フキノトウ採取に成功 - スロー散歩

フキノトウ採取に成功

 02,2016 12:32
140327st05.jpg


前回の失敗の反省を踏まえて、計画的にフキノトウを探すことにする。
http://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-811.html

というのも、もうシーズンも終わりかと諦めていたある日、食べ頃のフキノトウがポコポコ突き出ているのを発見(人様の所有地)・・・なんだ、まだ採れるじゃんと。

ピンチに陥った時こそ、アウトドア精神の真価が問われる。
最後まで諦めてはいけない。


そういうわけで、そのフキノトウが生えていた条件(北向き・日陰)を考えてなるべく寒そうな所・・・つまり山へ出発

300mもない小山だけれど、小さな沢があってそれに期待

DSCN0853.jpg




DSCN0858.jpg


・・・どうやらフキは水のそばを好むらしく、沢の存在には期待したが・・・沢の付近は無い。

仕方ないので山の中腹の日当たりの良さそうなところを探して歩く。


DSCN0854.jpg


DSCN0855.jpg


杉が綺麗に手入れされているので日当たりはいいが、人の手が入っているということは、ここにはないだろう・・・







DSCN0857.jpg

シダ系の芽が息吹く
自分の山菜カレンダーによるとゼンマイ・ワラビはもっと後(タケノコ前後)なので、多分これは違う





DSCN0860.jpg

結局登頂してしまった・・・

山ガールなどという姿は発見できず、どこ歩いても山婆・山爺の集団ばかり。

自発的に姥捨て山に登ろうとするのは殊勝な心掛けだけれども、この福岡近郊の小さな山じゃなくてもっと田舎の大きな山に行かないと意味がないですぞ・・・







山を降りて第二スポットへ
(山がダメだったときの事も考えてあるのだ)


今度は川辺りの土手を探しながら歩くという古典的な戦術。

だけれども、この戦術は時期的にアウト(遅すぎる)のようで、すこし探し歩いて撤退。




第三のスポットは前回行った↓ここ


目をつけていたフキの群生が全部消えてた(泣)

というか、その群生が唯一知っている採取可能な場所のフキだったんです!

虎の子だったんです!



誰かが既に採取しつくした後とはいえ、一つの株も見当たらないというのは不自然過ぎる。

もしかして今年は微妙に場所をずらして地上に出ているのかもしれないと思って入念に調査することしばし・・・





うほおおおおおおおおおお





DSCN0864.jpg






あ、あった・・・






DSCN0862.jpg






あった!






DSCN0863.jpg






あった!






DSCN0865.jpg





veni, vidi, vici. (ワレ来タリ ワレ見タリ ワレ勝テリ)





全部トウが立ってしまっているけれど、これはこれで佃煮にすると美味い。
天麩羅は来年味わうことにしよう!








KIMG6254.jpg


因みにですが、どうしていつも写真はここまで(料理する直前)で料理中や完成した料理の写真はないのかというと・・・

①料理を作るのに集中するため
②料理を食べるのに集中するため

まあ、楽しい時間をブログの素材集めのためにあまりセコセコしたくないということです^p^

関連記事


Comment 6

2016.03.02
Wed
21:36

にしむら #Xp31twOs

URL

蕗の薹収穫おめでとうございます。
こちら雪に閉ざされた東北はようやく蕗の薹が芽吹き始めた頃です。
蕗の薹っていざ採ろうと思っても山にはなかなかなく他人ん家の生け垣にごっそりあったりするんですよね。
杉林にはそもそも群生しないように思います。広葉樹の下に群生しますよね。

編集 | 返信 | 
2016.03.02
Wed
22:45

蟹 #-

URL

ばっけ採りですね。水気がある傾斜をポイントだと思ってます。開ききってますが、苦味が出る分これはこれでウマイですよね。
僕の住んでる地域ではまだ先ですが…ばっけ味噌・天麩羅にして春に食べてます。
タラの芽を厳寒期に促成させ食べたときがあります。室内の陽当たりの良い場所におくと真冬に芽が開き、一足早く食べれます。
天然物より苦味・香りは少ないですが、一足先に春を感じれますw

編集 | 返信 | 
2016.03.03
Thu
00:20

くろこげ #ftr86F3A

URL

3月は山女魚

この景色、住宅増えましたね。

背振や三瀬方面にいくと沢の斜面によく生えているそうなんですが、沢に降りてしまうとそんなことはすっかり忘れて、魚影を探して殺気立ってしまいます。

山へ行っても、新婚旅行でも、釣り竿を手放せませんが、ぼらおさんを見習って、たまには山菜を探してみます。

編集 | 返信 | 
2016.03.13
Sun
15:25

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 蕗の薹収穫おめでとうございます。
> こちら雪に閉ざされた東北はようやく蕗の薹が芽吹き始めた頃です。
> 蕗の薹っていざ採ろうと思っても山にはなかなかなく他人ん家の生け垣にごっそりあったりするんですよね。
> 杉林にはそもそも群生しないように思います。広葉樹の下に群生しますよね。

民家の敷地は多いですねーw

かくいう自分もフキの生える家で育ったので、フキなんかどこでも生えてるダロくらいにしか思っていませんでした・・・

実は野生のフキは結構希少ということですね

編集 | 返信 | 
2016.03.13
Sun
15:26

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 水気がある傾斜をポイント


む、いいこと聞いた・・・

というか、そのポイントはドンピシャでこれです

編集 | 返信 | 
2016.03.13
Sun
15:34

ぼらお #-

URL

Re: 3月は山女魚

> この景色、住宅増えましたね。
>
> 背振や三瀬方面にいくと沢の斜面によく生えているそうなんですが、沢に降りてしまうとそんなことはすっかり忘れて、魚影を探して殺気立ってしまいます。
>
> 山へ行っても、新婚旅行でも、釣り竿を手放せませんが、ぼらおさんを見習って、たまには山菜を探してみます。

食べ物を無から取ってくるって結構尊敬されますよw

編集 | 返信 | 

Latest Posts