K2R112 - シーバスルアー:ミノー

K2R112

 01,2016 10:55
KIMG2041a.jpg


K2R112

メーカー:K-TEN タックルハウス
カテゴリー:フローティングペンシル フローティングミノー

評価

中~上級者のためのルアー。
「これだから釣れた」という実用的な一面も備えていますが、どちらかといえば「このルアーで釣りたい」という拘り、あるいは「縛り」系のルアーです。
このルアーは一体何者なのか、そしてどういう使い方をすれば魚が釣れるのか、どこを検索してもわからなかった人のために書いてみます。

 シンペン並みに飛ばしたい。けれど浮いてくれないと困る。

 水面直下を泳いでほしい。けれど飛び出されると困る。

 流れには強くあってほしい。けれど安定しすぎるのも困る。

 連続トゥイッチしたい。けれど深度が変化したら困る。

 ヒットシーンが見たい。けれどトップに出ないので困る。


http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=327

ぶっちゃけ、こんなこと書かれてもわからないですよね(苦笑)



適性

サーフ   ★
内湾干潟   ★★★
河川/河口  ★★★★★
磯      ★★★★
港湾  ★

流れが必要なルアーです。
川や干潟の流れや磯などの払い出しなど。


キャスティング

飛距離 ★★★★☆
飛行姿勢 ★★★★
キャスタビリティー ★★★

K-TENにしては弱めのマグネット重心移動。
K2Fよりはユーザーフレンドリーですが、ほんのすこしのミスで失速するのは同じです。
リリースポイントの帯が狭い上に使うロッドを選びます。


DSCN2173.jpg


レンジ

K2R112にはフローティングとサスペンドがありますが、どちらも基本、トップもしくはセミトップのレンジになります。
ただし、スイム姿勢が頭が斜め下になる形になるので、サスペンドでロッドを使ったアクションを織り交ぜるともうすこし下がることがあります。
サスペンドは海水での調整がされているので、淡水での使用はスローシンキング気味になるかも。


アクション・使い方

アクション ★★★

まずタダ巻きをしてみると・・・殆ど泳ぎません。
もう少し早く巻くと・・・微かにウォブリングが入ります。
タダ巻きをメインに考えているならばフローティングを選びましょう。
サスペンドだとこの「微かなウォブリング」が更に出にくくなります。

タックルハウスのルアーである以上、この性質は狙って作られたもの・・・ではどう使えばいいかというと:

①タックルハウスが言うように「棒のようだけれども微かに出るこのアクションが効く時がある」
②河川でアップからドリフトさせてU字のダウン側になった瞬間、頭が流れを掴んでアクションが生きる

①の使い方でも確かにシーバスがルアーを捕食対象だと認識する時があるようです・・・これは体験しました。
使い方の基本は②です。
K2R112はBMC120Fほど泳がないので立ち位置・着水点・トレースコース・ラインメンディング等、もっとシビアな操作が要求されます。

KIMG4415.jpg

BMC120Fはご存知の通り、けっこうブリブリに泳ぐフローティングペンシル・・・というよりは表層リップレスミノーなのでドリフト中であるならどの角度でもOKだよ的なルアーですが、K2Rはアップクロスから流れに乗せているだけだと殆ど泳いでないんじゃないかと思います・・・その場合、②をしているつもりでも使い方は①と同じになります。
デイの磯なんかでは払い出しの中を通したり、波が引く最中にルアーをタメておいたりするとアクションが冴えるでしょう。

タダ巻きの使い方は以上です。
かなり限定的なルアーです。

以下はロッドアクション編になります。
ロッドアクションをより多く使うのであるならば水に馴染みやすいサスペンドバージョンがオススメです。

ところでこのK2R112、その形状や「自由に使って」という開発者のコメントからしてトップ系のルアーではないかと思っている人がいるかもしれませんが・・・基本、違います。
出るバイトはトップ系の反応に似ていますが、アクション自体はミノーでしょう。
バスやシーバスにおけるトップのペンシル・・・TDソルトペンシルなどの「ドッグウォーク」させるペンシルではありません。
スプラッシュ→リトリーブ→ステイ→スプラッシュさせるルアーでもありません。
静止状態の姿勢が直立していないので、そういう操作(まったく不可能であるとはいいませんが)には不向き。

