小潮でも数釣り・・・・爆釣ルアーはもちろんアレ - 2016年釣行記

小潮でも数釣り・・・・爆釣ルアーはもちろんアレ

 14,2016 12:06
DSCN1971.jpg


この日はよつあみのG-SOUL X4 UPGRADEをSICガイドで使ったらどうなるかを試したくて、最近出番の多いモアザンAGS93MLをチェンジ。


ん~


・SHORE8-1/2
ちょっと腰が抜けてきているのでキャストの面で正確な分析がし難い
何かが起きたとして、それがラインに原因があるのかロッドに原因があるのか、解釈に余地があるのは避けたい

・アーリープラス89L
ナイトトップをするならコレ
だけれども、男気ルアーの使用と遠投がキビシイ

・ミッドストリーム96
遠投よし、男気ルアーよし、ただしトップにはあまり向かない



・・・ということで

消去法的にミッドストリームを選ぶ。



結論からすると、AGSガイドよりSICガイドのほうが相性がよいみたいで

    
糸鳴り
   スプレーあり スプレーなし
AGS  うるさい   うるさすぎ
SIC  許容範囲内 うるさい


飛距離
    スプレーあり スプレーなし
AGS  まあまあ   飛ばない
SIC   まあまあ   飛ばない


こんな感じです。


とにかくスプレーが切れたら終わりって感じですねw


あ、あと飛距離ですが・・・


G-SOUL X4 UPGRADE1号スプレーあり、と

G-SOUL X8 UPGRADE1.2号スプレーなし、が

ほぼ同じ。



という暗澹たる(?)結果になりました。



トルザイトは多分SICとAGSの中間じゃないかな~、と予想しています。

宗教上の理由か何かでG-SOUL X8 UPGRADEがどうしても使えない人はシリコンスプレーなりフッ素スプレーなりを常時切らさないようにした上で、SICガイド搭載のロッドで使えば、まぁ、なんとかなるかもしれません・・・G-SOUL X4 UPGRADE。





さて、釣りのほうはというと・・・




買ったばかりの3個のマニック135を実戦投入し・・・そのうち2個を戦死させる涙目の釣行になりました。

バラシも多かった。

情けないバラシが多かった理由の半分は・・・ロッドが強すぎるせい

半分は・・・完全に腕ですね・・・



小潮なので潮の動きは鈍く、風があって表層が荒れていたので念のために持ってきいたトップBOXの開封はなし。


珍しくK2S122からスタートしても反応がないのでやっぱりマニック135。


バカの一つ覚えのようにここ最近はマニック135を使ってますが、このルアーの効力を釣行毎に再確認し、また、使い方の引き出しを増やしていく過程が凄く面白いです。


あっ!

こういう使い方でも釣れるんやね!!


みたいなハマりかたをしたのはエリア10EVO以来かな。

ほんと、このルアーには無限の使い方がある気がします。


荒れている表層を避けるためにティップを下げてリトリーブスピードを緩めてレンジを下げた途端に


ココンッ!


と小気味いいバイト感触があって、やっぱりこの攻め方か!と調子のってたら・・・


マニック135・・・1個目殉職


マニックは勿体無いな・・・ということで・・・


KIMG6088.jpg


サヨリス+(多分120)!

こういうシチュエーションがあると思って持ってきてよかった。

このルアーはある程度潜るルアーなので、マニック135を沈めてゆっくりなんてことするより手返しがいいはず。




そうしてると・・・また根掛かり




ハズレないかなと立ち位置を変えてつつシェイクをしていたら・・・

あれっ?

根がかった場所が変わってる・・・?

