Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池 - ギア・ウェア・ガジェット

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池

 13,2016 11:23
DSCN1807.jpg


ヘッドライトの電池は100均製の6本パックを使い捨て・・・


自分も長年そうやってきましたが、大出力のヘッドライトってパワーの低下が早くて電池交換のサイクルが短いですよね。


よくよく考えたら100均なり量販店の電池を使うには、他に用がないのに店にいって買うか、それが嫌なら予め買い溜めして管理しておかないといけません。
そのどちらも面倒だし、そもそも頻繁に交換するなら6本108円って安いのか?という根本的な疑問が持ち上がってくるわけですよ。

ついでに言うと、使用済みの電池の廃棄も面倒だし、自然に優しくないですし。


思ったが吉日ということで、ちょっと怪しげだけれどもアマゾンで評判がよかった「AMAZONベーシック」の充電可能な電池を買ってみました。



・・・結果・・・




あ、もっと早く買っておけばよかった。





という、当たり前の結論に達しました。



いや、眩しすぎるからパワーが低下した状態がいいという使い方をする人なら話は別ですが、ディープウェーディングには大出力のヘッドライトと容量十分な電池が必要なんです。
移動時の足元の安全を確認するために。









この電池・・・



まず第一に、普通の乾電池とくらべて確実に明るい。


そして、それが長続きし、なおかつ、いくらでも(『いくらでも』という表現に語弊があるとすれば500回は)再利用可能。



もう、いいことづくめなわけですよ!






アマゾンにはこのブラックの大容量モデルと



ホワイトの1000回再充電可能な長持ちモデルがあります。




ヘッドライトが目的なら間違いなく大容量のブラックが向いていると思います。

因みにヘッドライトの電池の消費は「釣行時の手元照射・移動時の点灯」より、「車から出る際の準備や片付け時の使用」による割合が高いと思います。

なので普通の乾電池を使う場合、準備や片付けには別の光源を使うなどして、ヘッドライトの電池をケチって節約するのが普通(電池代を節約するというより、その容量を現場のために残しておきたいという心理)ですが・・・・この電池に替えてからンな面倒なことをせずともよくなりました。

アマゾンのレビューによると

測定してみたら初代エネループプロを凌ぐ性能

別件で他の電池の特性を測っていたので、ついでにサンプルとして2本を一度づつ終止電圧1.0Vまで2.50Ωの定抵抗放電した後、
普通充電してから、同様に2.50Ωの定抵抗放電で電池容量を測定してみたところ、初代エネループプロを上回る放電曲線で、
電池容量は積分値で次のようになりました。
HR-3UTHA-AMZN #1 : 2375(±1%) [mAh]
HR-3UTHA-AMZN #2 : 2368(±1%) [mAh]
公称値 2400mAh に対してぴったりな容量です。間欠放電だともう何%か増えましたので最小量量2400mAhに偽り無しです。
特性からの勝手な推察ですが、中身は 2代目エネループプロ相当の FDK の HR-3UTHA の OEM 品ではないかと思います。
使用回数は耐久テストをしてないので不明ですが、使い方が粗いのでどうせ100回も使わないうちに外装が痛んで交換すると思うのと、
性能の割に激安なので気にせず使いまくれるのが嬉しいです。後で追加購入しました。


だそうです。

どこのメーカーのOEM品かはわかりませんが、生産国は日本。

エネループプロの半額以下でこの性能・・・いいじゃないですか。










充電器はこれを選んでみました。


DSCN1968.jpg




単3形と単4形の充電が可能で、充電速度もまぁまぁ・・・・充電が満タンになったら自動的に止めてくれるし、電池のリフレッシュ機能なる便利なモードがついていてイイ感じ。

あ、車のシガーソケット用のアダプターが付属しているので遠征時にも便利です。





こういう買い物は購入時期が早ければ早いほど「元手を回収した」感が出るので、一度年間の電池代金を計算してみては如何でしょうか?

電池を使うのは何もヘッドライトだけとは限らないわけで、日常生活においても便利ですよ~!
関連記事


Comment 2

2016.06.13
Mon
22:28

ぽんず #ayMqVE1I

URL

今更ですが

確かにヘッドライトの電池代もばかにならないですからねー(´ ˘ `∗)
今更かもしれませんが、時々13セルテート三機種のインプレ記事を見させていただいて先月購入した13セルテートの満足感に浸っております(笑)
大野ゆうきさんのファンでして、たまにモアザンベアリングブラジーノが異常に欲しくなった時にあの記事を見て確かにオーバースペックだなと感じ冷静になり衝動買いをおさえております^^;
あと、少し気になったのですが大野さんが2500番台をあまり使わない理由というのはあるのでしょうか?
(イグジストは非常に軽いので2500番台と同等に軽くて使いやすいというのはあると思うのですが。)

編集 | 返信 | 
2016.06.14
Tue
15:57

ぼらお #-

URL

Re: 今更ですが

> 確かにヘッドライトの電池代もばかにならないですからねー(´ ˘ `∗)
> 今更かもしれませんが、時々13セルテート三機種のインプレ記事を見させていただいて先月購入した13セルテートの満足感に浸っております(笑)
> 大野ゆうきさんのファンでして、たまにモアザンベアリングブラジーノが異常に欲しくなった時にあの記事を見て確かにオーバースペックだなと感じ冷静になり衝動買いをおさえております^^;
> あと、少し気になったのですが大野さんが2500番台をあまり使わない理由というのはあるのでしょうか?
> (イグジストは非常に軽いので2500番台と同等に軽くて使いやすいというのはあると思うのですが。)


新リール購入おめでとうございます。

大野氏は確か3012Hが好きでしたっけ?

理由はおそらく、その巻取り量のフィーリングに慣れているからでしょう。

ロッドは毎晩のようにかえても問題ありませんが、リールは巻取り量が10cm変わるとかなり戸惑いが発生します。

プロなので当然順応も早いでしょうけれど、「それでもできる」と「それがいい」というのでは随分話が違いますからね。

いや、プロだからこそ、その差に敏感なんでしょう。

自分はナイトゲームだとダイワ2500系の1回転71cmに慣れていて、2500H系の84cmに馴染むまで半年かかりました。

因みに13セルテート、OHから戻ってきているんですが、違和感の原因はすべてギア周りのBBにあって、ギア本体はターミネーターのように頑丈なままでした・・・w

編集 | 返信 | 

Latest Posts