必須ではないけれど、買ってよかったアイテム集⑥ - ギア・ウェア・ガジェット

必須ではないけれど、買ってよかったアイテム集⑥

 14,2016 17:15
KIMG2011_20160114150130acc.jpg

はじめて買った”本物”の偏光グラス、はじめて買ったタレックス。

正直、もうこれ無しのデイゲームはムリです。考えられません。




偏光グラスなんて数千円からあるのに、このン万円するタレックスは何がいいの?
このお高いフレームは何が違うの?


と、言われれば・・・・


そうですね、具体的に例を挙げるとするならば:




水中の地形が見える・・・というかサラシの中のヒラスズキが見える

ホント、見えます。

自分が悩みに悩んで選んだレンズカラーは「万能」のトゥルービュースポーツですが、それでも水中がよくみえます。
もっとコントラストに特化したラスターブラウンやコパー系のカラーだと、びっくりするほど水中がよくみえます。

http://www.talex.co.jp/order/lineup

トゥルービュースポーツを選んだ理由は、日がまだ昇らない、光量が少ないマズメ時からの使用を考えたからでした。
これが結果オーライで、波が立ちやすい外海では水中を凝視することがありませんし、60mも80mも先に投げるのでそこまで「水の中!」に特化する意味はあまりなかったです。
もっと波の気がない湾内・干潟・河口・河川を重視した使用ならコントラスト系のカラーがいいでしょうね。

ハッキリいって、見え方が安物と違いすぎます。



こういうクリップオン式とか話になりません。
レンズの良し悪しもさることながら、フレームがどれだけ目とレンズの隙間を埋めてくれるかも大切です。
ジールオプティクスのVERO 2ndはその辺をよーく考えてあるせいか、バツグンの出来です。

ナブラを見つけるために水面を凝視し続けても特に負担にならない

DSCN0219.jpg

遮蔽物が無い海辺の太陽光って、地獄です。
目線が水平に近いサーフはまだ反射がマシで、磯や堤防といったある程度の高みから水面を見るのはホントきつい。
というか、ムリ。

いや、その「マシ」なサーフにしたって、日の出が海の真正面から上がるような地方だとムリです

DSCN0623_20160114150133578.jpg

福岡だと大抵は「右手後方」から太陽が上がるので、偏光グラスの類を使用していない人が結構いますが、他の地方では必需品である可能性のほうが高いです。


今の時期、シーズン開幕に向けてロッド/リールの新調を考えたり、釣具屋に行く度にルアーなどの小物を買ってしまいがちですが、こういう時こそ必須ではないけれど有ると格段に戦闘力が上がるモノを揃えたいですね。



VERO 2nd + トゥルービュースポーツの組み合わせ、「初めてのタレックス」としてオススメします。
関連記事


Comment 8

2016.01.14
Thu
21:17

貧弱 #-

URL

Ray-Banのメタルフレームがずり落ちる度

嗚呼 老けたなぁ…。
と痛感します。

(だって高かったんだもん)

編集 | 返信 | 
2016.01.14
Thu
23:07

フェラ井 #-

URL

私も、タレックスにしてからフィッシングライフが一変しました。なにより、釣行後の1時間半の運転が劇的に楽になりました。

フィッシャーマンの白内障発症率の高さの資料を読んだ翌日に、注文しました。ただ、極度の近眼ですので度の入ったタレックスだと総額5万円を越すので、購入にはそれなりの痛みも伴いますが…

編集 | 返信 | 
2016.01.14
Thu
23:44

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 私も、タレックスにしてからフィッシングライフが一変しました。なにより、釣行後の1時間半の運転が劇的に楽になりました。
>
> フィッシャーマンの白内障発症率の高さの資料を読んだ翌日に、注文しました。ただ、極度の近眼ですので度の入ったタレックスだと総額5万円を越すので、購入にはそれなりの痛みも伴いますが…

夏の日差しが残る磯でじっと海を見ながら機会をひたすら待つ・・・

こんな釣りをするようになってから、チャチなまがい物だと目を痛めるぞという危機感がわいてきました。

ホント買ってよかったです

編集 | 返信 | 
2016.01.14
Thu
23:47

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> Ray-Banのメタルフレームがずり落ちる度
>
> 嗚呼 老けたなぁ…。
> と痛感します。
>
> (だって高かったんだもん)

柔らかいプラ(樹脂?)性のフレームだと使用するにつれてあちらこちらに緩みが出るんですよね・・・
んで、微調整のメンテに持っていくのがちょっと面倒っす

編集 | 返信 | 
2016.01.18
Mon
09:05

カステラ #EYW6Ahq.