と気がついた瞬間、いきなりドラグが回り出す

うわーと焦ってとにかく巻いていたら、フックアウト・・・

そりゃ、ご丁寧にティップシェイクしてフッキングを緩めているんだからさ・・・




この1匹の敗因はドラグを(回収のために)ガチガチに締めたばかりだったのにそれを忘れてたこと。

ヒットして1個のフックがシーバスに(おそらくスレ掛かりではなかろうかと推測)、もう1個のフックが根掛かりしていたものと思われ、なかなか難しいシチュエーションだったものの、冷静に考えれば獲れた1匹であってそれが悔しい。



それからしばらくしてマニックに戻すと・・・





DSCN1970.jpg

やっと釣れた最初の1匹







イチゴミルク味ですよ、奥さん

ムフフフ・・・




それからまた


DSCN1975.jpg


今度はマイワシホロで


DSCN1974.jpg







この1匹を釣ったときは実は終戦ムードで、これが最後の1匹かつ最大魚であろうと思ってました。

セイゴらしきバイトが結構あったのですが、乗らないか、乗ったとしてもミッドストリームだとフッキング直後に弾いてしまってこりゃ無理だろうと悟ったからです(苦笑)


そしたら、サヨリス+がヒットしたであろうと推測されるポイントで再度ヒットがあって、多分、60サイズだと思いますが、順調に寄せてきたぞシメシメと顔が緩んだ瞬間に・・・またしてもフックアウト。

このバラシも1500%の自分の油断に原因があって、ミッドストリームのパワーと復元力を考えれば、最後まで慎重かつ繊細に誘導してやるべきでした。

ミッドストリームの場合、その程度のサイズの魚相手だとモアザンAGS93MLみたいな追随性が無いんですよね。

PEラインとガイドの関係を試すためとはいえ、ST46の6~8という小さなフックに40~60cm級のフッコにミッドストリームという組み合わせは壊滅的に相性が悪い組み合わせでした。



結局この1匹のバラシで闘志に火が付いて・・・



丁寧に丁寧に探ってセイゴを追加していき・・・


DSCN1977.jpg


この手の「40弱」は結構数が出ました。




そしてやっとのことで




DSCN1982.jpg




ハーモニカ!




DSCN1984.jpg




ふぅ、これで満足した。





ただ、一つだけアホだったことが。

ランディング後のバタバタ暴れでスナップが変形してしまっていたことを見過ごしていて、次のキャストでマニックだけが吹っ飛んでいったんですよね・・・

スナップはカルティバの耐力スナップ1.5号ですが、このスナップはランディング後の魚の暴れで変形や破断することがあるみたいです。
これで2回目なので確信できました。
水中では問題ないのですが、衝撃がダイレクトにスナップをヒットする陸上は脆さが露呈することがあるみたいです。
おそらく張力が強く、粘りの無い鋼材を使っているからでしょう。



最後にイチゴミルクでセイゴを追加して終了


DSCN1987.jpg


このカラー、写真映りがよくて絵になっていいですねw


結局ツ抜けはしなかったと思いますが、40前後のセイゴはなかなか多く釣ったと思います。
ランディングに成功したルアーは全部マニック135でした。


シーバスの繊細なアタリとミッドストリームの過剰なパワーのミスマッチに苦戦しましたが、途中から意識を修正して、乗らないものはすぐに「次いこ次」と割り切ることができたこと。
ヒットした魚の感触で水面を引きずってくるべきか、多少は時間を掛けるべきか、ファーストコンタクトから最初の数秒でランディングまでの工程を決めたこと。

これらが数を伸ばせた理由・・・かな。


たまたまこの日はチャンスが多くまわってきましたが、本当は小潮はチャンスが少ないことが多いので、確実に獲物を仕留めるためのメンタルトレーニングって大切だなと思い知らされました。


サイズや数は関係なしにいい釣行だったと思います。



こんなタックルを使っています









関連記事


Comment 4

2016.06.14
Tue
18:17

k.j #-

URL

こんにちは。毎度のことながら羨ましい釣果ですね。
自分は季節の釣り物を狙っているアングラーで、イカのシーズンも終わりに近く、そろそろシーバスに本腰を入れようと思っているところです。自分のホームとしている所は下げに入ると流れが早く、アップクロスに投げても真横からかえってくるような所です。淀んでいる所を狙ったりしているんですが、なかなか釣果がついてきません(絶対的な経験値が少ないのも分かっていますが…)そこで、ぼらおさんならどういう攻略をしたりしますか?またどういうルアーがオススメですか?よろしくお願いしますm(__)m(場所は河口で水深は満潮でも2m程度、幅は100mないくらいです)

