25,2020 ダイワ モアザン ガルバスリム110S READ MORE

 24,2020 ダイワ D-スナップ ライト READ MORE

 23,2020 博多湾で夢の大台に届きそうな魚を釣ってしまう READ MORE

 20,2020 磯で出会ったキチ○イ列伝 READ MORE

 16,2020 タックルハウス ノード130F READ MORE

 11,2020 勝負勘を養え READ MORE

 06,2020 おもしろGWシーバス READ MORE

 05,2020 博多湾三密シーバス READ MORE

 01,2020 ジップベイツ ザブラシステムミノー11Fタイダル READ MORE

ダイワ モアザン ガルバスリム110S

モアザン ガルバスリム 110S【メーカー】ダイワ【カテゴリー】リップ付きシンペン【スペック】シンキングウェイトタイプ:ほぼ固定重心にオマケ程度のマグネット式移動重心全長:110mm 重量:22.5g フックサイズ#4リングサイズ#3評価爆釣ルアーといっていいガルバの最新シリーズ。スリム&ロングなシルエットで「いかにも釣れそう感」満載・・・試しに足元で泳がせてみると初心者にも簡単に釣らせてくれるであろう、オートマ...

ダイワ D-スナップ ライト

えー、ずばり言っちゃいます。D-Snap Light(特にLの55lb)は耐力スナップ1.5号の代替品としてデイリーシーバス戦線に投入しうる製品です信頼に値します使用感も耐力スナップに非常に近く、コスパも優れているため、ぶっちゃけこれを主力に据えるのもアリかと思います。耐力スナップユーザーは一度お試しあれ。(ただし磯ヒラスズキやライトショアジギングなど、40gくらいのルアーが勢いよく水面に激突するような釣りに関しては未...

博多湾で夢の大台に届きそうな魚を釣ってしまう

どういう理由かわからないけれども、今年の博多湾のバチ抜けは遅かった・・・記憶にある限りにおいてもっとも発生が遅かったと思う。博多湾のバチパターンのセオリーは「GW頃からが本番」(←逆にいえばGW前でもバチ抜けはあるという意味である)なんだけれども、今年はGW終わってからも中々本格的に抜けがなかった。(特に夜間の)気温が例年よりかなり低いのが影響してるのかもしれない・・・が、人口160万を突破した国際的大都会...

磯で出会ったキチ○イ列伝

磯のキチ○イは普通の釣り場のキチ○イと一味違うというか、一言でいうと「異様」なんですよね。多様性を尊重するリベラルなぼらおさんでも磯の彼らはちょっと無理ですわ・・・...

タックルハウス ノード130F

NODE130F【メーカー】タックルハウス【カテゴリー】フローティングミノー【スペック】フローティングウェイトタイプ:マグネット式移動重心全長:130mm 重量:18g フックサイズ#5リングサイズ#3評価”タイドミノースリムを目指したけどタイドミノースリムにはなれなかったミノー””タイドミノーやショアラインシャイナーが覇権を争った「スリム系ミノー」に第三極として参戦したけどスルーされてしまったミノー””タックルハウス...

勝負勘を養え

突然ですが「ドンケツ」というどーしようもない漫画があります。俗に言うところの極道漫画で、好きな漫画は何と問われて「ドンケツ」を挙げようものなら社会の底辺扱いされて低IQのレッテルを貼られること間違いなしみたいな、荒唐無稽なアウトローストーリーが28巻まで展開されていたりします(笑)【中古】ドンケツ <1−28巻セット> / たーし(コミックセット)posted with カエレバ楽天市場で検索Amazonで検索Yahooショッピン...

おもしろGWシーバス

これは所謂一つの「水潮」ってヤツですね。ぼかー水のことに詳しいから知ってるんだ・・・前日とまったく同じことをいいながらまったく同じ場所にエントリーえ、なんで・・・?だってさァ違う場所に入ろうとしたのにさァ「コノシロがいっぱい居ると思ったら全部クサフグだった」みたいな悪夢だったんだもん・・・めっちゃ狭いゾーンに何十匹もいたゾ!...

博多湾三密シーバス

これは所謂一つの「水潮」ってヤツですね。ぼかー水のことに詳しいから知ってるんだ・・・なんてなコトをいいながらエントリーもう水温的には余裕でアカエイいるなコレ・・・濁ってると不意の遭遇が怖いんだよな...

ジップベイツ ザブラシステムミノー11Fタイダル

ZBLシステムミノー11Fタイダル【メーカー】ジップベイツ【カテゴリー】シャローランナー【スペック】フローティングウェイトタイプ:マグネット式ワイヤーオシレート移動重心全長:110mm 重量:14.5g フックサイズ#4リングサイズ#3評価このルアーを一言で表現するなら「凡作」という言葉がもっとも相応しいと思います。駄作でも傑作でもない、凡作。(そういえば昔そういうタイトルのエロゲがあった気がする)web上では好意的...