URL

初めまして

コメントさせて頂きます。
毎回更新記事を楽しみにしています。

前々からタレックスを欲しいと思っているんですが、高価だし必須アイテムではないのでやっすい偏光使っております。

ぼらおさんの記事を見て非常に購入意欲が出てきました!

ところで一つ質問させてください。
ヒラスズキ釣りを頑張ってると、サラシとラインが同調してどこを引いているか分からなくなる時が多々あります(汗)
そのラインも見えるでしょうか? すいません、変な質問を。。。

編集 | 返信 | 
2016.01.18
Mon
23:29

ぼらお #-

URL

Re: 初めまして

> コメントさせて頂きます。
> 毎回更新記事を楽しみにしています。
>
> 前々からタレックスを欲しいと思っているんですが、高価だし必須アイテムではないのでやっすい偏光使っております。
>
> ぼらおさんの記事を見て非常に購入意欲が出てきました!
>
> ところで一つ質問させてください。
> ヒラスズキ釣りを頑張ってると、サラシとラインが同調してどこを引いているか分からなくなる時が多々あります(汗)
> そのラインも見えるでしょうか? すいません、変な質問を。。。

人に詳しく教えるほどの知識は持っていませんが、おそらくPEの色とレンズの色の組み合わせによるのではないでしょうか?
なので断言することはできませんが、常識的にいえば間違いなくホワイトや薄いチャート系やライトブルーが一番溶け込みやすいはず。逆に濃いオレンジ・グリーン・ブルーなんかはコントラストがくっきりして見えやすくなるのでは。

光の反射を遮ることで理論上はラインがもっと見えやすくなるのは間違いないのですが、レンズカラーと光量(時間帯)によって「みやすい」「みやすくない」が変化するはずなので、その辺りは

https://www.gurasan.co.jp/home/list_06.php?fi_id=8
http://www.gurasan.co.jp/home/list_01.php?tx_id=2310

などを参考にしてみてください。

よく言われるセオリーとしては

トゥルービュー系(グレー)=オールラウンド
コントラスト系(オレンジ)=デイ
ブライト系(グリーン)=マズメ

こんな感じです。
自分のトゥルービュースポーツで光量の無いマズメだとPEの視認性に限っては低下しますが、もしかするとイーズグリーンなんかは見えやすくなったりするのかもしれません・・・

編集 | 返信 | 
2016.05.29
Sun
01:13

ぼらお信者 #-

URL

値段をみてびっくりしてしまい、いつか買おうなんて思ってる人は
安物でもいいから変更グラス買ってほしいですね。
ルアーとかラインとか積極的に買ってしまいがちですが
騙されたと思って変更グラスを買ってみてほしいものです。
だって見えてる世界が変わるんですから・・・。
無くても魚は釣れますが、あればもっともっと釣れますねw

編集 | 返信 | 
2016.05.29
Sun
18:30

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 値段をみてびっくりしてしまい、いつか買おうなんて思ってる人は
> 安物でもいいから変更グラス買ってほしいですね。
> ルアーとかラインとか積極的に買ってしまいがちですが
> 騙されたと思って変更グラスを買ってみてほしいものです。
> だって見えてる世界が変わるんですから・・・。
> 無くても魚は釣れますが、あればもっともっと釣れますねw


「世界が変わる」・・・まさに偏光グラスのビフォアアフターですね!
ベイトの有無やそのサイズ、シモリの位置やその形・・・

「釣れるのは決まってあの辺だけど、なんでだろう?」

みたいな疑問が一気に解決したりして、釣りが上達するきっかけになるかもしれませんね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts