よつあみ ガリス ショアリーダーFC - シーバスライン

よつあみ ガリス ショアリーダーFC

 25,2016 11:20
DSCN1806.jpg


店頭で売られているのを見たことがありませんが、気になっていたので試してみました。


結論としては純粋性能はバリバスの「シーバスショックリーダー」よりやや劣るかな、程度でコストパフォーマンスはかなり高いフロロカーボン製ショックリーダーではないかと思います。



まず最初に断っておきます。


ショックリーダーに使うラインは拘らなければ、超格安に仕上げることはいくらでも可能です。


船釣り用のハリスなりなんなり、いや、それどころかワゴンセールのお徳用ラインですら流用は可能です。


ですが、行き着くところはこういうことなんですね。



DSCN2094.jpg



「日中」つまりはデイと書かれてますが、シーバス全般の話・・・いや、釣り全般の話ですよね、コレ。


フックにしたって、スナップにしたってそう。


「可能であるか否か」


という見地からすると、世の中に出回っている殆どのフックとスナップは「可能」な側に入ります。


それどころか変形したスナップで1日持ちこたえることはあるでしょうし、錆びて鈍ったフックでバイトを捕らえることもあるでしょう。


が、そういうもので釣れるんだ、可能なんだと、「無頓着な自分に執着」していると釣り人としての成長がそこで止まってしまうんですよね。

何故ならば、変なスナップが破断した時、鈍ったフック故にフックアップに至らなかった時・・・つまり失敗原因の追求をせねばならぬ時、「無頓着な自分に執着」している人は『これで大丈夫だもん!!』と言い張っていた己の「頑固さ・偏狭さ」を認めたくないがために、事実を誤魔化してしまうからです。

たとえば、ST46かがまかつSPMHが、欠損も曲がりも鈍りも錆もしない完璧なフックになったとしてます。
新元素「ガマカチウム」を使用してトレブルフックを作ったらそうなったと仮定しましょう。
「無頓着な自分に執着」している人が既存のフックでも十分だと言い張る一方で、おそらく「釣る人」は、ああだこうだと使ってもいない道具に対して壮大な言説を述べる前に、サクっと買って実際に試してみるでしょうね。






さて、ショックリーダーとはスナップよりフックより遥かに『違い』がわかりにくい分野のモノです。

何故ならばショックリーダーの良し悪し以前に、

・使い手の結束の腕前
・キャスト癖
・使用しているロッド
・使用しているPE
・主に使うルアー
・フィールド

これらの複合的な要素が関わっているのでショックリーダー単体の差を感じるまでになるには結構な月日が掛かるからです。
自分のようにセンスの無い人であるならば、目が開くには「時間」に加えて「キッカケ」が必要かもしれません。



自分の「キッカケ」は磯での根ズレ対策の比較的ロングなリーダー(3~5m)を組んでいる時でした。


フロロって、メーカーによってしなやかさが全然違うな、と。


これ、磯では重要なことです。


しなやかでないとガイド抜けが悪く、飛距離が出ないうえにライントラブルの原因になりかねなく、貴重なナブラや時合を逃す羽目になります。そこにリーダーを細くするとか、短くするとかの逃げ道はありません。
場合によってはリーダーにナイロンを使うのはこういう理由からですね。
ただし、ナイロンだとどうも「伸びきった時の根ズレ」に弱いらしく、どちらかといえば「しなやかで伸びないフロロ」が好ましいわけです。


結局、よつあみのFCショックアブソーバーという中々しなやかなフロロリーダーに出会えたので磯の問題は解決したのですが、あらためてシーバス用のショックリーダーを一から見直してみると・・・


やっぱり「悪い」というか「平均的」というか、「フロロ製である」という看板があればあとはどうでもいいと思っているんだろうなという製品があるんですね。

そういうものは

・硬い/巻きクセが消えない
・傷がつきやすい/視認できる傷みがすぐに目につくようになる


この2つの点が共通していることに気が付きました。

小売店のPBフロロとか、ラ○ラみたいな格安OEMフロロとか、そういうヤツです。

「傷がつきやすい」ってなんのこっちゃと思われるかもしれませんが、あるんですよ。

裂きチーズとかバナナの皮みたいにシューッと薄く剥けるような感じで痩せていくフロロが。

ショックリーダー専用のフロロでこういうことがあるわけですから、格安ハリス用のフロロのクオリティーは推して知るべし。

結局ショックリーダーに求められる性質を突き詰めていくと

・しなやか
・伸びない
・結束しやすい
・変なスクラッチ傷が出ない
・表示破断強度でキッチリ切れてくれる

こういうことになるわけです。



ショックリーダーという違いに気が付きにくいモノでも、差は確かにあって・・・それに気がつく、その差を気にするという時期がアングラーとしていつかくることになるでしょう。



かつて、自分はバリバスを使う前まではDUELのハードコアパワーリーダー(フロロ)を「これはいいフロロ製ショックリーダーだ」と思って好んで使っていた時期がありましたが、バリバスの「シーバスショックリーダー」と使い比べたら月とすっぽん


インプレはこちら

パワーリーダーが特に悪いということではないのですが、相対的には硬さが目立ってしまい12~20lbのシーバス用途には積極的に使おうとは思わなくなりました。
・・・要するに、パワーリーダーは何の変哲もない平凡なフロロだということに気付かされました。
逆にいえば「抜きん出ているほどの良さを感じさせるフロロ製ショックリーダー」とは確かに存在するということです。




で・・・・話はもどして、この「ショアリーダーFC」





よつあみHPの説明文によれば


ショアゲームでのフットワーク性を高めるため小径スプールを使用し 携行性を大幅アップ。ライトウェイトルアーの使用を前提に考え、ルアー本来の動きへの追随性を高めるソフト加工を施し、バイトアクションを思いのまま演出できます。更に屈曲破断がおこりにくく、 様々なノットに対し安定した高結束強度を発揮します。ラインカラーはナチュラル。



http://yoz-ami.jp/234

こうありますが、この「ソフト加工」ってホントにメーカーの個性というか技術力の多寡の差が出るんですね。


バリバスのそれが「しなやか」であるにも関わらず、代償として伸縮性を犠牲としていません。
ですが、よつあみは「しなやか」さはバリバスに負けていませんが、微妙に伸びやすいです。

一方で、バリバスのショックリーダーが特に結束に難があるわけではないのですが、よつあみのショアリーダーFCはPEラインがの食いつきがよくて密に巻き付く感じがしていい感じです。

強度については、よつあみは二重丸。
単純な引張に関しても、傷に対する強さも非常に優れています。
よつあみは12・14・16・20・25lb というラインナップで、このありそうでなかった「14lb」があってイイ。

ですがガイド抜けの良さはバリバスに劣ります。
これはよつあみのほうが巻き癖が残りやすいからではないかと疑っています。



総合すると、バリバスにはやや届かないのですが、通販で安ければ800円程度で手に入ることもあって、そこらの無名ブランド品のものを買うよりは遥かにコストパフォーマンスに優れます。


惜しむらくは、小売店への流通が限られているせいか、殆ど店頭でみかけることがなく

「なんとなく手にとってみてよさ気だから買ってみた・・・使ったらその品質が好きになった」

ということが起こりえないこと。


バリバスのショックリーダーは実売1000円強と結構お高いですけど、しっかり並べられて露出しているんですよねぇ。






「究極のショックリーダー」なるものが存在するとして、その評価が10点満点中10点だとしたら、バリバスは9点か8点を上げます・・・・まぁ、8.5としましょう。

で、このショアリーダーFCにはそれより1低い7.5を付けます。

もし見かけることがあったら、もしその時手持ちのショックリーダーがあと僅かだったら、買っても損じゃないですよコレ!

自分の選ぶ基準はPE1号でショックリーダー16lbです。

関連記事


Comment 3

2016.06.25
Sat
22:45

貧弱 #-

URL

リーダーばかりは意を決して自腹切らないと良し悪しが判らないですよね。
使う環境、腕(センス)にも因るよほな。

バリバスはハズレはないと思いますが、
よつあみやゴ○センは船コーナーにデカく平べったい裸のスプールで陳列されてたのも手伝って、
費用対効果から敬遠してました。

拙い経験上巻かれているスプールにストレーナやスプールバンドが付属されている製品は
高くてもトライするべきヤツだと思います。

…そういう点では磯用ハリスはかなりポイント高いのか?

編集 | 返信 | 
2016.06.27
Mon
08:41

スタッマキンスイマー #-

URL

テキトーにリーダー選んで最近はダイワのボビン巻きナイロン4号を使ってた私には何とも目が覚める内容でしたw
ショボいフロロ使ってるとナイロンの方が根掛かり回収率高いし(自分的には)これでいーやになってましたね
ぼらおさんプッシュのどちらかを使ってみますよ

編集 | 返信 | 
2016.06.30
Thu
10:06

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> テキトーにリーダー選んで最近はダイワのボビン巻きナイロン4号を使ってた私には何とも目が覚める内容でしたw
> ショボいフロロ使ってるとナイロンの方が根掛かり回収率高いし(自分的には)これでいーやになってましたね
> ぼらおさんプッシュのどちらかを使ってみますよ

やっぱり感度・強度・耐久性・結束のしやすさ・・・こういうところに良し悪しがハッキリでますね。

フロロの伸張性に関しては硬さと反比例の関係にあるのかと思っていましたが、バリバスを使うとそういうことでもないらしく、個人的にはショッキングな出来事でした。

編集 | 返信 | 

Latest Posts