ロッドのブランクというものを真剣に考える②+1/2 - 初心者のためのシーバスロッド

ロッドのブランクというものを真剣に考える②+1/2

 09,2016 16:52
「マンドレル」についてもっと詳しく書くんだろ!?

的なプレッシャーを感じたので急遽つけたしたエクストラ編になります。


WS000153.jpg


お兄さんが爽やかな笑顔で持っているのがマンドレルですが、日本ではこのマンドレルを作ることができるメーカーは1社しか存在しないようです。

1社です。

日本で1社だけ。

(もしかしたら「数社」かもしれませんが、非常に少ないという意味では同じこと)



マンドレルを作る会社がここまで少ないのは技術的な要素もあると思いますが、どれだけ高精度が要求されるブツだったとしても、所詮は鉄の棒・・・
アメリカの釣具メーカーにもこうやってマンドレルがあるわけですから、アメリカにはアメリカのマンドレルメーカーがあり、ヨーロッパにも中国にも韓国にも台湾にもそれぞれの国のマンドレルメーカーがあるでしょう。
別に日本の「町工場の秘伝の技術・機械には作れない職人技が叩き出す精度」(←こういうフレーズを聞いて自己満に浸っているウチに負けたのが日本のモノづくりです)が必要とされる訳ではないはずです。

やはり、今の日本国内の需要がないのだと思います・・・






さて、このマンドレル、1本辺りの単価はシーバスロッドの場合、大体2ピース1セットで1万円くらいだとか。
意外とお安い(?)ですよね。
ただし、設計(仕様)はロッドメーカー側が仕上げて提出せねばならず、マンドレルメーカーに「こういうテーパーのマンドレル作ってよ!」なんて注文の方法はできないようです。
が、世の中にはシーバスロッドのみならず、様々なカーボン製釣竿が存在して、それらの釣竿メーカーはシーバスロッドの非ではないニッチなマーケットを相手にしているわけですから、金銭面からもノウハウ面からも「自社マンドレルを開発して所有すること」は思っているよりハードルが低いようです。

この動画で作られているロッドは1ピースなので巻いて焼けば終わりですが、シーバスなんかは大抵2から3ピース。
じゃあシーバスロッドは最初に1本を焼いてそれからカットして加工していくのかといえば・・・・
違います。
それぞれのピース用のマンドレルがあって、別々に焼かれます。
マンドレルを1本1本焼いていたら埒が明かないので、まったく同一のマンドレルを10~20セットくらいは頼むでしょう。
マンドレルを20セット買ったらもう20万。
一般的な同機種同レングス同パワーのシーバスロッドの販売数ってどれくらいですかね?
100本だと1本につき2000円のマンドレル代がかかります。
200本だと1000円
400本だと500円
ダイワのラテオQ96MLくらいメジャーなメーカーのメジャーな機種のメジャーなパワー/レングスのロッドだと400~500本くらい初期ロット生産数としてありそうですが、もっとマイナーなメーカーのマイナーな機種だと総生産数が100~200本くらいじゃないでしょうか?
一部のシーバスロッドが高い理由にはこの辺の事情が関与してそうです。
要するに、より多くの数を作れば作るほどロッド1本につき上乗せされるマンドレル代は薄くなってロッドの単価も下がるはずなのですが、シーバスロッドなるアイテムは1億2千万の人口がいてもさほど数がはけないわけです。

仮に「ぼらおマスター」なるシーバスロッドを作ろうと思い立って、独自マンドレルから始めるとすると・・・
まあ、レングスは3種類くらい用意しないといけないでしょう
少量生産のプレミアム品(笑)なので1ロット10本で計50本ずつ作るとします。
因みにメジャークラフトの最小注文数は100本だそうです。
おそらくどこのメーカーでも100本を最小単位にしているのではないでしょうか。


862L用・・・マンドレル10セット10万円
932ML用・・・マンドレル10セット10万円
972M用・・・マンドレル10セット10万円

マンドレルが1セット1万円だったとしても、これだけで30万円必要になります。
ロッドが仮に歩留まり率100%の出来だったとしても、150本のロッドの売上から30万円を回収せねばなりません。

ムリですね。

ちょっと考えたら、この段階で新規参入の独自国産ロッドはムリだとわかります。

歩留まりが100%で出来たブツは完売する、みたいなヒドイ皮算用でもムリです。

「ぼらおマスター」が1本3万円の希望小売価格だったとしたら、総売上高450万円。
小売店の委託取り分が40%だったとしたらそこから180万円引いて270万円。
ガイドやグリップは富士から、カーボンシートは東レから仕入れがあります。
その辺の値段は知りませんが、それら原材料費にくわえて人件費が乗ります。
土地建物や光熱費もかかります。
ワンオフでは到底マンドレル代が回収できません。
そのマンドレルの出来がよくて、次回作に転用できるならば話が別ですが・・・

これが「OEM生産」の形態をとるロッドメーカーが多い理由、ひいてはOMEロッドが多い理由の一つではないでしょうか?

