水温 一瞬の時合 ローリングベイト - 2016年釣行記

水温 一瞬の時合 ローリングベイト

 14,2016 10:26
DSCN1161.jpg



入ろうとおもった場所に先行者がいるのが遠目からわかった。


そこに入るのはよそうと思った。


先行者の存在そのものよりは、そのヘッドライトの使い方がヤバそうで・・・




そこで予定を変更して回遊待ちの釣りではなくストラクチャー撃ちに変更する。


ストラクチャー撃ちといっても、実は回遊待ちの釣り。


投げたい気持ちを抑え、潮が動いて流れがハッキリ出るのを見計らってシンペンやミノーで流すか、バイブで撃つかして「特等席」に寄るであろう個体を狙う。


こういう釣りで面白いのは、1つのストラクチャーから何連続も釣れることがある(そこにずっと居着いているわけではなく、回遊の合間のフィーディングスポットとして群れが入るから)という点と、釣り終わったあとにしばらく休ませておくと違う魚が入ってくることがあるという点。


残念ながら福岡では一部のエリアを除いては「橋脚を数回撃っては見切って次の橋脚へ・・・」みたいなステレオタイプのフィネスなランガンゲームは成立しない。


その一部のエリアにしたって、アングラー密度が高いので結局は一箇所で粘るハメになることが多いので、ネットで仕入れた知識(『フィネスなランガン』は主に東京湾や大阪湾などの常識であって、流入河川が少ないうえにトンデモなく浅い博多湾では中々ストレートに『常識』を転用できない)と現実が乖離していることに気づかされることになる。



それならば、人が少ない場所の人が竿を出さないようなコンディションで回遊を研究するのは・・・・価値がある。



もしかしたら他所の事情は違ったりするかもしれませんが・・・・博多湾で結果を残し続けている人は、流れを釣っているか、ベイトを釣っている。



セイゴ・フッコ・スズキのようにアングラーも

場所を釣っている

流れを釣っている

ベイトを釣っている

こんな形で出世していると思う(笑)



言うまでもなく「ベイトを釣る」というのが一番ムズカシイ。


勿論、流れとベイトは密接な関係にあって、切り離して考えるのは中々難しいことだけれども・・・


流れは・・・これは、もう、出る。

出るに決まってるので、あとはその流れに身を任せるだけw

流れがあって、ベイトが流されていれば、シーバスもいる。

流れを知る、流れを読むことに技量は関係するが、その釣りはやや受動的なものといえる。


それにくらべて流れ本位でなくベイト本位でシーバスを追うのはムズカシイ。

様々なベイトの出現パターンを一年を通して把握する、次のベイトが居る場所を探りあてるというのは技量云々だけでは無理で、膨大なデータが要る。

時には流れを、時には釣れるとわかっている雑魚サイズをも切り捨てて、自分が釣りたい魚が付くベイトを探す・・・能動的な釣り。

ベイト本位でシーバスを追えるようになると、アベレージサイズが飛躍的にアップする。

残念なことに、今の自分の「ベイト本位の釣り」というのはレパートリーが少なく限定的で、口が裂けても「ベイトを釣る釣りをしています」なんて言えません。

自分もいつかはその境地に到達したいとは思うけれど・・・









そういうわけで、今はまだ流れを釣る釣り。


上げの流れがかなり強くなったので、まずは目標に向けてセオリー通りのU字ドリフトから。


よく考えると『目標』が見えているドリフトって久しぶりでちょっと緊張(笑)


スタスイ100が流され過ぎてドリフトをコントロールできないので、エリア10EVOで水中をヌル~っとした感じで泳ぐ姿をイメージする。


無反応。


しばらく待ってからペニーサック99に変える。


無反応。


ドリフトより直撃がいいかもしれないので、バイブにチェンジ。


角度を変えて数回ずつ打ち込むが、これも無反応。



やっぱり直撃より流すほうがいいかな?
多分、この上げの急流が萎んだら今日は終わりだから、次のルアーが多分最後。
ミノー類にはちょっと流れが速すぎてコントロールしずらいので、ローリングベイト77。


目標よりほんのすこし奥に投げて、ちょっと沈めて巻いたら・・・





ゴンッ!



っ!

(フワっ・・・)

あっ・・・



根掛かり回避のためにダブルフックがダメだったのかも、ね。


フォローのために冷音14gをギリギリに投げること数回、ストラクチャーで擦れたリーダーが切れてしまってリーダーを組み直して水面をみると流れが完全に緩んでいて、そこで終戦。



帰路でスタスイ80を適当に投げたらセイゴが1匹掛かった。


適当に、雑に、巻いていたら10mくらいのところでフックアウトした。


水は数日前よりとても冷たかった。



使ったルアーズ:

DSCN1160.jpg

殉職:冷音14g


関連記事


Comment 3

2016.04.14
Thu
22:44

ぼらお信者 #-

URL

地震だいじょうぶですか?

編集 | 返信 | 
2016.04.14
Thu
23:14

エイジ #-

URL

大変な地震ですね。博多の方は大丈夫と思いますがくれぐれもご注意ください。

編集 | 返信 | 
2016.04.15
Fri
10:14

貧弱 #-

URL

No title

震度4と聞き、博多はそこまで被害がないと思われますが、
テクトロしながら『ふと思い立って遠征』をされてないことを願います。

ベイトがハッキリ識別できれば水深が浅かろうと流れが淀んでいようと
ダム湖やリザーバーのようなストラクチャー撃ちは効果大ですが、
嘘でも博多湾河口部のシブさを経験したので(メッチャ浅いし)難しいですよね。

そう考えると地元の川って恵まれてるなぁ…。
やっぱスピニングタックル、要るよなぁ…。
モヨリノ キョウキャクマデ ●rz ゴジュウメートル

編集 | 返信 | 

Latest Posts