疑心暗鬼 - 2016年釣行記

疑心暗鬼

 22,2016 05:05
DSCN1671.jpg


夕マズメからのスタート。


日が出てるとバイブの早巻きくらいしかすることがない。


が、場を荒らしたくないので、あえてバイブは使わない。


いや、それどころか、ルアーも投げない。


静かに日没を待ち、上げ潮の姿が現れるのを待つ。





・・・・な~んて書くと

すげー玄人臭が出て悦に浸れますよね!

いや、まあ、無駄に撃つくらいならxvideosでも観てたほうがマシというのはホントですけどね。

ぼくちんはこういう時(日が出ている・潮位がまだまだ・底が見えるくらいの澄み潮)は水底地形の調査を入念にして、当日のみならず「その後」のヒントをゲットすることを意識しています。

たとえば水底観察・・・




この写真にカニがいるの、わかります?


DSCN1672.jpg



DSCN1673.jpg

これは多分、モクズガニの死体(直後に中型エイがそばを通り過ぎたのにこのカニを無視した)。

先日の雨で流され死んだ個体だと思う。

このサイズのカニを食える捕食者は限られているけれど、ポイントはそこにあるのではなく、「このサイズのカニですら流されてきた」というところにある。

もっと小さなカニも当然流されてきてるだろうし、このように死んでしまった個体もあれば、生き延びてこの新天地で生活を始めるカニ・・・いや、ここでは【甲殻類】としよう・・・もきっといるはず。




つまりこの構図を単純化すると「このフィールドの甲殻類密度が増えた」ということになる。




ハクもいるだろうし、イナもいるだろう。

バチが出るかもしれないし、甲殻類は確実に存在する。

ここで何を言いたいのかといえば、キャスティング技術を向上させてルアーの飛距離を伸ばすとか、キャスト精度を穴撃ちOKのドンピシャに上げるとか、トゥイッチングが上手とか、そんなこと(失礼)より、シーバス釣りにおいては「観察力」のほうが遥かに大切だということ。

ヒントはそこら中に転がっているけれど、「ルアーでシーバスの口に針を引っ掛けて釣りたい」とだけ願う近視眼的な視野ではシーバスとの距離は縮まらないということですナ(ドヤァ)



・・・・この形而上学的な視点の語り、上級者っぽくないッスか?


あ、もちろん観察が終わったらxvideosを観てました イエーイ!















潮を、待つ。





潮を、辛抱強く待つ。





潮を・・・












気がつたら満潮時刻で一回も流れが出ませんでした













いや、まぁ、ジワジワとただ水位だけが上がる日(もしくは下がる日)ってありますよ。


高気圧だと、気圧が水面を押して動きにフタをしますからね。


でも、ほら、哲学的な釣り・・・「投げない釣り」をしてドヤっていたぼくちんの立つ瀬がないじゃないですか。


こうなるともう、見境も節操もなく投げるしかないわけです。



イナッコが特定の水面を賑わせているけれど、多分そのイナッコの群れには何もついていない。

群れが大きすぎて、セイゴ・フッコの小スクールだと怖くて近づけないのだと思う。

こういう規模のベイトが狂ったように逃げ惑うのはスズキサイズの大スクールが突っ込んできたときだけ。

群れの端々で何度か波紋が起きるのはスズキかフッコの単体が群れの末端を食っているというパターンで、それを狙って釣るのは相当難しい。

よってイナッコは無視する。




DSCN1690.jpg



エリア10(ホロキャンディー)

マニック75

ハウレイ110

マニック115

フィール120

ヤルキスティック78?93?・・・拾ったルアーなのでわかんない

マニック95

エリア10EVO



何投げても無反応だったが、ヤルキスティックに変えた途端に反応が出た。

シングルフックの地獄掛け仕様にしているけれど、ホントに乗ってくれない。

ルアーの接触回数でいえば二桁に届くくらいあるのに・・・

ルアーを替えたくなる衝動に駆られるけど、「ヤルキスティックのシングルだから乗らない」のではなく「ヤルキスティックのシングルだからバイト未遂が多数ある」という解釈を行う。

接触はあるけれど乗らないということはトレースコースが悪いんだな、と思って、立ち位置をバイトゾーンの目の前から大幅に下流側へと変える。

すると途端に、今まで乗ることのなかったバイトが、強烈なクリーンヒットに変換された。

・・・が、フッキング入れてからほんの数秒後にエラ洗いバラし。

すぐさま同じトレースコースを意識して投げると、再度なかなかの感触のバイトがあった。

・・・これはフッキングしなかった。

多分60前後の群れが入ってきたのだと思う。

惜しかったが、反応はまだ続いているので問題はない。



が、またもやルアーへの接触だけでクリーンなバイトが起きなくなった。

今度はトレースコースの問題ではない。


何故?

どうして?


何がいけないのかわからず疑念に駆られながらも、やっとのことでセイゴ1匹を釣りあげる。

かなり嬉しかった。


DSCN1678.jpg


ベイトが流れてくるまでずっと待ってる横着な食べ方してるのかな?

ということはハクっすか・・・?

しかし、その直後に


DSCN1680.jpg


手のひらサイズのキビレ・・・


DSCN1679.jpg


確かにこのアタリ方・・・キビレっぽいアタリは相当あった気がする。

じゃあ水中ではシーバスとキビレが相当混じってる・・・?

トレースコースの差じゃなくてキビレとシーバスの違いだった?






それまであったルアーへの接触がシーバスのものだったのかキビレのものだったのか、疑いだしたらキリがなくなってしまい、なかなかのカオスっぷりに。

それはそれで面白いけれど・・・もうあまり時間がない。

(この日は時間制限付きだし、どうせもうすぐ僅かながらも動いている潮が止まる)











このキビレをリリースする際に水中を照らしたら(もちろん岸側を向いてます)、その光に誘われて4~6cmのクネクネバチが数匹現れる。


あ、バチ抜けが始まったのか。


クネバチが泳いでいるレンジがちょうどヤルキスティックと同じにみえる。

ヤルキスティックはヘッドに水受けがあって一定のレンジキープ力がある。

使っているとわかるがこれは「表層曳き波バチルアー」ではない。

とすると、ヤルキスティックに反応があったわけではなく、ヤルキスティックに替えた時間に実はバチが抜け始めてレンジが一致していたということか。

だから反応が多発したが、小さいクネバチとサイズが一致してなかったので乗りが悪かった・・・増えた甲殻類を狙って入ったきたキビレ族も途中から出てきたバチに反応しはじめて、結果としてキビレとシーバスの乱交になった・・・ということになる。

ヤルキスティックを長く使いすぎて見せ過ぎた感があるのでマニック95にチェンジ。

クネバチのサイズ的には75がいいけれど、アクション的には95がいい。

そしてマニックに替えるとやっぱり出た。





DSCN1684.jpg





目視55前後

サイズ以上の引きをみせた個体。

以前に釣られたことがあるのか、唇に怪我が治癒した痕跡があった。

もう騙されるなよ!




アーリープラス89Lが苦手な下に突っ込もうとするタイプだったけれど、モアザンAGS93MLは潜るのを許さなかった。

「潜るのを許さなかった」と書くと、強引なパワーで主導権を握った感じがしますけど、このロッドは「一瞬の機」をついてその力の方向・・・ベクトルを誘導してやるタイプのロッドで、普通のロッドと感触が随分違います。

寄せるのは早いけれど、足元まで寄せても魚はまだ元気が残っている場合が多いですね。

なのでウェーディングならばフィッシュグリップによるハンドランディングより、ウェーディングネットを使った取り込みを推奨・・・まぁ、持ってないんですけど・・・そろそろ買ってみるべきかも。
こういうヤツ




ともあれ、このバチの出具合からすると下げの潮が動き始めたら1キャスト1フィッシュのパラダイスになるだろうな・・・なんて感じながらもこの釣行はここまで。

いろいろな要素が入り混じっているコンディションで1匹を釣ることができ(サイズは半端ですけど)、心地よい満足感を得ることができました。

なんというか・・・「日常生活の一コマの釣り」・・・という、シーバス釣りの醍醐味が凝縮された釣行だった気がします。


ヒットルアーのマニック

今年はこのマット赤イソメがなかなか好調でおすすめ!





・・・あ、帰りにヤバイくらいのサイズの巨エイとニアミスしました。

こりゃ1.5号のPEでもぶっちぎられるだろうな、みたいな奴。

今年何回目のニアミスかもうカウントしてませんが、この2時間もない釣行ですら2匹のエイと会うわけで、ウェーディングスタッフやエイガードなしに入水するのは自殺行為も同然。

移動時は細心の注意を払って歩きましょう。
関連記事


Comment 3

2016.05.22
Sun
09:22

フェラ井 #-

URL

xvideosもベテランになってくると、効率的にサーチする為にスラングや隠語にやたら詳しくなってきませんかw?
milf mature boobs creampie DP busty blowjob 辺りで、少しアレですが非日常感満載になれます。

なんかサジェスト汚染みたいになってしまいましたw

編集 | 返信 | 
2016.05.22
Sun
13:23

くろこげ #jjTL4YWY

URL

さすがですね。

昨夜は夕方から入っていたキス師の方々も「流れない」とぼやいて苦戦しておられました。

私は夜の満潮から始めたのですが、またしても元気が良いトビエイ1匹のみ。
湾内の赤潮も消えて雰囲気だけは良い感じだったのですが。

編集 | 返信 | 
2016.05.22
Sun
20:11

まっつー #-

URL

xvideosって連呼するから久々に見てみたら軽快なBGMにあわせお尻の○をひたすらアップでリプレイするだけの動画をハケーン!
なんか、こう…人の性は業が深いな~と痛感w

さておき先日は同じように流れが出ずバチも流れずこちらはギブアップでした、群れが入ってこないとツラいです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts