iLure シーバス フィッシュグリップ インプレ - フィッシュグリップ・プライヤー

iLure シーバス フィッシュグリップ インプレ

 17,2016 15:07
KIMG6281.jpg


みんな大好きなフィッシュグリップ・・・実はこの「フィッシュグリップ」というジャンルのアイテムは、このブログの検索ワードとして常に上位に食い込むほど人気なんですね。
シーバサーのアイコン的なアイテムなのかもしれません・・・他の釣りではあまり使わないですしね。

ほんの少し前まではドレスのグラスパーシリーズか、スタジオオーシャンマークのオーシャングリップ、それか本家本元のボガグリップしか選択肢がなく、その価格がン万円もする「高級嗜好品」とされていましたが、金型を中国に流出させたのが運の尽き・・・ホンモノと寸分違わぬ(実際は訴訟回避のためにわざと「寸分違える」仕様になってます)高精度のフィッシュグリップが廉価で手に入るにようになりました。


2年ほどパクリグラスパーを愛用していましたが、年初になんとなくパクリオーシャングリップを買ってしまい、最近になってようやく実戦で使う事があったのでインプレしてみます。

DSCN0874_20160317141014278.jpg








KIMG6282.jpg


まず気になるのが謎の中華トレードマーク・・・



うーん・・・



無いほうがイイけど、許容範囲だと思う。



だって、これよりマシっしょ。

これより・・・w


KIMG0327_201603171418282f8.jpg



” 釣 之 屋 ”



^p^・・・





そういうわけで、ビジュアル面は合格





次にトリガーのスムーズさを調べてみると・・・

おおっ・・・ビビるくらい軽くスムーズ。

いいグリスを使ってることがすぐに分かるし、構造上、引きっぱなしでもトリガーが非常に軽い。

パクリグラスパーのほうがスプリングを抑えるための指力が必要で、長時間の開口は指が痛くなるのと対照的。

因みにグリップの開く口の大きさはパクリオーシャンもパクリグラスパーもまったく同じ。






ただし、このパクリオーシャンには弱点がある・・・




KIMG6284.jpg




この赤丸の部分はフレームに挟まれたアルミ金具で、人間工学に基いて手のひらで握った際にグリップを良くするパーツ・・・ではなく、実用性は皆無のアクセサリー。

ぶっちゃけ、これは握り心地が悪い。

何を意図してこの突起を付けたのか理解できるが、その用途をまるで成していない。

無いほうがマシ。

・・・というわけで

2mmの6角レンチを使って4つの締具を撤去



KIMG6292.jpg



うむ


因みにそのパーツの部品を使って穴を埋めることは可能ですが、面倒なのでしません(強度的には埋めたほうがいいかも・・・程度の問題)




さて、もう一度パクリグラスパーの比較をしていきます


実用性
パクリオーシャン ○
パクリグラスパー ○
どちらも合格というかホンモノ級の精度

マウス&トリガー
パクリオーシャン ○
パクリグラスパー △
開口部位は互角だが、トリガーの軽さはオーシャンに軍配

グリップ
パクリオーシャン △
パクリグラスパー ○
オーシャンはでっぱり金具を除去しないとイライラすること間違いなし・・・
グラスパーは折りたたみ式ですらグリップ性のことをよく考えていることがよくわかる

携帯性
パクリオーシャン ○
パクリグラスパー ○
重量は殆ど同じ
オーシャンはスパイラルコード付きで192g
グラスパーは193g
グラスパーは折りたためるが、オーシャンは折りたたみ不可・・・ただし、自分の経験からすると折り畳んだ状態から使うことは無い。
付属のケースに入れて持ち運ぶことなども無く、普通はD管にぶら下げる(+スパイラルコードで落下防止)だけ。
オーシャンに付属しているスパイラルコードは実は中々嬉しいオマケ。

デザイン
パクリオーシャン ○
パクリグラスパー ○
オーシャンに軍配
ただし、グラスパーは派生型が多く、ロゴが一切入っていないモデルも存在する・・・特にグラスパーマチェットタイプは最高に格好いい。

値段
パクリオーシャン △
パクリグラスパー ○
グラスパーは輸入業者によってピンキリだが安ければ3000円台からあるらしい。
最高額でマチェットタイプの8000円
オーシャンは4500~5000円。




結論を書くと・・・

うん、このグリップは悪くないです。

人様にオススメできます。

特にトリガーの軽さは驚嘆に値しますね。


購入の際の比較対象となるパクリグラスパーとくらべると・・・・それぞれ一長一短で、ぶっちゃけて言えば「外観の好み」で選んでOKです。どちらも失敗はありません。

パクリグラスパーは弾数が豊富で輸入業者の数ほどカラーリングや細部の仕様違いのモデルが存在しますが、全部同じカタチというのは没個性ですよね。
その点、このiLureのシルエットは希少性があってよりレアなフィッシュグリップといえるでしょう。
ところで”iLure”ってなんだよと言いたくなるかもしれませんが、そこは、まあ、値段が値段なので目をつぶりましょう・・・

自分が今からフィッシュグリップを買うならこのグリップかパクリグラスパーのマチェットタイプ(非折りたたみ式)のどちらかですネ。はい。







関連記事


Comment 0

Latest Posts