ではどう使うかというと・・・

ところでK2系は特に使い方などを指定していません。それは使い手各自各様の釣り方あることと、私には想定外の使用法で好釣果を上げている方々も見てきたからです。
しかしK2Rはジャンルとしてはシャローリップレスでも動きの原理からして他と異なるところがあり、使い方に迷っている方々もおられるようです。
そこで私自身再度試して確認したことを示しておこうかと思います。主に対スズキに関してこのルアーの使い方の筋みたいなものです。
ルアーの能力的には低速から高速まで対応できて、アッピールの高いダートアクション(引きながら、がコツ)も可能ですが、そうしたフルアクションが効く状況は余程活性の高い時、あるいはその反対か、極端なときが多いと思います。
平均的な状況でヒット率が高く、しかも大型が好むのはユックリ目のただ引き中にロッドティップを僅かに煽るぐらいの控えめな動きです。
どんなにアクションが小さくなろうと、このルアー特有の動きの要素は残っていて、これが効きます。 フルアクションは、主に任意にアッピールさせたいときに使います。その能力は低速で漂わせた時にも目標とする挙動をさせるための余裕分として働いているわけです。


http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=330

下線が引かれている箇所に注目してください。
これ、本当に本当のことです。
青物のプラッギングのようにロッドを使ってホウキを掃くようなスウィープをするとK2Rが平打ちしながら前進します。
ティップを小刻みに動かすとダートします。
表現力は高く、そのバリエーションも豊かなのですが、静と動のコントラストを作るためにもまずは「リップに頼らないアクション」を作るRユニットを信じて控えめなロッドアクションから挑戦してみましょう。

このルアーが何故「中~上級者のルアー」かといえば、ルアーをロッドで操作する・TPOを見極めるという、K2Rで釣るために求められる要素が初心者向きではないから。しかも「このルアーを支配してやろう」という欲望が芽生えてくるルアーだからです。
本当にいろいろな使い方があります。
故に、危険です。
本当は他のルアーならアッサリ釣れるはずのシチュエーションでK2Rに拘ってしまう(縛られてしまう)ことが十分にありえます。
どんなルアーでも釣ってみせることが出来る、どんなルアーでもその性質を探り当てることができる、そういうレベルの人に向けて仕掛けられた罠といってもいいでしょう(笑)


フックチューン

ST46#3がデフォルトで装着されています。
磯での使用がメインでなければこれで十分。


ルアーの入手

値段 ★★
安定供給 ★★★

定価は2200円+税でお高い・・
タックルハウスのルアーがおいてあるショップなら1~2種のカラーバリエーションが置いてあるかも。
フローティングとサスペンドの違いは念頭に入れておきましょう。

中古を買う際はフック代のこともしっかり考えましょう。
中古マーケットで弾数が豊富なルアーではなく、しかもその「正体」が知れ渡っているルアーではないので一律「タックルハウスのルアーだから」という値付がされてます。
フックを替えると新品と殆ど差がなかった、なんてことになるのはナンセンス。


KIMG2042.jpg


総評

最終評価 ★★★
(あるいは ★★★★★∞

ルアーというものをシーバスを釣るという「目的」を達成するための「手段」としてみたら、このルアーに高い評価をつけようとは思いません。
確かにこのルアーだから釣れるというシーンはあります。
が、前にも述べた通り、K2Rは普通のルアーでシーバスを釣るという行為に更なる「遊び」の要素を求める人のためのルアーです。
要するに、「シーバスを釣るのが目的」ではなく「K2Rでシーバスを釣るのが目的」の人のための・・・・いうならば「美学」が必要とされるルアーです。
爆発的な数釣りだったり、爽快感だったり、高い大物反応率があるような性質を秘めているのであれば、それは特別な役割がある実用的なルアーですが、これは「K2Rで釣ってやった」という自己満足意外のモノはあまり得られません。
その難易度の割りにリターンが少ないような気がして、もうちょっとユーザーフレンドリーになれなかったもんかな、と思います。

そういう思いがある一方で、K2Rのサイズをもっと小さくし、タダ巻きでアクションがしっかり出るような「フローティングシンペン」的な設定にするともっと多くのユーザーに受け入れられるルアーになることをタックルハウスは知っているのではないかと個人的には疑っています。
では何故しなかったかといえば・・・一つは彼らの商売上の「遊び」を形にしたのがK2Rではないかと勝手に推測してみたり(笑)。
そしてもう一つは、このルアーを手にしたアングラーを育てたいという心情が潜んでいるのではないでしょうかね。
もしそうであるならば、このルアーは1個のルアーとしてみるべきではなく、ルアーフィッシング界に対するタックルハウスの形而上的な「貢献の象徴」としてみるべきで、評価の対象外です。


あっ、そういえば・・・


K2Rのサイズをもっと小さくし、タダ巻きでアクションがしっかり出るような「フローティングシンペン」的な設定

にしたルアーってどこかにありましたよね!


シ○ノのC○○


でしたっけ?






関連記事


Comment 12

2016.07.01
Fri
12:05

スタッマキンスイマー #-

URL

いやーこれのインプレ見たかったんですよ、最近東京のJではK2R推ししてる店が多数あって2色買ったんですけどよく飛ぶ少し沈む棒だなーみたいな印象で中々出番がありませんw
まだマニック135で釣れてもないのでこれを使いこなせるのは当分先ですね、マニックは何度か水面爆発するも空ぶり食らってクヤシー!状態です。
K2Rは見た目が好きなんで使いこなせるようになりたいですね。

編集 | 返信 | 
2016.07.01
Fri
16:19

M #-

URL

いつも楽しく拝見させて貰ってます。

が、今回の内容には「う~ん…」ですな。

美学やらなんやらは関係なく、K2Rは無茶苦茶釣れるルアーですよ。
兄貴分のTKR130Hの威力を知っているヒトなら、そのダウンサイズモデルの凶悪さを理解できるはず。

しかし、理解されず終わるのかもね。
ラパラのシャローダンサーみたく。

編集 | 返信 | 
2016.07.01
Fri
18:01

ワゴンセール #JalddpaA

URL

昨シーズンから、ブリブリと泳がないルアーに興味を持ってBKSのリップ折りとかしてますが、暗い時のシャローゴロタで、安心して使えるので、3本程買いました。

まだ結果は出してませんが、今シーズンこそ( ̄^ ̄)ゞ

スタッガリングスイマーさんと思ってたら、・・・Σ(゚д゚lll)下ネタw

編集 | 返信 | 
2016.07.02
Sat
03:54

蟹 #-

URL

このルアーずば抜けた釣果は出してませんが一番好きです。

うまい表現見つからないんですけど「遊びがあって自由」なんです。
なんか使ってて楽しいんですよね。
『ルアーって漁具じゃない』…これを使ってるとそう思います。

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
08:51

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 昨シーズンから、ブリブリと泳がないルアーに興味を持ってBKSのリップ折りとかしてますが、暗い時のシャローゴロタで、安心して使えるので、3本程買いました。
>
> まだ結果は出してませんが、今シーズンこそ( ̄^ ̄)ゞ

早巻きすると結構普通のルアーになりますけど、そのスピードバンドは完全に青物用ですね

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
08:56

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> このルアーずば抜けた釣果は出してませんが一番好きです。
>
> うまい表現見つからないんですけど「遊びがあって自由」なんです。
> なんか使ってて楽しいんですよね。
> 『ルアーって漁具じゃない』…これを使ってるとそう思います。