編集 | 返信 | 
2016.06.17
Fri
10:03

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> こんにちは。毎度のことながら羨ましい釣果ですね。
> 自分は季節の釣り物を狙っているアングラーで、イカのシーズンも終わりに近く、そろそろシーバスに本腰を入れようと思っているところです。自分のホームとしている所は下げに入ると流れが早く、アップクロスに投げても真横からかえってくるような所です。淀んでいる所を狙ったりしているんですが、なかなか釣果がついてきません(絶対的な経験値が少ないのも分かっていますが…)そこで、ぼらおさんならどういう攻略をしたりしますか?またどういうルアーがオススメですか?よろしくお願いしますm(__)m(場所は河口で水深は満潮でも2m程度、幅は100mないくらいです)


それくらいの速さならば問題ないというか、その流れにルアーを任せて釣れると思いますよ。
肝心なのはルアーで、流速よりすこし早く巻いて微妙にアクションするルアーがいいです。
リップが水を掻いているのが手元に感じられるようなの。

自分がそういうフィールドでするとしたら、ブレイクの位置や水没している障害物(石・テトラの残骸等)をなんがなんでも把握してそこを重点的に攻めると思います。

流れが緩むところが狙い目であるのは確かですが、逆に特に流れが強いところも狙い目ですよ!


川幅が100mあって水深2mとしたら、そこのアベレージが大きいならば120mm、小さいならば80~100mmを中心に組み立てます。

どこでも入手できるルアーで挑もうと思うと


この2つが表層直下用
・コモモ125SF
・コモモ110SF

それらよりもうちょっと下(30~50cm)潜るくらいのルアーとして
・レスポンダー129

一番潜るルアーで
・Z120Fか裂波120

シンペンは
・マニック135

小さいルアーにしか反応しないときのために
・ソバット80
・エリア10/エリア10EVO
・ワンダー80

念のため
・レンジバイブ70かバリッド70

ヤル気のあるシーバスは表層近くで出るハズなので、多分、使用頻度が一番高いのはマニック135かコモモになると思います。

セオリー通りだと、それからレンジを下げていくことになります。
レスポンダーや裂波で徐々に下げていくのも可ですが、飛距離やフックサイズの問題がなければエリア10EVOだと1キャスト中に様々なレンジを探ることが可能なので効率がいいですね。

編集 | 返信 | 
2016.06.17
Fri
12:48

k.j #-

URL

ありがとうございます

返信ありがとうございました。さっそく参考にさせて頂きます。しかし自分の攻め方もあながち間違ってはいないと確認出来て良かったです。
話は変わりますが、別の場所でマニック115を投げたら初の70アップを釣ることが出来ました。ルアーシーバスを始めた頃、やたらポ○ントのブログでマニックさいこーみたいなフレーズで騒がれてたので買ってみたけど全然釣れずケースの肥やしに…
ぼらおさんのブログを見て信じて投げ続けたら釣れました‼デフォルトのフックのままだったため上げたら折れました。これを機にフックチューンも勉強せんといかんですね。ありがとうございました。

編集 | 返信 | 
2016.06.20
Mon
16:53

ぼらお #-

URL

Re: ありがとうございます

> 返信ありがとうございました。さっそく参考にさせて頂きます。しかし自分の攻め方もあながち間違ってはいないと確認出来て良かったです。
> 話は変わりますが、別の場所でマニック115を投げたら初の70アップを釣ることが出来ました。ルアーシーバスを始めた頃、やたらポ○ントのブログでマニックさいこーみたいなフレーズで騒がれてたので買ってみたけど全然釣れずケースの肥やしに…
> ぼらおさんのブログを見て信じて投げ続けたら釣れました‼デフォルトのフックのままだったため上げたら折れました。これを機にフックチューンも勉強せんといかんですね。ありがとうございました。

おめでとうございます!

115で70UPってなかなか難しいですよ!!

115の場合、フックチューンも選択肢がなくて手詰まり感があると思います。

そういう時は135をどうぞ

編集 | 返信 | 

Latest Posts