2016年博多湾のバチを振り返る - 2016年釣行記

2016年博多湾のバチを振り返る

 31,2016 11:26
DSCN1479.jpg


今年は”不作”である(それどころかもうお終い!?)という認識が広がりつつある博多湾のバチ抜け事情。

もしかしたら自分が釣らないタイミングで抜けてるかもしれませんし、自分が知らないポイントで抜けているのかもしれません。


・・・知らない場所の釣らない時間帯で抜けられていたらどうしようもありませんね


最近、バチ抜けポイントと認識していなかったポイントでバチ抜けを確認したので、まだまだ可能性はあるはずだと期待しつつ、これまでのバチ抜けを振り返ってみます。




クネバチが現れたのは・・・4月上旬。


DSCN1075.jpg


ハクパターンだと思っていたら、口からバチゲロがドロドロと・・・


ただし純粋なバチパターンではなく、ハクとの混合で安定性を欠いた。


この頃の大活躍ルアーはスタッガリングスイマー80


DSCN1127.jpg


ハクにもバチにも合っているのか、5月に入るまで圧倒的な釣果を叩きだした。


ルアーセレクトの話をすると・・・今年は定番中の定番であるエリア10・フィール120・マニック115をあまり使わなかった。


いや、釣れないと感じた時に頼ったのはそれらのルアーなんですが、釣れているときは無意識的にそれらに手を出さなかったと思う。


・スタッガリングスイマー80
・スタッガリングスイマー100ARC
・エリア10EVO
・マニック95


↑一番使ったのはこのあたり。


釣れないなと感じたら取り出したのは
↓これらの超実績ルアー


・エリア10
・マニック115
・フィール120
・ハウレイ110


この8個に、バチのサイズが大切な時のためにワンダー60かブルスコ60、それかフラッタースティック07あたりを念の為に備え、バチが中層に沈んでいる場合はR-32に静ヘッド、それかローリングベイトの小さいサイズを用意すれば10個のルアーで完全攻略が可能となりますね。


必ずしも「オープンフィールド」でやっているわけではないので、細身のルアーに小型フックだとどうしても取れない魚がいて困るんですが、フックに悩む必要がないスタッガリングスイマーは本当に助かりました。


上述の10個を3個に絞れと言われたら・・・


・エリア10EVO
・スタッガリングスイマー100ARC



うーん、2個までは絞れるけど、3個目が選べないw


DSCN1494.jpg






閑話休題





4月末になると、バチがぼちぼち抜けだしたけれど、同時にイナッコが入ってきてなかなかフォーカスが絞れませんでした。


また、サイズに伸び悩み・・・


DSCN1310.jpg


こんなのばっかりでした、


転機はやっぱりGW後・・・関西以西の西日本シーバス界での定説(?)になっている「本格バチ抜けシーズンはGW後」というのはやっぱり本当なんでしょう。


サイズもそこそこ良くなってきたし


DSCN1456.jpg


何故か苦手意識があるルアーで遊んでみる余裕もできた


DSCN1518.jpg


ただし、このバチパラダイスは長く続かなかった。


5月下旬になると、何故かシーバスがその姿を消した。


バチの出も鈍くなった気がする。


水温?

酸素含有量?

もっと魅力的なベイトの存在?

それとも人間が知らない何か?


ただし、釣れないことが工夫の必要性を生じさせ、工夫が新たな釣りを開眼させることもある。

釣れなくなった所から釣るのも工夫だし、新たに開拓するのも工夫。


DSCN1721.jpg


人間関係が豊かであるならば、釣れている人をアテにするのも一つの工夫であるかもしれない・・・が、ソレは個としての成長がない分、工夫というよりその場しのぎだと思う。


釣れていないところから魚を引きずり出せた人は、その工夫が通用しなくなってもまた別の角度からアプローチできる。


釣れている場所を探し当てることができた人は、そこが釣れなくなっても別の場所を探すことができる。


こういう不可逆的な成長・・・・応用力を伴うレベルアップを積み重ねていくことが大切ですね・・・・「今、どこで釣れるか」という瞬間的な情報より、遥かに。






ほら、そういう格言があったじゃないですか・・・なんていいましたっけ・・・・「バチの上にも3年」みたいな!
関連記事


Comment 2

2016.06.03
Fri
22:30

くろこげ #jjTL4YWY

URL

バチは蚊帳の外

さ、三年もかかるんだ(震え声 )

編集 | 返信 | 
2016.06.04
Sat
09:17

ぼらお #-

URL

Re: バチは蚊帳の外

> さ、三年もかかるんだ(震え声 )

い、いや、三年もすると・・・バチの奥の深さを知るという意味ですw

簡単なんですけど、バチアングラーのライフサイクルはこんなかんじ


バチシーズン最盛期にシーバスが面白いほど釣れる

シーバスは簡単だと思うようになる

バチが終わるとサッパリつれなくなる

次のバチシーズンが待ち遠しい

2回目のバチシーズンは不調で以前ほど釣れない

やっと自分がバチに依存していただけと思い知る

試行錯誤しながらも次のバチシーズンが待ち遠しい

3回目くらいでようやく・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts