シーバスルアーのお勧めカラー 「チャートパール」 - 初心者のためのシーバスルアー

シーバスルアーのお勧めカラー 「チャートパール」

 07,2016 18:44
DSCN1001.jpg


夜のカラーセレクトに迷ったらコレ、「チャート(&オレンジベリー)パール」


初心者から上級者までみんなが大好きなカラーです。


恐らくは同じパール系のレッドヘッドパールと双璧を成すカラー・・・いや、最近ではチャートパールが最強のパール系カラーとして君臨していると思います。


何故このカラーが良いのか、何故このカラーが釣れるカラーなのかといえば・・・


DSCN1002.jpg




ズバリ、バックのチャートがボディのパールを引き締め、コントラストが冴えるようになるから。


ルアーのカラーを考える際に外してはいけないのが「バックとボディ(とベリー)の色のコントラスト」という概念。


シーバスはルアーを下から見上げる場合が多いので、ルアーの背(バック)のカラーは何でもいいというのは半分正しく、半分間違いで、バックのカラーはアピール力の違いにしっかり影響しています・・・・どんなルアーもアクションにローリングが混じるので、横から、あるいは、斜め下から動くルアーを見るとバックのカラーもちゃんと見えてるんですよね。


KIMG0915a.jpg


つまり、パール地にラインが一本入っているだけで、ローリングがより強調されるということなんです。


コンスタンギーコやオールパール+レッドorオレンジorピンクベリーのカラーもアイデアは一緒。


完全なるパールホワイトだとアクションがのっぺり平坦な感じになって折角のローリングの効果が半減する、という理屈です。


なのでチャートパールのルアーはこのように


DSCN1003.jpg


オレンジベリーにしてコントラストの強調を助けている場合が多いです。


膨張色であるパールホワイト地がルアーの視認性を高め、チャートバック(とオレンジベリー)が弱ったベイトであることをアピールし、他のカラーよりバイトされやすくなるという訳ですね。


ちなみに「チャートリュース」という言葉は「Chartreuse(シャルトリューズ)」というフランスのリキュールが語源。
wikipedia
このお酒の色が緑と黄色の怪しげなカラーをしていたので、転じて色彩の名称になったそうです。


余談ですが、自分の持つ全ルアー中、最大数を誇る派閥です。
もしからしたら(というかほぼ間違いなく)一番釣ったカラーかも。
初心者がルアー購入の際に迷ったら、(デイゲーム用でなかったら)とりあえず、コレ。
間違いなく最強カラーです。

適性:




KIMG1394a.jpg





関連記事


Comment 6

2016.04.07
Thu
21:13

AK #-

URL

おつかれさまです
凄い知識の量ですね!
感心します(^O^)
最近は、例の島で連敗中です
ヒラマサさんに居留守を使われてるようです(≧∇≦)

編集 | 返信 | 
2016.04.08
Fri
02:17

貧弱 #-

URL

この黄白橙の配色が何で多いのか、
釣行の度に考えつつ帰る頃には忘れてました。

オレンジベリーは昔からの定番ですから
職人さんが惰性で塗ってるとか
テケトーに受け止めてましたが、そうではないんですね。

いつもクラウンライムとかを無為に選んでたので、
今後はちょっと意識して手に取るようにします。
ありがとうございます。

編集 | 返信 | 
2016.04.09
Sat
00:08

初心者8 年目 #-

URL

こんばんは。

自分が持っているシーバス用とされているルアーは百個どころではありませんが、おそらくその85パーセントは「ボラ」や「イナッコ」カラーです…
好きなカラーの系統はどうしても個数が増えますね。

以前釣り場で出会った、とあるシーバサーにタックルボックスを見せてもらったことがあるのですが、ルアーは一つの例外もなく全てチャートバックパールオレンジベリーでした。
しかもそのシーバサーは
「このカラーしか釣れないんだよ」
と豪語しておりました。
それを聞いた自分は心の中で、
『そのカラーしか持ってきてねーならそのカラーでしか釣れねーのは当たり前だろうがっ‼(笑)』
とツッコミを入れてしまい…。

編集 | 返信 | 
2016.04.09
Sat
08:35

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> おつかれさまです
> 凄い知識の量ですね!
> 感心します(^O^)
> 最近は、例の島で連敗中です
> ヒラマサさんに居留守を使われてるようです(≧∇≦)

あそこは行きたいですのう・・・というか、近々行きますw

マサさん釣りたいし、ヒラさんも釣りたい・・・

ロッドをへし曲げるような大物の感触が懐かしい・・・

編集 | 返信 | 
2016.04.09
Sat
08:55

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> こんばんは。
>
> 自分が持っているシーバス用とされているルアーは百個どころではありませんが、おそらくその85パーセントは「ボラ」や「イナッコ」カラーです…
> 好きなカラーの系統はどうしても個数が増えますね。
>
> 以前釣り場で出会った、とあるシーバサーにタックルボックスを見せてもらったことがあるのですが、ルアーは一つの例外もなく全てチャートバックパールオレンジベリーでした。
> しかもそのシーバサーは
> 「このカラーしか釣れないんだよ」
> と豪語しておりました。
> それを聞いた自分は心の中で、
> 『そのカラーしか持ってきてねーならそのカラーでしか釣れねーのは当たり前だろうがっ‼(笑)』
> とツッコミを入れてしまい…。


自分もイナッコ/ボラカラーを結構持ってるんですが、何故かルアーケースから取り出すときには無視して他のカラーを選んでしましますw

自己分析すると、頭ではカラーバリエーションを揃えるためにボラカラーを買うには買うけれど、現場ではそういう理屈っぽいことは忘れてしまって好きなカラーに手が伸びてるんだと思います。

その御仁はもう開き直っているんでしょうね(笑)

笹濁りを越えた濁りや、逆に透明度が高過ぎる澄み潮だとパール系はちょっと苦手な気もしますが、その方は「絶対釣れるカラーを使ったのに釣れなかった=魚が居なかった」と変換されるのであるいみ幸せなのかもしれません。

編集 | 返信 | 
2016.04.09
Sat
08:58

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> この黄白橙の配色が何で多いのか、
> 釣行の度に考えつつ帰る頃には忘れてました。
>
> オレンジベリーは昔からの定番ですから
> 職人さんが惰性で塗ってるとか
> テケトーに受け止めてましたが、そうではないんですね。
>
> いつもクラウンライムとかを無為に選んでたので、
> 今後はちょっと意識して手に取るようにします。
> ありがとうございます。

本当は背のチャートをそのまま腹にも一直線塗れば同じ効果が得られるはず(いわゆるチャートサンド)です。
が、やっぱりオレンジベリーはオレンジベリーで人間からの絶大なる支持があるので、もう変わることがない定番といえるでしょうね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts