50up 3連発 - 2016年釣行記

50up 3連発

 24,2016 11:50
DSCN1729.jpg


大潮というのに1ヶ所目は潮も流れずバチも流れず、ホント酷い目にあいました。


セイゴ5匹くらい釣りましたけど、なんというか・・・爽快感も達成感もゼロ。


とにかく潮が動いている場所に移動しなきゃと思って行った先で・・・これまた絶望的な潮の動きに歓迎されたのですが、何故か時合いが細く長く続き、まぁ、一日の救いとしてはアリな釣行になりました。



1ヶ所目使用タックル
・モアザンAGS93ML
・15ルビアス2510H
・G-soulx8upgrade1号
・リーダー16lb
殉職ルアー:フィール120

2ヶ所目使用タックル
・アルテサーノTZ103
・13セルテ3012H
・G-soulx8upgrade1.5号
・ついてたリーダーの太さからすると25lbはあった?
殉職ルアー:トライデント115


1ヶ所目では主にバチルアー、2ヶ所目はコノシロがいたのでバチにはこだわらずに(30cm強の巨大バチが抜けているはみたけれど)大きめのシンペンを中心に回しました。



1匹目は小さいけれど、スタスイ125ARCのシングルフックでなんとか拾えた感じ・・・



DSCN1711.jpg



この刺さりは外掛かりだけど絶対に抜けないでしょ!



DSCN1712.jpg



という勘違いがイケなかった・・・
この1匹は完全なマグレで、このスタスイには同じような反応が何度もあったけれど、シングルフックでしっかり乗ってくれたのはこれだけ。

ナーバスな感じのアタリだからシングルかトレブルかは関係ない!

なんて強気でやってましたが間違いでした。
シングルは確かに一度刺されば強いですけど、クリーンなヒット=内掛かりの吸い込まれにくさは確かにあると思います。

この最初の1匹のあとがなかなか出てこないので、トレブルフックのトライデント115に一旦替えてそこら中を歩きまわります。

しばらく遠投を繰り返していると・・・パツーン!

トライデントが殉職・・・いつ結束したか記憶にない10セルテスプールの1号が結束部からキャスト切れしてしまいました。
さすがARCはよく飛ぶな~なんていいつつ、1.5号が巻かれている13セルテスプールにチェンジ。

ルアーはマニック135を選び、スタスイ125ARCでバイトが集中的に出てたところへ戻ると



DSCN1713.jpg



2匹目ゲット

そのバイトゾーンがかなりの遠投が必要なところにあるので、フッキングしたとしてもマニックで獲れるかいな?

なんて思ってたらこの135、かなりフッキング事情がよろしくて、信頼に値するルアーだとわかりました。
しかしまたもや小さい魚だな・・・バチパターンじゃないんですけどね。

因みに1匹目とこの2匹目に連続性はありません。
また、次の3匹目以降とも時間的に断絶していたと思います。
釣られては、その個体(群れ)が出ていき、しばらくするとまたそこに新たなる個体(群れ)が入ってくるという感じで、「撃つより待て」という意味がよ~くわかるシチュエーションでした。





3匹目



DSCN1717.jpg



ようやくサイズアップ。
ドラグは殆ど出ない50cm+サイズだけど、アルテサーノTZ103/08はこれくらいからでも楽しめるロッド。



DSCN1718.jpg



まぁこれでこの釣行は救われた感じ。



4匹目



DSCN1721.jpg



こいつは頭のコブというか隆起角度が印象的
でもちょっとサイズダウンの50ジャストくらい



DSCN1725.jpg



5匹目(3匹目の50UP)はちょっと時間を空けてから



DSCN1728.jpg



50UPのルアーは全部マニック135
バイトはすべてテールフックに
(ちなみにテールのフックだけちょっと大きいのにかえてます)



DSCN1727.jpg



何も食べてなさそう


・・・この個体、どうも片目を失明しているようで可哀想だから食べてやろうかと思ったけれど、片目でも現にしっかり生きてるし、ルアーをバイトしたということは捕食活動もできてるということだしで、リリース。

「フック等で目を潰してしまった=死」

こういうこととは限らないらしい。

釣った自分がいうものアレだけど、長生きしてほしい。


↓右目上部が白濁しています



DSCN1730.jpg



このあと1回、小さなバイトがあって、釣行が終了。

1ヶ所目とあわせるとなんだかんだでツ抜けしてるんですが、この日の潮の流れのようにグダグダ間延びした感があって


オラッ1匹!

