失敗しないサーフの秘訣 - 2016年釣行記

失敗しないサーフの秘訣

 03,2016 08:37
DSCN2205.jpg


暑~い季節・・・


サーフには地獄の季節がやってきました・・・


熱中症対策には万全を期しましょう!


飲料は1Lくらいだと足りないかも。




前回の失敗を活かして今回は二重の備えでサーフに挑みます。


これだけ歩いてボウズで帰るのは気が滅入りますからね・・・・


というわけで、今回も朝4時に現地入りしてスタート。


DSCN2204.jpg


4時起床とか、4時出発じゃなくて、4時現地入りの4時半開始です・・・


サーフの砂質によっては歩くことはさほど苦痛ではないので、「マズメにあわせる早起きが」夏至に近い季節のサーフで一番シンドイことかも。






で、マズメの終わり頃に・・・モアシルダの遠投にコンタクトが!


おっ、ソゲかな?

ん、でもなんか突っ込もうとしてるな?

なんだろなと思いながら揚げてみると・・・




DSCN2207.jpg


極小のショゴ(笑)


もうちょっと大きな・・・30cmを超えてネリゴと呼ばれるくらいになっていたら刺し身用として持ち帰ったかも。


しかしこのスプーンは本当に何にでも効くな・・・


ラパラジャパンが輸入しないなら、製造元に掛けあって自分が輸入代理店になろうかな・・・?


なんつってw



リリースし終えると・・・近くで何かがプシューッ!プシューッ!って言ってる。




なんぞなもし?




DSCN2209.jpg


ムラサキダコ・・・?



DSCN2210.jpg


産卵中らしい。



もしかしたら水打ち際でのたうち回るのが正式な産卵方法かもしれないけれど、ただ単に打ち上げられているだけなら可哀想なので1度だけ水に戻してやる。


・・・すると



DSCN2212.jpg


お呼びじゃなかったw




(しばらく撃って再び戻ってくる)



DSCN2213.jpg


切腹・・・?

産卵を終えたムラサキダコは自壊というか、自らバラバラに千切れて生を終えたみたいです。

確かマダコはメスが産卵後にすぐに死に、オスが飲まず喰わずで限界まで卵を守って死ぬんですよね。

タコ界も大変だ。





さて、2時間ほど歩いて撃って、ショゴ1匹で終わったので、今回の「保険」に登場願います。

ムフフフ・・・



ジャーン!



DSCN2216.jpg



青虫はお好みの量で・・・20~40gあれば十分でしょう。


キスのような小さな魚を今の時期の常温で持ち帰るのは不可能と思われますので、小型クーラー・簡易クーラーの持参を強くオススメします。
飲料も冷やせますし。


では早速・・・



DSCN2217.jpg



ピンギス・・・でも可愛い



まさかアルテサーノ103/08もこんな使われ方をするとは思ってなかっただろう(笑)

本気でちょい投げ(?)するならARC1006のほうがもっと飛距離がでるので好ましいですけど、釣ってる感じ、反応は60m以内に集中していました。

反応が特にあったのは


「サンドバーの向こう側の斜面」


この説明で意味がわかる人はここを知っている人😊

わからない人のために:


surf_20160703083343ff2.jpg


本気のキス釣りなら話は別ですけど、ちょい投げの射程が80mから100mに変わっても釣果に違いはでないと思います。

あ、「サンドバーの向こう側の斜面」を最大効率で攻めるため、斜めに投げて引くなら20mのエクストラ飛距離が有利かも?

ルアーでマゴチ狙う時も、同じ理屈が通用するはず・・・縦に狙うなら多少の飛距離の差は関係ない(いや、それどころか長いと効率が悪い可能性さえあります)ですが、斜めに投げた際に違いが出るでしょう。






閑話休題






ちょい投げキスの反省点を一つだけ。

何の考えもなしに2本針の仕掛けを選びましたが、3本いや、4本くらいあったほうが効率がいいですね。

仕掛けが多少長くなってサーフロッドで扱いにくくなったとしても効率の面から針の数は絶対に多いほうがいいです。










家に帰ってキス釣りの動画を勉強してみる・・・奥が深いんだなぁ・・・











さあ、今日はキスの刺身に唐揚げだ!

なんて勇んでいると・・・


DSCN2219.jpg


あら、キミ、カワイイね!


海藻が寄せているところはフグやこんなのが多くいました。









結局・・・


DSCN2222.jpg


こんな感じで飽きずに楽しめました!




