カムイ外伝~スガルの島~ - 読書

カムイ外伝~スガルの島~

 23,2016 19:31
KIMG6104.jpg


“ 忍者 × 鱸 ”


これだけでもう、読みたくて読みたくて仕方がない気持ちにならないですか?(笑)



「カムイ伝第一部」は「純粋娯楽」から距離を置いたスタンスで書かれ、そのテーマが”階級闘争”であったことと、書かれた時代背景もあって主人公であるカムイの忍者としての出番は限られていた。

「カムイ外伝」はそれを補完するかのように「純ニンジャ物」として誕生し、物語は常にカムイを軸に進行する。
が、それでもなお「マンガは少年向けでなければならない」という枷が存在した。

この「スガルの島」は“解き放たれた白土三平”のシリーズ第一弾、それまでの手塚チックな作風から作画をあらため、白土三平の弟である岡本鉄二が劇画調でカムイ外伝を“本物”に押し上げた。
言うなれば白土三平版の「鉄腕アトム・地上最大のロボット」
内容も手塚に比肩するレベルの漫画だと個人的には思っています。

因みにこのカムイ伝は「漁・釣り」がシリーズを通してよく描かれていますが、この「スガルの島」は鱸を扱った2つのエピソードのうちの1つ(全シリーズ持ってます!)。






殿様が自慢の愛馬に跨って狩りをするシーンからはじまり
その俊足ぶりに家来たちは「流石は殿の馬(イチジロという名)ですな~」的なベタなお世辞を口にしつつ、一行は休憩します

KIMG6106.jpg

世話係はイチジロの足に魚が集まることを不思議に思います

すると、どこからともなく男が現れ、いきなりイチジロの足を斧で斬りつけて殺害!
(ああ、可哀想なイチジロ・・・)
男はイチジロの足を欲していたのです!
「曲者でござるぞ~!」と、休憩中だった殿の手下に追われますが
たまたま一部始終を覗いていたカムイ(天才忍者・抜忍)は、その男に興味を覚えたのか忍術を使って男を助けます。

それからしばらくの後、助けた男と再会するカムイ。
男は漁師で、疑似餌の原料としてイチジロの足に目を付け、殿様の馬にも関わらずぶった斬って手に入れたのでした・・・

KIMG6107.jpg

山で生まれ育ったカムイは海に興味をし示し、漁に同行します

KIMG6109.jpg

まあ、この時代(江戸時代初期)にサスケ裂波120とレンジバイブがあれば連日入れ食いでしょう・・・
刀鍛冶・鉄砲鍛冶の冶金技術があればメタルジグと鉄板バイブくらいは作れるかも・・・?



リールはどうするんだ?

ご心配なく。

潜行板を使ったトローリング・・・
サワラ一本釣りなどで使われるメソッドですね。今でも普通に見かけます。

KIMG6111.jpg

シーバス!!

さすがは殿様の馬をぶった斬るリスクを取っただけあって爆釣!!
(イチジロちゃん・・・)


ところが・・・

ある一匹を掛けると・・・


KIMG6112.jpg



アッー!!









続きはこちらでどうぞ





まあ、カムイ伝を読むならバラ買いするよりは、全集をまとめ買いが絶対いいです
続きが読みたくて読みたくて日常生活に支障が出ますよw





関連記事


Comment 4

2016.01.23
Sat
23:39

 #-

URL

カムイ伝は知ってましたが読んだことはなかったです
弓ヅノは昔から青物とってたのは知ってましたがシーバスも釣ってたんですね
鹿児島ではエギングをやってたんでしょうか。
昔の日本のルアーフィッシング、興味深いですね

編集 | 返信 | 
2016.01.24
Sun
12:32

TKTN #SFo5/nok

URL

No title

昨年の秋、糸島のとあるゴロタ磯で起こった単発ボイルの正体を確かめる為に、弓角を通してみたら、一発で食ってきたのはヒラスズキでした。

スズキ=ミノー or ペンシル or ソフトベイト
弓角=古来の青物用の疑似餌

というイメージがあっただけに大変驚いたのですが、考えてみれば当たり前。
スズキはミノーだからペンシルだからと食っているわけではなく、食えそうだから食ってみただけなんですよねー。

編集 | 返信 | 
2016.01.25
Mon
12:22

ぼらお #-

URL

Re: No title

> 昨年の秋、糸島のとあるゴロタ磯で起こった単発ボイルの正体を確かめる為に、弓角を通してみたら、一発で食ってきたのはヒラスズキでした。
>
> スズキ=ミノー or ペンシル or ソフトベイト
> 弓角=古来の青物用の疑似餌
>
> というイメージがあっただけに大変驚いたのですが、考えてみれば当たり前。
> スズキはミノーだからペンシルだからと食っているわけではなく、食えそうだから食ってみただけなんですよねー。

ヒラスズキのフライフィッシングをみていると、「ぶりぶり小魚ライクな疑似餌を動かす」という行為は固定概念というか先入観に過ぎないって思えてきました。

編集 | 返信 | 
2016.01.25
Mon
12:31

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> カムイ伝は知ってましたが読んだことはなかったです
> 弓ヅノは昔から青物とってたのは知ってましたがシーバスも釣ってたんですね
> 鹿児島ではエギングをやってたんでしょうか。
> 昔の日本のルアーフィッシング、興味深いですね

おすすめですよ!

次は第二部の鱸エピソードを・・・いつか取り上げるかもしれません。

編集 | 返信 | 

Latest Posts