そうですね・・・効率を求めたルアーではないと思います。

投げているだけでイロイロな発見がありますよね。

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
09:28

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> いやーこれのインプレ見たかったんですよ、最近東京のJではK2R推ししてる店が多数あって2色買ったんですけどよく飛ぶ少し沈む棒だなーみたいな印象で中々出番がありませんw
> まだマニック135で釣れてもないのでこれを使いこなせるのは当分先ですね、マニックは何度か水面爆発するも空ぶり食らってクヤシー!状態です。
> K2Rは見た目が好きなんで使いこなせるようになりたいですね。

ウフフフ・・・結構ムズカシイですよ~

もしかしたら磯で早巻きしているほうが「最初の一匹」が釣れる可能性が高いかも!?

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
09:38

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> いつも楽しく拝見させて貰ってます。
>
> が、今回の内容には「う~ん…」ですな。
>
> 美学やらなんやらは関係なく、K2Rは無茶苦茶釣れるルアーですよ。
> 兄貴分のTKR130Hの威力を知っているヒトなら、そのダウンサイズモデルの凶悪さを理解できるはず。
>
> しかし、理解されず終わるのかもね。
> ラパラのシャローダンサーみたく。


一般ピーポーはTKR130Hの使い方どころか存在を知りませぬ・・・そういう自分も知りません。

「Aというルアーはどうやって使うの?」という疑問に対して「Bというルアーを知ってたらわかるはず」という回答は、個人的には非常にアンフレンドリーだと思います。

K2R112に限っていえば「使い方を見つけてね!」という性質のルアーであることを前もって宣言しているも同然なので、それが悪いことだとは思いません。

ネットを探しても具体的なK2Rの「ハウツー」使用方法に言及しているサイトは皆無。
出てくるのは上級者が「K2Rでシーバス釣れました」的な記事ばかり。
皆さんがこのルアーに苦戦していることがなんとなく察せられたのがこの記事を書いた動機です。

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
20:28

M #-

URL

なるほど。
こりゃまた失礼しました。

では、一つの使い方をご紹介致しますと、
「速めのタダ曳き」
TKRもK2Rも基本これです。夜でも。

ある意味、最もテクニックの必要がない初心者向けルアーです。

編集 | 返信 | 
2016.07.06
Wed
13:08

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> なるほど。
> こりゃまた失礼しました。
>
> では、一つの使い方をご紹介致しますと、
> 「速めのタダ曳き」
> TKRもK2Rも基本これです。夜でも。
>
> ある意味、最もテクニックの必要がない初心者向けルアーです。



うおおおお


全国7千万人のK2Rユーザーの皆さん、早巻き(タダ巻き)ですぞ。早巻き。


因みに自分は開発ブログで「よほど活性が低いかよほど活性が高いかの時」と記されていた連続ダートで最初の1匹を出しました。

編集 | 返信 | 
2016.07.09
Sat
01:07

蟹 #-

URL

BKFシリーズの90 115あたりを中古で激安で見つけたらリップを爪切りで全部削ってヤスリで簡単に仕上げてみて下さい。
90はK2Rのダウンサイジングとして使えます(Rユニットは内臓してませんが、似た水の受け方をするK2Rっぽいリップレスミノーになります)

編集 | 返信 | 
2016.07.09
Sat
08:42

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> BKFシリーズの90 115あたりを中古で激安で見つけたらリップを爪切りで全部削ってヤスリで簡単に仕上げてみて下さい。
> 90はK2Rのダウンサイジングとして使えます(Rユニットは内臓してませんが、似た水の受け方をするK2Rっぽいリップレスミノーになります)

あ、115なら持ってたかも!

お蔵入りしてたはずなので今度試して見ます!!

編集 | 返信 | 

Latest Posts