生存戦略・・・「つまり、釣れる」 - 日記・雑記

生存戦略・・・「つまり、釣れる」

 29,2016 19:03
WS000207.jpg


ま~たはじまった・・・

どうせ「女の写真を使うとPV数が上がる」

の証明実験をしてるんでしょ?



い、いや、ち、違いますよ!



某中古釣具店で時代物(といってもシーバスタックルの場合は大多数が精々15年程度の歴史だけれども)のタックルを眺めていると、まるでカンブリア紀の生物のような「イロモノタックル」に遭遇することがある。

たとえば・・・ゼニスの「陸戦型」シリーズのロッド。
ゼニスはシーバスロッドから撤退して久しく、自分としてもゼニスの製品に関しては知識はない。
知識はないが、異様なチョークガイドのフォルムが否が応でも目につく。

・・・・いや、そのガイド・・・「STFG(ストレスフリーガイド)」・・・は当時のゼニスにとって大真面目な「他にはない個性」を全面に出した生存戦略だったのだろう。
絡みやすいPEラインを扱うにはこのガイドが最適だと。機能性のためにそのフォルムになったと。
ただ、陸戦型のような「奇を衒った」趣向のタックルは淘汰される傾向にあって、陸戦型とSFGTガイドの「その後」を知る立場からすると、イロモノに突っ込んだリソースをもっとマシな事に使えなかったのかと首を傾げてしまう。

が、PEラインの普及が爆発的に広まった当時においては当然KガイドもKLガイドも存在せず、PE絡みの問題を解決するための選択肢としては結構「アリ」な考えだったのかもしれない。
というのも、今では全面的に否定されているローライドのチョークガイド搭載ロッドが「PE絡みを解決」なんて謳われて発売されていたのが陸戦型が登場した時代だ。ローライドのチョークガイドがアリなら、STFGガイドだってアリだろう。
要するに、結果からみてゼニスの独創的なチャレンジを笑うのは簡単だが、それは俯瞰することが許された歴史の観察者の特権にすぎないということ。
もしかしたらタックルというものは「環境に適応するように進化した」ものが勝者となるのではなく、「たまたま環境に適応していたものが生き残った」と考えるべき・・・つまりは進化論的な見方をするのがいいのかもしれない。






自分の年代層からすると内田裕也サンといえば”ロックンローラー”というよりは、ヤクザの誕生日に呼ばれて情けないタコ踊りを披露したオッサン・・・的な扱い。

でも正直な話、内田裕也サンのミュージシャンとしての実績を知っている人なんて、ホトンドいないでしょ?





個人的にはこの伝説のバンド



Flower Travellin' Bandをプロデュースしたのがその内田裕也サンだと知ってもなお、内田裕也サンをバカにできる人は居ないと思う。

※※信じられないかもしれませんが、これは1971年の純和製のバンドによる曲です※※



要するに・・・早すぎた



かぐや姫の「神田川」を聞いてしっとりするのが好きだった当時の日本人には理解できない音楽だった。





この「SATORI」を聴いて思うのは・・・・陳腐な表現だけれども・・・・素晴らしい才能は常に正しい評価をされるとは限らず、いい物は常に売れるとは限らないということ。
フラワー・トラヴェリン・バンドは当時の音楽シーンにおいてはゼニスの「陸戦型」だったのかもしれない・・・

ゼニスにしてもフラワー・トラヴェリン・バンドにしても、物事は「タイミング」次第でどうとでも変化するわけで、内田裕也サンもタコ踊りなんかしてないで日本のボブディランとして尊敬を一身に集める人になってたかもしれないし、STFGガイドもKガイド並の普及をしたかもしれない(いや、これはないかw)・・・フクザツですよね。

”物事は「タイミング」次第でどうとでも変化する”
これはもう、いいのに、よく釣れるのに、売れ行きがイマイチだからという理由で消えていくルアー達をみていれば、よ~くわかります。

スタッガリングスイマー
レイジー
モアザンエスラッシュ
etc.etc.



でもそこで「大衆の無知」「ユーザー側の無理解」を撤退の理由にするのはやはり間違いだと思う。

最終的には、やはり作った側が提供する物への説明責任を持つ。
説明責任とは、別に手取り足取りその価値、その良さ、その使い方を教えるべきだということではなく、物に対して高い説得力を付けることだ。
ルアーでいえば(仮に裂波とする)、裂波で釣らすことができなくても裂波というルアーの存在に説得力を持たせ、所有者を納得させさせることができたらそれでいい。

生存戦略とは製品の「革新性」に見出すものではなく、製品に付属する「高い説得力」に見出すべきじゃないかと、そう思う次第であります。





そういう訳で「高い説得力」を持つ動画の一つや二つでも探して、その”例”として記事の締めくくりに・・・・










!?








しよ・・・・う・・・・・







!?








・・・と・・
















!?







い、いや・・・自分が愛用するブランドBOUZプロダクションの動画を探していたつもりが・・・











WS000212.jpg

怪しいEDMのリズムにノッて出てくる綺麗なおねーさん・・・・



WS000209.jpg

怪しいEDMのリズムにノッて踊りだすおねーさん




WS000208.jpg

パーティーシーンは続き・・





(途中、ほんの僅かなおねーさん達の実釣シーンを挟んで)





WS000205.jpg






つまり、釣れる・・・!?








・・・マ、マジでっ!?










本気で言ってますが、この「BOZLES」(ボーズレス)というメーカーさんはこのスタイルのプロモーションを貫いてほしい。
マーケティング戦略として、生存戦略として、理論的には何一つ間違ったことはしてない。
綺麗なおねーさんがダンスミュージックにのって踊り狂い、メタルジグの販促をする。

これぞ21世紀のプロモーションじゃないですかっ!

