メイホウ リバーシブル145 - ギア・ウェア・ガジェット

メイホウ リバーシブル145

 10,2016 10:12
KIMG6187.jpg

好き嫌い(向き・不向き)がハッキリ分かれるルアーケース

利点は2つ

・ルアーの出し入れの際、フックが絡み合うことなくスムーズ

・終わったら丸ごと水洗いできて便利&フック代節約




メイホウリバーシブルはこの2点と引き換えに



・ガチャガチャうるさい音(ホントうるさいです)

・ルアーサイズの制限

・1ケースにつきルアー10個+2という低い収納性

・低いケース自体の格納性
(これがメインポケットに入らない、もしくは出し入れが不自由なライジャケは存在すると思います)


これらのデメリットを甘受できるかどうかが判断の分かれ目









http://www.meihokagaku.co.jp/products/detail.php?product_id=117


対面トライアングル構造。
両面タイプによりスペースを有効利用。
エギのシンカー部・ルアーのトリプルフックが
溝に収まるので、無駄なスペースを解消。
水抜きダクト付きで丸洗いも可能。


■サイズ 206×170×42mm
■素 材 ポリプロピレン
■対 応  エギ:3.5号クラス
  サイズ  ミノー:130mmクラス
※メーカーによっては対応しない場合があります



”145”という名前からして140mmミノーに対応してそうな印象を受けますが、これはあくまで内寸法であって実際には

ミノーならば目安として130mmまで

とされているので、この時点で既に140mmクラスのルアーは除外されることがわかります。


よって140mmクラスのルアーを多用するであろうロックショアアングラーにはこのケースは不向き。

昨今のサーフゲーム事情だと140mmクラスのミノーの使用は下火ではあるが、それでも矢張り、ロング&スリムのミノーはサーフルアーの定番の一角を占める・・・・・・なのでミノーを中心にサーフゲームを組み立てる人にも不向き。

ルアーは普通、対象とする魚やフィールドの特性にあわせて選び、ルアーケースはそれらのルアーを入れるものだけれども、このルアーケースはまず第一にルアーケースの制限ありきで、そこからルアーチョイスを行なうというやや本末転倒な感が漂う・・・

大きさのわりには数が入らないので、現場に持ってくルアーの種類と数をキチンと絞れているかも大切なポイント。
あれもこれも持っていきたいという人には明らかに向いていない。

メリットとデメリットをよく考えましょう・・・






突然ですが、収納可能なルアーチェック!









DSCN0843.jpg

フェイクベイツNL-I F125・・・余裕
エンゼルキッス140TW・・・テールのアイが引っ掛かってNG




DSCN0838.jpg

アイルマグネット145・・・やっぱりダメ




DSCN0841.jpg

サスケ裂波140・・・ギリギリセーフ
ペニーサック初代140・・・まさかっ!合格!

DSCN0842.jpg

・・・と思ったら蓋が閉じれずアウトw




DSCN0849.jpg

サルディナ127F・・・オッケー
タイドミノースリム140F・・・オッケー
ザブラシステムミノー139F・・・オッケー





DSCN0847.jpg

X-140SW・・・あれ?意外なNG




DSCN0844.jpg

タイドミノースリムフライヤー140・・・スリムはよくてもフライヤーはダメ




DSCN0845.jpg

サイレントアサシン140F・・・これもダメ




DSCN0846.jpg

スンマセン・・・ちょっとワルノリしました








DSCN0851_2016021009265978e.jpg

因みにハウレイ110が入っているところが「10+2」と形容した「2」のところ。
他の収納スペースの半分しかないので、ハウレイのような相当な細身のルアーかメタルジグくらいしか入りません。


メイホウリバーシブルのライバルはやはりメイホウのVW-2010シリーズ。
特にこのVW-2010ND-Tは自分の主力ケース。
最大三分割・・・縦のパーティションは取り外し可能、横は固定。
このケースも三分割時には140mmサイズのルアーの収納が不可能だが、縦のパーティションを取り払えば一応可能。
(ただし、140mmを多く入れるのは適してないので、140mmを多く入れたいなら仕切りがまったくない2010ND-Mが必要となります)

KIMG4180_201602100950098ba.jpg

KIMG2310_201602100959089b0.jpg



結局は何事も適材適所・・・運用次第ですね
シマノやパズデザインには2010ND-Tや3010NDクラスのケースが1つのメインポケットにつき2個収容可能なライジャケも存在するので、右のポケットにリバーシブル145を1個、左のポケットには2010/3010を2個・・・そういう感じで運用すれば共存した使い分けが可能です。


関連記事


Comment 2

2016.02.10
Wed
15:23

貧弱 #-

URL

もう蓋にスリット入れてサンルーフみたいにしたらええねん
…では意味ないですよね。

編集 | 返信 | 
2016.02.12
Fri
21:18

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> もう蓋にスリット入れてサンルーフみたいにしたらええねん
> …では意味ないですよね。

フックがケースから出たらヤな感じになるんですよ・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts