3キャスト3ヒットで脳から変な汁 - 2016年釣行記

3キャスト3ヒットで脳から変な汁

 04,2016 11:16
DSCN1836.jpg


全然釣れない湾奥を見限る。


すると流れを釣るのではなく、ベイトを釣る釣りをしなければならない。


流れ・・・つまり潮を釣る釣りはベイトの有無(厳密には『濃薄』)に関わらず、粘れば回遊があるかもしれないし、ランガンすればいい所に当たるかもしれない。


でもベイトを釣る釣りは、まずベイトがありきで、次にそのベイトに捕食者が付いていることが条件で、さらにいえばベイトを積極的に食うようになる潮の動きも関わってくる。


これが難しい。



1ヶ所目は左右の潮の動きがよかったのものの、ベイトの気配は皆無。


湾奥なら粘りたくなるコンディションだけど、このフィールドでは意味が無いだろうと予想して1時間弱で終わり。


次にエントリーしたポイントには


DSCN1817.jpg


ピンぼけしてごめんなさい・・・高密度のハクの群れが。


あまり嬉しくないけど、まあ無いよりマシかと思って腰を据えてみることに。


すると・・・








ここでもおまえか・・・


DSCN1818.jpg


人間の感情というものは不思議なもので、いつもビビりながら釣りする羽目になってコイツラが憎いはずなのに、いざ陸に揚げてどう始末してくれようかという段階になると、途端に憐憫の情が湧いてくる・・・




直販所で売られているエイヒレは好き。

ウェーディングしているときに会うエイは嫌い。

じゃあ食べる気もない無抵抗なエイは・・・?




ウェーディングスタッフで尾の付け根をしっかり抑え、プライヤーで棘を抜く。


ところで棘って再生するの・・・?


DSCN1820.jpg


もしそうだとしたら棘を抜くだけだと、次にこいつと遭遇したアングラーが怪我をするかもしれないので、念の為に尾を切断しておく。


DSCN1821.jpg


こいつはこいつで、次に外敵に遭遇した時に身を守る術がなくなってしまったけれど、そこは人間とエイが共存するための妥協点なので我慢してくれ・・・




次に釣れたのは


DSCN1823.jpg


ンまぁ、セイゴ。


ここに至るまでに結構なルアーローテをしております。


ベイトがハクなので小さなルアーがよろしかろうと思うのですが、前回と違ってソバット80みたいな小さなルアーを持っておりませぬ・・・

スタスイ100ARC
ハウレイ110
ピース100S

これくらいが当日の最小ルアー。

そのいずれにも反応がないのでマニック135で遠投してると釣れましたが、こういう偶発的な一匹だと「これでボウズじゃないぞ感」があまり発生しません(苦笑)


やっぱりハクは難しいな、いや、そもそもこのベイトにはセイゴ以外のシーバスは付いていないじゃないか?

なんて思いつつ、もうそろそろ帰ろうかなとすると、それまでの散発的なセイゴボイルと違って重量感のある捕食音が聞こえてきます。

ん?回遊きた?

と思ってキャストしてみると



きたー!


DSCN1825.jpg


マニック135のマイワシホロ


DSCN1827.jpg


60cmには2cm届かず。
なかなか太っていい個体


DSCN1831.jpg


やっぱり入ってきたばっかり?

ベイトはどからどうみてもハクなのに、サイズもなにもかも似ても似つかぬルアーに食ってくるところをみると、かなりヤル気のある群れだと見た。

ヒットルアーのマニック135のマイワシホロはこれでフックが終わってしまったので、別カラーのマニック135にチェンジ。



尚、この1匹から3匹目まで誇張なしに3キャスト3ヒットなんですが、撮影・リリース・ルアー交換等に時間を掛けているので、「インターバル」は存在します。







またキャストすると・・・再度同じ方向でヒット!


DSCN1832.jpg


連続ヒットは快感ですの~


DSCN1833.jpg


ちょっとサイズダウンしましたけど。







そしてまた・・・



DSCN1837.jpg



ズドーン!



DSCN1839.jpg


ヤダ・・・あたし、変な汁漏れてる・・・








前回の釣行のように、巡ってきたワンチャンをモノにする釣りもいいですけど、やっぱり連発する釣りは脳内に快楽物質が分泌されるのがよくわかって楽しいですw



この3連発のあとは時合が終わったのか、またもや静かな水面に。



フックに刺さってしまったハクを外そうとすると・・・
(これは時折あった・・・因みにモアザンAGSだと刺さった瞬間にわかります・・・恐るべき高感度)







! ! ! !







DSCN1842.jpg



これ、ハクちゃうな・・・


あっ!


カタクチやんけーっ!!




いつの間にベイトが入れ替わったのか(それとも混じったのか)、全然気が付かなんだ・・・

道理で反応が良いとおもったら、このイワシを追ってきた群れだったのか。

このカタクチが湾奥に入ってきたら朝マズメの港湾部で面白いゲームが出来るんですよねー。

あ、これがサーフに入ってきたらマゴチだのヒラメソゲだのも活発化すると思います。




もう一匹のセイゴを同じマニックで追加して


DSCN1844.jpg



最後にクローザーとして投入したスタスイ100ARCでまたセイゴ。


DSCN1846.jpg


これで終わり。


取りきれなかった反応は2回(大1小1)。


マニック135・・・凄いね、このルアー!



