マゴチの聖地でマゴチング - 2016年釣行記

マゴチの聖地でマゴチング

 09,2016 12:30
KIMG6561a.jpg



マゴチの聖地



と呼ばれる某海域の中でも中々のマゴチ密度を誇るらしく、どんなもんかな?


っと思って行ってみました・・・


いや、実を言うと「マゴチの聖地」は広すぎてメジャーポイント以外は絞り込みが意外と大変だということがわかったので、「粘れる1箇所」を決めておきたかったんです。



ロックショアゲームの敗戦から撤退中・・・


時間都合と潮汐の関係から某河川の水底調査が出来ることがわかって現場に入り、あちこち歩きまわる。
(マゴチ調査ではなく、シーバスをするかもしれない調査)



この川は多分ウェーディングがいいハズ。



DSCN1901.jpg



牡蠣殻がやっかいだけど、橋脚に残った線からすると満ちた時の水深はかなりある。



DSCN1909.jpg






! ! !






DSCN1906.jpg



ここの澪筋すげーな・・・



DSCN1914.jpg



他のストラクチャーなんて無視していいレベル。

ここがこの川で最強のポイントのはず。

ちょっと下に立って、このブレイクに沿って流せば延々と釣れると思う。

問題は、どれくらいの水位から入れるか、だけれども。

水底調査(ロッドは持ってない)だけの予定が勿体なくなって夜を待つ・・・マゴチングは翌朝だし。

ふふふ・・・アウェイの攻略、成ったり。


DSCN1915.jpg





殉職ルアー:
マニック135
ハードコアTT120F

殉職タックル:
パズデザインウェーディングスタッフ








^p^・・・





ルアーはともかく、ウェーディングスタッフを失くしてしまったのが痛いです・・・どこで失くしたんだろう?



え?

どういう釣りしたかって?



下げを狙うのは時間的に遅すぎてマゴチングに影響しそうだったので上げの潮が効いた時の短時間勝負を挑みました。

で、初めて狙うストラクチャーで2個ルアー失くしてそのポイントは戦意喪失、それから目をつけていた澪筋のブレイク狙いに変更したら・・・上げ潮では水が激濁りで透明度がなくて、足元の底が見えなかったのが敗因、かな。

不慣れなポイントでの無闇な移動は危険だし、ブレイクの場所を見失うし・・・

10回も通えば夜間のベストな立ち位置や狙う方向を覚えれると思うのですが、初挑戦にはちょっと敷居が高かったです。


で、翌朝マゴチングの準備をしていたら、ウェーディングスタッフが無いことに気が付きました・・・(泣)


誤算といえば、水が博多湾奥より臭くて(マジで鼻が曲がるほどの臭気)・・・ウェーダーに残った匂いが消えないのも誤算でした。

道理でウェーディングしている人がいないワケだw





(翌朝)





340円で聖地中の聖地への切符を買って、フェリーに乗り込む・・・10分で到着。


この島は炭鉱の島だったらしい。



DSCN1916.jpg


至る所に産業遺跡が残る


DSCN1918.jpg


廃墟マニアにとっても聖地?


DSCN1936.jpg


数十年の歳月が人間の足跡を隠そうとしている・・・







やや暑い日だったので短パン+日焼け防止のタイツに長袖シャツという装いだったけれど、こういう藪を突き抜けていくので本当はちゃんとした格好が良いと思う。


DSCN1919.jpg


イノシシの足跡がやたら目立った・・・イノシシのような哺乳類が藪を歩いているなら、最近問題となっているマダニもいるかもしれない。
まぁ、肌の露出がないだけラッキーだったか。





到着


DSCN1920.jpg


所要時間・・・フェリー乗り場から10分?15分?

ほとんど平地だし、藪漕ぎ時間も僅かだし、難易度は低い。




帰りのフェリーは12:30くらいまで来ない。

つまり、4時間、逃げ道はない(笑)






水面でハクの群れが潮の動きに乗って左右しているけど、どうもこれらはベイトとしては下等らしい。


2時間ほど何もなかった。


最初はジグヘッド+パワーシャッドで攻めていたけれど、なんとなく違う気がしたのでジグ・バイブ・スプーンを軸にする。


潮が効き始めていたのがわかったから、2時間無反応でも悲観はしていなかった。






貴重なモアシルダの22gを投げていると・・・


DSCN1924.jpg


ムッ!