使用ルアーズ:

DSCN2220.jpg







帰りはウェーダーが蒸れに蒸れて地獄でしたけどね。

流石にウェーダーの季節じゃないので、装備も考えモノですね。






こんなタックルを使っています












関連記事


Comment 8

2016.07.03
Sun
11:55

スタッマキンスイマー #-

URL

先程まで遠征して徹夜でサーフを打ちまくり丸坊主でした、ボロボロになって帰りの高速PAで携帯見るとこの記事が、、
そーいや何あるか分かんないからイソメも投げ竿も持って行ったんだからキス釣りして癒されれば良かったですね、何だかすっかり忘れてました
ぐ、ぐやじい、、!

編集 | 返信 | 
2016.07.03
Sun
12:20

貧弱 #-

URL

予めチョイ投げしてやろうと企てたなら虫餌は必須ですが、
塩締めゴカイなど便利なブツが出ているので
ハゼにでも癒やしてもらう用に地味に携帯してます。


でもガルプの方が食いが立ったりします。

編集 | 返信 | 
2016.07.03
Sun
18:48

ワゴンセール #JalddpaA

URL

漢なら、キスも気合いでルアーw
青イソメの方が、絶対に効率的だけどね。

昨日、今日とさ◯き◯原のサーフに5時半頃から、出撃しましたが、完全試合でした(u_u)

南風が強くて釣りにくかったから、汐入川まで行けばよかっかも(;^_^A

因みに、暑くてウェーダーなんて着られないから、海パンにビーサン。上はラッシュガードでまとめてみましたよ。

編集 | 返信 | 
2016.07.03
Sun
23:54

くろこげ #jjTL4YWY

URL

失敗

3時半起床で同じ時間に湾内でキャストしてました。

JBCより東の湾側はなぜか下水の臭いが立ちこめていて、あまりにも臭いので西側に移動したものの6時半でギブアップ。

外海と湾内で水質が天国と地獄だったようで、夕まずめの湾奥AJINGも坊主。

私も来週はKISSER?になってるかも。

ただ気になったのは、2週間前と同じ朝マズメにサゴシっぽい海面変化の目撃。遠すぎてルアーは絶対届かないし魚種不明。

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
08:53

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 先程まで遠征して徹夜でサーフを打ちまくり丸坊主でした、ボロボロになって帰りの高速PAで携帯見るとこの記事が、、
> そーいや何あるか分かんないからイソメも投げ竿も持って行ったんだからキス釣りして癒されれば良かったですね、何だかすっかり忘れてました
> ぐ、ぐやじい、、!

キス釣りも簡単じゃなく・・・いや、簡単につれますけど、ちょい投げでも時間効率とか重量効率を求めた途端に「競技性」が出てきてオモシロいですねぇ!

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
08:53

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 予めチョイ投げしてやろうと企てたなら虫餌は必須ですが、
> 塩締めゴカイなど便利なブツが出ているので
> ハゼにでも癒やしてもらう用に地味に携帯してます。
>
>
> でもガルプの方が食いが立ったりします。

ガルプでやると負けだと思ってます

編集 | 返信 | 
2016.07.05
Tue
08:55

ぼらお #-

URL

Re: タイトルなし

> 漢なら、キスも気合いでルアーw
> 青イソメの方が、絶対に効率的だけどね。
>
> 昨日、今日とさ◯き◯原のサーフに5時半頃から、出撃しましたが、完全試合でした(u_u)
>
> 南風が強くて釣りにくかったから、汐入川まで行けばよかっかも(;^_^A
>
> 因みに、暑くてウェーダーなんて着られないから、海パンにビーサン。上はラッシュガードでまとめてみましたよ。


海パンの下にもタイツ履いて日焼け対策したほうが結果として疲れない気がします。

編集 | 返信 | 
2016.07.06
Wed
12:59

ぼらお #-

URL

Re: 失敗

> 3時半起床で同じ時間に湾内でキャストしてました。
>
> JBCより東の湾側はなぜか下水の臭いが立ちこめていて、あまりにも臭いので西側に移動したものの6時半でギブアップ。
>
> 外海と湾内で水質が天国と地獄だったようで、夕まずめの湾奥AJINGも坊主。
>
> 私も来週はKISSER?になってるかも。
>
> ただ気になったのは、2週間前と同じ朝マズメにサゴシっぽい海面変化の目撃。遠すぎてルアーは絶対届かないし魚種不明。

サゴシも早いやつは8月から来てることありますからな~

編集 | 返信 | 

Latest Posts