もうすぐインプレに登場すると思います。

こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 10

2016.06.05
Sun
12:09

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

>ある程度は予想済み?

ご心配おかけします!
とりあえず元気にやっております。

「自分がモノ(あるいはヒトや組織)を批判することはあっても自分が批判されるのはイヤだ」という意識はありませんので、一線を越えないレベルであれば「好きだろうが嫌いだろうが誰でも歓迎」というスタンスでブログを運営しているつもりです。

面白いのは、先の記事では誰も「攻撃」などされていなし「損」もしていないのに、なぜか「自分が攻撃された」と認識した人が発生した点ですね。

自分・自分が愛用する製品・自分が愛用する製品を作った会社

それらの人格の境界が定かではない、製品や製品を作った会社に自己投影をしてしまって見境がなくなってしまう・・・

不幸なことですが、時間をかけて「あながた悪いとは誰もいってませんよ」という認識を広めていくしかないでしょう。

編集 | 返信 | 
2016.06.05
Sun
12:11

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> >そこは人間とエイが共存するための妥協点なので我慢してくれ・・・
>
> 共存って、エイさんの生活領域に我々人間が勝手に押し入ってるだけではないだろうか。エイが我々の家に入り込んできて大暴れした、ってのならともかくw

押し入ったところで共存するためには切るしかないのです・・・

「刺されたけど、これが自然だよねテヘペロ」

なんて甘いものではないと認識しています>エイ毒

編集 | 返信 | 
2016.06.05
Sun
14:40

サゴシ釣り師 #-

URL

もしうっかり五度目~さんがエイを踏もうとした時に、毒針がない故に助かることもあり得ますし、海水浴場に迷い混んでも無事にすんだ、という事案もこの先あるかもしれません。
僕の場合エイヒレだけ持ち帰りとかしてましたが…

編集 | 返信 | 
2016.06.05
Sun
18:46

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> それは「共存」に見えるけど、実際は「排他」ですね。

私はあなたがアカエイを食用にしようが無傷でリリースしようがなんとも思いませんが、あなたは「自分がこうあるべきだ」という考えとは違う意見に対して「排他」的になり、攻撃性を発揮してしまう気質があるようです。

7度目は結構ですので、ご自分の完結した世界で思考を続けてください。

編集 | 返信 | 
2016.06.05
Sun
23:15

くろこげ #jjTL4YWY

URL

ナブラは遥か彼方

カタクチの写真を見て夜明け前から頑張って投げまくりましたが、潮位が低いせいかナブラが遠すぎてどうにもなりませんでした。。。

漁船は、さすが目敏いです。

編集 | 返信 | 
2016.06.06
Mon
09:34

スタッマキンスイマー #-

URL

エイは毒針折るだけでいいんじゃないですかね?
尻尾まで無いと異性に
あいつ尻尾無いわ、ダッサ
と相手にされなくなりそだし
いつも折った棘をどう捨てるかを悩みますね、誰かが踏むとか拾って刺さるのが気になって

編集 | 返信 | 
2016.06.06
Mon
22:03

 #-

URL

わたしはエイ駆除してもいいと思います。が!今度こそ抹殺してやると思って、陸揚げするも、やっぱりかわいそうになるんですよね…一度だけ刺殺したことがありましたが、後は棘を切るくらいしかできません…情けですね。

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
07:03

ぼらお #-

URL

Re: ナブラは遥か彼方

> カタクチの写真を見て夜明け前から頑張って投げまくりましたが、潮位が低いせいかナブラが遠すぎてどうにもなりませんでした。。。
>
> 漁船は、さすが目敏いです。


カタクチは回遊が気まぐれですから、一晩で(例えば博多湾内にいるなら)端から端まで移動しちゃいますからね。

予想して待ち構えてそれがアタったと思ってもショアからの射程にはあと一歩入らなかったり・・・w

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
07:11

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> エイは毒針折るだけでいいんじゃないですかね?
> 尻尾まで無いと異性に
> あいつ尻尾無いわ、ダッサ
> と相手にされなくなりそだし
> いつも折った棘をどう捨てるかを悩みますね、誰かが踏むとか拾って刺さるのが気になって

毒針、やっぱり再生するみたいです。

ということは、やっぱり切断のほうが安全・・・?

あ、でも、湾奥の水質だと切断箇所から感染して死ぬこともあるでしょうから、イロイロと考えさせらるものがありますね・・・

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
07:13

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 陸揚げするも、やっぱりかわいそうになるんですよね…

一度揚げて、しばらく放置すると尻尾の振りもおとなしくなりますよね~

やっぱり本当は臆病な生き物なんでしょう・・・そこを感じ取ってしまうと、無駄な殺生はできませんね・・・・

編集 | 返信 | 

Latest Posts