釣りブログ論・再②(ブログサービス選び) - 釣りブログ道場

釣りブログ論・再②(ブログサービス選び)

 24,2016 00:01
PAK85_notepc20150319202127_TP_V.jpg


釣りブログ選び・・・もし今から釣りブログをスタートするならどこがいい・・・?

FC2?
ライブドア?
アメブロ?
ナチュラムブログ?





えー、いきなりの結論ですが:






1.ワードプレス
2.ライブドア
3.FC2

~一軍スタメンの壁~
4.ナチュラム
5.Blogger

~一軍登録の壁~
6.seesaa
7.アメブロ








それぞれ一長一短あるので、順位はまあ、適当ですが・・・大体こんなものだろうと思います。
上記以外のブログサービスを使った釣りブログは再考に値すると思います。

まず7位のアメブロから解説を。

アメブロの特徴はヘビーブロガーでなくとも読者を集めやすいという一点に尽きます。
逆を言えば、長所はそれだけ。
週2~3回、気張った内容じゃなくてゆる~く書きたいな、でも書くからには人に読まれたいな、的なスタンスだとアメブロが向いてます。
あ、あと「釣りブログ」という枠じゃなくて、「自分の生活ブログの一部としての釣り」という書き方にも向いているでしょう。
釣りブログの場合は淡水・・・ブラックバスブログが多いですね。
カスタマイズの自由度がないです。

4位のナチュラムブログ

簡単に言えば「釣りブログ」というジャンルに限るとアメブロの完全上位互換ブログでしょう。
釣り・アウトドアに強い集客力があるみたいです。
カスタマイズの自由度がないですが、その代わりにアフィリエイトにメリットがあります。
「ブログとかよくわかんないけど釣りは結構するよ、釣具代稼ぎたいよ」みたいな人にお勧め。

Bloggerの落とし穴

無料ブログサービスの中で広告が完全に無く、アフィも自由で、カスタマイズの自由度が高い・・・もうワードプレスの一歩手前じゃないか、いやワードプレスのような面倒な構築作業がいらないからスゲーじゃないかという話ですが・・・実は
・テンプレが少ない
・集客は完全に自力
という落とし穴があります。
例えばライブドアならライブドアというだけで常に「釣りカテゴリ新着記事」や「注目記事」などを経由した読者流入がみこめますが、Bloggerにはそういうのが一切なし。
独自の集客とカスタマイズに自信がある上級者向けです。
それさえクリアできるならFC2やライブドア並・・・あるいはそれ以上のブログサービス。

seesaaの場合

一見FC2やライブドア並の自由度があるように見えますが・・・・事実上、FC2の下位互換のようです。
FC2じゃなくてどうしてもseesaaを選ぶメリットを一つ挙げるとするなら・・・・まあ、1つのIDで複数のブログを同時並行的に運用できるという点ですかね(FC2は不可)。
seesaaだからこその集客も見込めません。






個人的に釣りブログを始めるのにオススメするのはライブドアかFC2。
その自由度、集客力、テンプレートの豊富さ、etc.etc.
今から釣りブログを始めるなら、この二択であるといって過言ではないでしょう。



理想はFC2やライブドアである程度の集客をしてからのワードプレス移行でしょうね。


FC2とライブドアどっちがいいの、という比較ですが・・・どっちにも問題点があって、こればかりはもう、人によりけりとしかいいようがないです。それくらいの僅差。
ただ一つ、どっちが初心者にフレンドリーなのかという点を考えると、ライブドアに軍配が上がる気がします。
FC2のインターフェイスはどう考えてもユーザーフレンドリーじゃない(苦笑)
ネットスキルに長けた上級者、あるいは集客力に自信がある文豪はイキナリBloggerやワードプレスから釣りブログの世界に突撃してもいいかもしれません。





まとめ:

ライトに書いて反応が欲しい:アメブロ
ブログのことよく分からないけど釣り具代稼ぎたい:ナチュラム
読まれるブログ構築に自信がある:Blogger
無難な選択:ライブドア・FC2
上級:ワードプレス




え、あ、ほら、あと一つ主要な釣りブログサービスなかったっけ?


f


f


fi...?


fomo?




・・・まあ、そんな感じの名前で、ブロガーの身分を華族・士族・平民みたいな露骨なランク分けしてるところありますよね。

それだけで気分が悪くなるので、普通の感覚を持っている人なら論外だと思いますが、純粋なブログサービスの機能からしても、集客力・カスタマイズ性・アフィ関連・・・その全てにおいて避けたほうがいいサービスであることは明らかです。


一番の問題点は書いた記事の著作権が運営者にあって、執筆者にないという点ですね。


なんで苦心して生み出したコンテンツの著作権を運営ごときに譲り渡さないといかんの?

すみません・・・それ、平民どころか奴隷じゃないですか?



③に続くかも・・・もしかしたら④までいく?
関連記事


Comment 0

Latest Posts