餅は餅屋ではないですが、もし作るとしたら・・・・ロッドを作るための施設をすでに持ち、しかも優れていると証明済みのマンドレルをベースにロッドメイキングのノウハウを助言してくれ、あれもこれも至れり尽くせりの窯元にお願いしない理由はないでしょう・・・・


聞いた話では、どうやら2社ほど窯持ちではないのにマンドレルを持っている珍しいシーバスロッドメーカーが存在するようです。
「T****&S****」と「F**L***」は窯持ちではないのにマンドレル持ち(確証はありません)らしい・・・
あとは、生産拠点は海外だけれども設計は国内というカタチをとっているM****C****とA***ももしかしたら持っているかもしれません。特にA***はその設計ができる人を近年D****から獲得しているので怪しいですね。






さて、話は変わりますというか、マンドレルそのものの話に移ります。

マンドレルは1機種の1レングス1パワーに付き1本ずつ、という具合にかならずしも専用であるわけではありません。

たとえば、シマノに9ft用の#2側のマンドレルがあるとします。

ディアルーナ900L
ディアルーナ900ML
ルナミス900L
ルナミス900ML

もしかしたら全部同じマンドレルかもしれませんし、全部違うかもしれません。
それかルナミス900MLだけはどうしてもそのマンドレルだと上手くいかなかったので別のマンドレルを使った(もしくは作った)かもしれません。
レングスさえ同じであるならば、機種違いやパワー違いのマンドレルの共有は可能のようです。
マンドレルはマンドレルだけでロッドのテイストを決めてしまうわけではなく、あくまでロッドの内径とそのテーパーを定義するものですから、上に巻かれるカーボンの種類・厚み・巻く方向性なんかでいくらでも「味付けの変更」ができるわけです。
尤も、そのマンドレルに適した味付けから解離するような試みをすると、仕上がりにボロがでるそうですが・・・

ただ、エントリーモデルほどコスト削減のためにマンドレルの共有がおこなわれ、ハイエンドモデルほど妥協せずに専用マンドレルが使われる傾向にあるのは間違いないでしょう。

意外なことにロッドの「継」、ロッドが並継であるのか印籠継であるのかもマンドレルの「専用性」に影響するそうで、その話はここ

http://fdaiko.exblog.jp/3308039/

を参照のこと。







さて・・・この記事はやっつけ仕事で書いたので構成にいろいろとムリがありますが、見切り発車で公開することにします。


で、この記事を読んでいると、ボンヤリとした不安が浮き上らないですか?


「窯もマンドレルも持ってない会社・・・つまりはOEM供給を受けたロッドメーカーのロッドってこのどちらかしか無いんじゃないか?という不安が。

A) 窯持ち会社の言いなりである・・・というか余計に高くなっているだけちゃうん?

B) バットの張りはこうこう、ティップの食い込みはこうこう・・・と注文はしっかり出してるとして、それがどうやって成されているか(マンドレルを変えたのかカーボンの巻きを変えたのか素材構成を変えたのか)理解していないんとちゃうん?


Bの場合、往々にして「素人の要求を全て聞いていたら仕上がりが悲惨なことになった」ということが起きますよね。
釣具とは全然関係ない某業界なんか「デスマーチ」と称されることばっかりやってますし。


処理済~WS000151

※プライバシー保護のために画像の一部を加工しております

果てはこんな風に、窯もマンドレルも無いパブリッシャーメーカーが「独自の特殊構造」なんていってるわけですよ。

そんなのありえるんか?と。

このギョーカイ、一体どーなってんだ、と。



まあ、その話はまた、いつか・・・


KIMG6077.jpg
関連記事


Comment 8

2016.01.09
Sat
21:41

さっぱこ #-

URL

う~む!!!

いつもいつも、凄まじい情報量ですね?どこでマンコネルの価格やロット数を知るんですか?
ところで、いまさら感があるやもですが、1人1日1カウンコが現時点で50万ちょい。
私のようにPC、スマホ両刀使いもいらっしゃるにして、かつシーバスアングラー以外のルアー使いが見に来ていらっしゃるとしても、相当数(私的には)ルアーアングラーっているんですね~。ルアーロッドの需要数も意外とあると良いですね?
だってこんなブログに紳士淑女の皆様は見に来ないでしょうから!!!!(褒め言葉です。)

編集 | 返信 | 
2016.01.10
Sun
00:36

 #-

URL

何故か伏字になっているところまで問題なく読めてしまいます(笑)