オラッ!また次!

オルラァッ!3匹目!!

みたいな疾走感(笑)はありませんでした。


マニック135に助けられたかな。



あ、あと久しぶりに使ったアルテサーノにも。

50サイズで楽しいロッドって言ったら誤解を与えてしまいますけど、ここまで完成度が高いロッドは50には50の・70には70の楽しみを使い手に与えてくれるんですよね。

なんかもったいない感があってここ最近の出番が少なかったのですが、やっぱり道具は使ってナンボですね。




「ロッドはそのフィーリングを体に馴染ませるためにコロコロかえるものではない」




という考えもありますけど、自分の場合、むしろリールをコロコロかえるべきではなく、ロッドはある程度本質に触れることができたらコロコロかえてもいいと思ってます。

特にナイトゲームの場合、リールの巻取り量が1巻10cmくらいかわるだけでめちゃくちゃリズムが狂います(慣れるまで)。

自分のせいで逃したと思っていた魚が実はロッドを変えたら獲れるようになった、ということは実はいくらでもあることで、1本のロッドに固執していると人間のほうがだんだんそのロッドに合わせるカタチになっていくのが自覚できるんですよね。

でもロッド、いや、道具類全般は、使い手である人間の特性にあわせるか、目的である魚やフィールドの特性にあわせて使うというのが本来合理的なカタチであるはずなんです。

その1本がホントに好きならまだしも、1本のロッドを使い込むことがもたらす視野狭窄的作用から解放されるためには、TPOにあわせてロッドを使い分けるということは大切です。

マジで。



あ~あ、やっぱりアルテサーノは在庫があるうちにもっと買ったほうがよかったな・・・
関連記事


Comment 5

2016.05.24
Tue
19:35

エビ #-

URL

一度片目が完全に潰れているであろうシーバスを釣ったことがありますので、想像以上に強いとは思います。
また、網にかかったのか頭部(おでこの辺り)が完全にえぐれているキビレを餌ですが釣ったこともあります。脳まで達してるんじゃないの!?と思いましたがきちんと生きて餌も食べているわけですから、大したものですね。

編集 | 返信 | 
2016.05.24
Tue
21:42

AK #-

URL

道具に合わせる技量が王道だと思います

編集 | 返信 | 
2016.05.25
Wed
08:15

な #-

URL

道具にこだわるんだったらライトぐらいちゃんと結びなおせよ

編集 | 返信 | 
2016.05.25
Wed
16:01

オレンジパーカーの人 #-

URL

今日オープンしたポイント徳島藍住店になんとハウレイ110がありました。開店セールで2割引、カラーもチャート系のものから赤バチカラーまで複数揃っていました。ぼらおさんは通販のみと言っていましたが、もしかしたら店舗に流通し始めたのかもしれません(もともと流通しているのかな?)。

せっかく通販売り切れカラーを入手できたことだし、最近自分の中でブームであるキビレをハウレイで狙ってみたいと思います。
記事内容と関係ないコメント失礼いたしました。

編集 | 返信 | 
2016.05.27
Fri
17:09

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 今日オープンしたポイント徳島藍住店になんとハウレイ110がありました。開店セールで2割引、カラーもチャート系のものから赤バチカラーまで複数揃っていました。ぼらおさんは通販のみと言っていましたが、もしかしたら店舗に流通し始めたのかもしれません(もともと流通しているのかな?)。
>
> せっかく通販売り切れカラーを入手できたことだし、最近自分の中でブームであるキビレをハウレイで狙ってみたいと思います。
> 記事内容と関係ないコメント失礼いたしました。


なんと!
ショップで気軽に買えるなんて羨ましいです!!
確かランブルベイトの所在地が兵庫県加古川市なので、四国には地の利というかつながりがあるのでしょうね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts