短時間勝負で1発!ヒットルアーは・・・ - 2016年釣行記

短時間勝負で1発!ヒットルアーは・・・

 01,2016 11:21
DSCN1798b.jpg


サイズにはあまりは関係なく、「記憶に残る1匹」という魚が1年に1~2匹釣れることがあります。


去年はあまり釣りができなかったので、そういう1匹に会うことはなかったのですが2014年はこの1匹の印象が強烈でした。


KIMG4252.jpg


とにかく抵抗が凄まじく、SHORE8-1/2をフルムーンに曲げるは、ギュウギュウにしたドラグを何度も出すは、タモ入れ直前で何度も方向を変えて逃げるはで、そのやり取りをいまだに忘れられずに記憶しています。



しょぼい潮。


最初にエントリーした場所は、しょぼいなりに下げの流れが出るのを期待して入ったのですが、エリア10とスタスイ100ARCを30分くらい投げただけで見切りました。


潮は動いていたのに、魚の反応が皆無なので、こりゃいかんなと。


というか湾奥はマジで低酸素水塊が侵入してませんかね・・・?


ココ最近ノ反応ノ少ナサハ異常デス・・・


ということで、湾奥を見限って移動。


移動に時間を費やしたので正味1時間勝負・・・タックルはそのまま、モアザンAGS93MLにルビアス2510H。


最近マニック135の使い方を覚えたのでマニックから、というか、マニックだけ使うつもり。


やはり潮が弱いのか、右流れ・左流れ・サスペンド、なかなか方向が安定しない。


潮が効いていない所(時)はそもそもその場にシーバスが居ない(効いている場所へ回遊中)ということもあるけれど、もう一つの考え方としては:


「潮が効いている時はそのエリアの特定ポイントに居場所が集中するが、効いていない時は『特定ポイント』に集まる意味もなく全体的に分散して存在する」


というものがある。


「その場にシーバスが居ない」のであれば、好き放題投げ散らかしても問題ないといえば問題ないけれども、「あまり食い気がなく、薄く広く分散している」のであるならば無駄撃ちはNGだと言える。
夜、光量が少ない時に必ずしもシーバスの近くを通るわけではないルアーがどれだけ「スレ」の原因になるかは断定できないけれど、着水音に関しては相当ナーバスになると思われる。


なので、右流れなら右流れ、左流れなら左流れがハッキリ出た時に、一番よいであろうと想定する場所から順に通す・・・潮の動きが停滞している時にはなるべく撃たない。













・・・・なんて、釣り雑誌のコピペみたいなことをブツブツつぶやきながら「1時間しかないのに敢えて撃たないオレ像」を美化しながら「一瞬の好機から釣ったシーン」を妄想しておりましたが、案の定、潮が出るまで温めておいたポイントを通しても釣れませんでした。












いや、セイゴが1匹釣れたんですけど、あまりにも偶発的すぎて、ノーカウントでお願いします・・・


DSCN1791.jpg


あ、マニック135はこれくらいの30cmもないようなセイゴでも食ってきます。









で、時間があと15分くらい。








実は流れを待っている間にハクではないジャコ(なんとなくシルエットが違う)が表層を賑わせているのを発見していました。


マニックでは撃たなかった近場。


マニックでは大きすぎる・・・?


「こんな場所で小さいルアーとかいらんやろ」みたいなルアーセレクトをしている時でも、ルアーケースを4つも持ち歩いていると適当なルアーが1個くらいは入っているモノです。



使うのはソバット80



自分が思う「良いポイント・良いトレースコース」に序列を付けて、その良い順番に撃っていく。


①・・・ダメ

②・・・ダメ

③・・・ダメ

④・・・ダメ

⑤・・・ダメ(この辺からもう諦め)

(中略)

⑧・・・!!!


DSCN1798.jpg


シーバスって、ベイトの位置に対してこういう位置で待ち構えることってあるんや!


一見、なにか変化があるとは思えない水面で、「ポイント」といっていいのかわかりません。


食いやすそうなジャコがウジャウジャ表層を賑わせているのに、あえてそこには近寄らずに流れ向きの下、数メートル後方にホバリング。
辛抱強く待ちながら、流されてくるジャコを一口パクリ、また一口パクリとやっていたのでしょう。


群れに突っ込んで数口ジャコを頬張って場を荒らして終わらせるより、細く長く食おうという魂胆・・・次に転生することがあったら人間になって釣り師になれよ・・・


DSCN1793.jpg


この魚は引き味は60台とは思えぬ強さがありましたが、それ以上に魚の「狡猾さ」が手に取るようにわかって、記憶に残るような魚になりました。


ソバットはタダ巻きではなく、要所々々でジャークを入れたアクションでヒット。






そんなに厚くはないけれど、体高があった。


DSCN1799.jpg






サヨナラ

DSCN1801.jpg





ワンバイト・ワンヒット・ワンフィッシュ・・・(+セイゴ1匹)


こういう釣りもイイですねぇ~


こんなタックルを使っています











関連記事


Comment 0

Latest Posts