つまり、売れる。

関連記事


Comment 16

2016.01.29
Fri
20:52

セイゴハンター #-

URL

いつも楽しくブログ拝見しております。
初コメです。

ユーロビートでは無く、いわゆるEDMだと思います。
自分的にはイケてるPVでした…

編集 | 返信 | 
2016.01.29
Fri
21:47

 #-

URL

ヒデヨシ、ノブナガはまじ釣れますよ
ほんとにボーズレス

編集 | 返信 | 
2016.01.29
Fri
22:14

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> いつも楽しくブログ拝見しております。
> 初コメです。
>
> ユーロビートでは無く、いわゆるEDMだと思います。
> 自分的にはイケてるPVでした…

ご指摘ありがとうございます!
訂正入れました!
いや、これはイケてますよ!

これだけ突き抜けてると下手な「釣りガール」を使ったプロモなんてメじゃないくらいのインパクトありますから!

編集 | 返信 | 
2016.01.29
Fri
22:15

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> ヒデヨシ、ノブナガはまじ釣れますよ
> ほんとにボーズレス


マジっすか・・・

つまり、釣れる

編集 | 返信 | 
2016.01.29
Fri
23:06

くろこげ #ftr86F3A

URL

ありゃりゃ

ランキング下がってますよ。

ビキニのお嬢さんが釣りまくる映像が必要です。

「ビキニで魚釣り」でググるとイロイロ楽しいです。

Satoriは、ストーンズが好きな私的には5年遅れたようにも感じました。

編集 | 返信 | 
2016.01.30
Sat
00:15

コットンキャンディ #-

URL

この動画みて爆笑しましたwww
実際は二日酔いの釣りは地獄ですよ…(震え声)

編集 | 返信 | 
2016.01.30
Sat
01:11

スイートフィッシュ #-

URL

いつも更新を楽しみにしています…
ゼニス陸戦型083…現在でも愛用しております…(笑)ストレスフリーガイド…どこかに在庫無いでしょうか?ご存知でしたら教えてください…

編集 | 返信 | 
2016.01.30
Sat
12:43

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> いつも更新を楽しみにしています…
> ゼニス陸戦型083…現在でも愛用しております…(笑)ストレスフリーガイド…どこかに在庫無いでしょうか?ご存知でしたら教えてください…

083かどうかは忘れましたが、タックル○リー早良店に置いてありましたよ。
あそこは何故かUFMウエダのソルティプラッガーがいっぱい置いてあるんですよねw
しかもコルク部分を見るに、相当な美品。

編集 | 返信 | 
2016.01.30
Sat
12:43

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> この動画みて爆笑しましたwww
> 実際は二日酔いの釣りは地獄ですよ…(震え声)

この動画が与えるインパクトは大ですよ!

編集 | 返信 | 
2016.01.30
Sat
12:52

ぼらお #-

URL

Re: ありゃりゃ

> Satoriは、ストーンズが好きな私的には5年遅れたようにも感じました。

1965年の日本のヒット曲

1位 君といつまでも 加山雄三
2位 涙の連絡船 都はるみ
3位 涙くんさようなら マヒナ・スターズ
4位 兄弟仁義 北島三郎
5位 ねむの木の子守唄 吉永小百合
6位 愛して愛して愛しちゃったのよ 田代美代子
和田弘とマヒナスターズ
7位 赤いグラス アイ・ジョージ、志摩ちなみ
8位 知りたくないの 菅原洋一
9位 二人の世界 石原裕次郎
10位 女ひとり デューク・エイセス

こんな時代の日本にローリングストーンズは生まれませんよw
ピンクフロイドのポスト・シドバレット期(アトミックマザーハートが1970)と殆ど同じ時代のなので、どれだけ日本のミュージックシーンで浮いていた存在かは想像がつきます。

編集 | 返信 | 
2016.02.01
Mon
00:03

スイートフィッシュ #-

URL

コメ返しありがとうございますm(_ _)m
あの特異なガイドが欲しくて…
やはり竿ごと入手しなくてはならないのでしょうね…

編集 | 返信 | 
2016.02.01
Mon
13:03

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> コメ返しありがとうございますm(_ _)m
> あの特異なガイドが欲しくて…
> やはり竿ごと入手しなくてはならないのでしょうね…

安いジャンク・・・「#2側だけ」なんかがオークション等で出まわっていれば或いは・・・

編集 | 返信 | 
2016.02.02
Tue
15:19

かとちゃん #-

URL

No title

メーカーさんが釣りたいのは魚じゃなくて客
それを端的にあらわしたものではないだろうか

編集 | 返信 | 
2016.02.03
Wed
00:58

ぼらお #-

URL

Re: No title

> メーカーさんが釣りたいのは魚じゃなくて客
> それを端的にあらわしたものではないだろうか

魚を釣る前に人を釣らないといけない!

ということを的確に分析し、認識している会社かもしれませんぞw

編集 | 返信 | 
2016.02.04
Thu
15:38

まっつー #-

URL

よくある「何のCMでしょうか?」問題みたいで最後までポカーンでしたw

BOUZってこういうブランドなんですね…(間違った認識)

編集 | 返信 | 
2016.02.04
Thu
17:38

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> よくある「何のCMでしょうか?」問題みたいで最後までポカーンでしたw
>
> BOUZってこういうブランドなんですね…(間違った認識)

物凄く間違っています・・・w

編集 | 返信 | 

Latest Posts