DSCN1925.jpg


サバか・・・

こいつら、マゴチが食う餌としてはかなり有り得る。

サイズ的には最高のベイト。


マゴチ→サバ→ハク


こういう構図だろう。


時折通る漁船が波を作り、波が濁りを作る。

満潮に向かうにつれて潮の動きが強くなり、潮が濁りを拡散する。

濁りの中でリアクションバイトを取る・・・そういう意図でバイブ表層早巻きにチェンジするとすぐに明確なバイトが!



おおっ


きてる?


きてる・・・?




しばらくして、同じパターンで・・・




ゴッ!!




きたー!!



あー!!




DSCN1929.jpg



あ・・・?



DSCN1927.jpg



マゴチ・・・45クラス




・・・マゴチは確かに居た!

いつものマゴチとちょっと違う気がするけど、これが地方性というヤツだろう。

景気のいい連発はなかった。


連発は望まないが、せめてあと一匹、サイズUPが欲しい・・・フェリーの時間までのこり1時間ほど


そして・・・



きたー!


この感触、間違いなくサイズUPしてるはず!!


DSCN1932.jpg


みよ、この腹ボテを!


DSCN1934.jpg


気になるサイズは・・・


DSCN1933.jpg


サバを飽食してメタボな感じの55UP!

これぞ聖地のマゴチというやつですな!

使用タックルは旧ARC1006に11ツインパ4000XG。

ちなみにこのフィールドは9ftか9ft6inのMLロッドが向いているでしょう。





爆釣というワケでもなかったけれど、聖地でのマゴチングを成功させたことの喜びを噛み締めながら帰路につく。


DSCN1937.jpg


昭和の薫りが残る島


びっくりするくらい親切な人ばかりでした


DSCN1939.jpg


さよなら





こんなタックルを使っています











関連記事


Comment 7

2016.06.09
Thu
13:57

くるぼう #-

URL

先日そっくりな魚を釣りましたが、あれは聖地から来たマゴチだったのでしょうか...
と、使用されたバイブは私もよく使いますが中華裂波ともども、ぼらおさんのインプレを見てみたいものです

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
14:02

コモモドラゴン #-

URL

プチ遠征お疲れ様です!!

ロケットベイトの記事、大変参考になりました。ありがとうございます。

マゴチは外道としては釣れるのに狙うと釣れないんですよね…
去年、まだシーバスを釣ったことのない初心者の友人が隣で60upのマゴチを釣って複雑な顔してましたw

今年はまだわかりませんが、僕のホームの遠賀川河口はマゴチの絶対数が多い気がします。
よかったら一度足を運んでみてください。

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
19:13

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 先日そっくりな魚を釣りましたが、あれは聖地から来たマゴチだったのでしょうか...
> と、使用されたバイブは私もよく使いますが中華裂波ともども、ぼらおさんのインプレを見てみたいものです

レビューも何も、これ、ほとんど100%レンジバイブですよ。

これが他のパクリレンジバイブより優れているのは、優良なフックを搭載していることですね。

フックは日本製・・・?

編集 | 返信 | 
2016.06.09
Thu
19:25

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> プチ遠征お疲れ様です!!
>
> ロケットベイトの記事、大変参考になりました。ありがとうございます。
>
> マゴチは外道としては釣れるのに狙うと釣れないんですよね…
> 去年、まだシーバスを釣ったことのない初心者の友人が隣で60upのマゴチを釣って複雑な顔してましたw
>
> 今年はまだわかりませんが、僕のホームの遠賀川河口はマゴチの絶対数が多い気がします。
> よかったら一度足を運んでみてください。

狙えば釣れないマゴチング・・・確かにそうですねw

遠賀川にマゴチが多いというのは初耳でした・・・今年、シーズン中に行ってみたいです!

編集 | 返信 | 
2016.06.10
Fri
00:06

 #-

URL

今年は寒波が物凄かったせいか少し時期がずれてる気がしますね
(釣れてない言い訳かも知れませんが)

編集 | 返信 | 
2016.06.11
Sat
19:26

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 今年は寒波が物凄かったせいか少し時期がずれてる気がしますね
> (釣れてない言い訳かも知れませんが)

あ、水温はけっこう「ひんやり」でした。

やっぱりちょっと早かったかも?

編集 | 返信 | 
2016.11.30
Wed
12:43

27 #-

URL

レアなマゴチですね^_^
自分のホームでは、体内にテトロドトキシンを含むマゴチがよく釣れますorz

編集 | 返信 | 

Latest Posts