あの謎の特殊構造に関しては動画を見たときにそれは特殊構造とは言わんだろと思いました

それでも欲しくなってしまうのは釣り人の性なのでしょうか?w

編集 | 返信 | 
2016.01.10
Sun
07:05

あるじぇん人 #-

URL

No title

工業品あるあるで、全く同じOEM商品のガワを変えただけで価格が倍以上違うとかやっぱりあるんだろうなと思います。
それを買ったブランド志向のユーザーは、「うぅむ、さすがに○○社のこの高級ロッドはどこどこが違う!」とロッドソムリエとして悦に浸るわけですが、実は他のメーカーで半分以下の値段で売られてる安物と中身は一緒という。
特に一昔前のバスバブルの頃は一部のメーカー(自称)がこういう事をやりすぎましたからね。
まぁ、メーカー(自称)としても1万の商品と5万の商品が利益率一緒ではやっていけないわけで、仮に1万のロッドが利益率35%だとすると、5万のロッドだと65%以上はないと商売になりませんよね。
リールなんかでも、おそらく原価数百円の違いで売価では1万円近く違うわけですから、さもありなんと言ったところですか。

編集 | 返信 | 
2016.01.10
Sun
22:15

アポロ #sSHoJftA

URL

No title

シマノのロッドでスパイラルXとハイパワーXを含むバスロッドとシーバスロッドでは相当な値段差があるのでバス用にディアルーナXRかブレニアスを検討しています バス用に実売2万でスパイラルXとハイパワーXを実装してほしいという愚痴ですけどねw

編集 | 返信 | 
2016.01.13
Wed
19:43

ぼらお #-

URL

Re: No title

> シマノのロッドでスパイラルXとハイパワーXを含むバスロッドとシーバスロッドでは相当な値段差があるのでバス用にディアルーナXRかブレニアスを検討しています バス用に実売2万でスパイラルXとハイパワーXを実装してほしいという愚痴ですけどねw

バスには無知なので意外なんですが、ディアルーナの最短モデルが8.6なんですけど流用できるもんなんですね。
と、思ってシマノのバスロッドを見たら・・・想像以上に高かったw

編集 | 返信 | 
2016.01.13
Wed
19:56

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 何故か伏字になっているところまで問題なく読めてしまいます(笑)
>
> あの謎の特殊構造に関しては動画を見たときにそれは特殊構造とは言わんだろと思いました
>
> それでも欲しくなってしまうのは釣り人の性なのでしょうか?w

欲しいと思ったが買い時です
いい買い物でもダメな買物でも、次のステップへの必要な体験と考えればいいんです。




・・・と、所有欲を煽ってみます

編集 | 返信 | 
2016.01.13
Wed
20:02

ぼらお #-

URL

Re: No title

> 工業品あるあるで、全く同じOEM商品のガワを変えただけで価格が倍以上違うとかやっぱりあるんだろうなと思います。
> それを買ったブランド志向のユーザーは、「うぅむ、さすがに○○社のこの高級ロッドはどこどこが違う!」とロッドソムリエとして悦に浸るわけですが、実は他のメーカーで半分以下の値段で売られてる安物と中身は一緒という。
> 特に一昔前のバスバブルの頃は一部のメーカー(自称)がこういう事をやりすぎましたからね。
> まぁ、メーカー(自称)としても1万の商品と5万の商品が利益率一緒ではやっていけないわけで、仮に1万のロッドが利益率35%だとすると、5万のロッドだと65%以上はないと商売になりませんよね。
> リールなんかでも、おそらく原価数百円の違いで売価では1万円近く違うわけですから、さもありなんと言ったところですか。


ロッドに関しての「技術のハッタリ」と「ガワの交換によるバリューアップ(笑)」がどこから来た文化なのか不思議に思っていたのですが、これ、300%淡水の・・・バスの文化ですよね。
グレ竿とか鮎竿には(全く無いとはいいませんが)あまりみうけられない。
とすると、この現象はユーザー側がそれを望み、メーカー側が望まれたものを与えた、ということなのかもしれません・・・
やっぱり釣り人の知性というものが大いに関係していると思いますよ(マジ顔)

編集 | 返信 | 
2016.01.13
Wed
20:44

ぼらお #-

URL

Re: う~む!!!

> いつもいつも、凄まじい情報量ですね?どこでマンコネルの価格やロット数を知るんですか?
> ところで、いまさら感があるやもですが、1人1日1カウンコが現時点で50万ちょい。
> 私のようにPC、スマホ両刀使いもいらっしゃるにして、かつシーバスアングラー以外のルアー使いが見に来ていらっしゃるとしても、相当数(私的には)ルアーアングラーっているんですね~。ルアーロッドの需要数も意外とあると良いですね?
> だってこんなブログに紳士淑女の皆様は見に来ないでしょうから!!!!(褒め言葉です。)

実はもっとあるべきだと思っていますw
うーん、2000UUの10000PVはあっていいはずなのに!!




やっぱりもっと使う言葉を選んだほうがいいのかな・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts