ。

実は冗談のつもりで書いていた「ぼらおマスター」なる架空のシーバスロッドを名称は別にして

(注:http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-439.html




「ぼらお氏の監修の下で是非作ってみたい・・・インターネット発のシーバスロッドのアイディアというのは、『世界初』的な要素があってマーケティングの観点からも実に面白い」




という提案を頂いたので、初回の打合せの前に国内で作るならその生産現場を見学したい、といったら・・・

すぐにでも来てください、という流れに・・・









DSCN0568.jpg



うむ、ここか。



















あ、もちろんこれもウソです

たまたま看板をみつけたのでパシャリしてみただけです
























さて、宮崎。

釣りたいのはオオニベ。

無計画な遠征とはいえ、スマホで一晩、ラフな検索くらいは出来る。

もっともベーシックにして根本を抉る疑問を投げかけてみる。






Q:オオニベはどこで釣れるのか?


A:延岡市から日南市まで








WS000000.jpg







全然答えになっていないんですけど・・・







いや、まあ、わかった。






一つ、回遊性が強い。

一つ、本当にどこにでもチャンスはある

一つ、どんな巨体をしていても所詮はグチの仲間、砂地が好き





となると、やはりメインは宮崎市と宮崎市周辺のサーフが主戦場となる。










宮崎をどげんかせんといかん







宮崎オオニベ紀行~初日②に続く
関連記事


Comment 2

2015.12.28
Mon
22:40

ちくわ大明神 #sj93pB3o

URL

初めまして。
ようこそ宮崎へ。

大ニベの洗礼を貴方にも。

編集 | 返信 | 
2015.12.29
Tue
17:38

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 初めまして。
> ようこそ宮崎へ。
>
> 大ニベの洗礼を貴方にも。

洗礼をウケました・・・・続きをお楽しみに!

編集 | 返信 | 

Latest Posts