07,2024 ちょい投げでキスを釣って料理して「これがタマランチ会長」というだけの仕事 READ MORE

 01,2024 今年初のシーバス釣行の結果 READ MORE

 15,2024 「一番信頼しているミノー」にどうしても出ない時のための備え③ READ MORE

 03,2024 「一番信頼しているミノー」にどうしても出ない時のための備え② READ MORE

 17,2024 味わえるのは今の時期だけ!ヒラスズキの「あの珍味」をゲットす READ MORE

 12,2024 ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)③ READ MORE

 12,2024 ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)② READ MORE

 11,2024 ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)① READ MORE

 16,2024 やっぱり冬タチウオは難しいね READ MORE

ちょい投げでキスを釣って料理して「これがタマランチ会長」というだけの仕事

そろそろ初夏の楽しみであるキスでも釣るか・・・と、思い立った4月某日(あ、あれ?なんかこの書き出しデジャヴュ?)この日の計画はいたってシンプルで・キスを釣る・キスの刺身と天麩羅を食べて「あー、この組み合わせがタマランチ会長」とつぶやくのはずだったのに・・・...

今年初のシーバス釣行の結果

そろそろデイリーなシーバスでも釣るか・・・と、思い立った4月某日大潮。昼までは釣る気マンマンだった、といいますか、おそらくは釣れるであろう(だってぼらおさんだし)という見込みがありました。が、いざ糸を垂らしてみると...

「一番信頼しているミノー」にどうしても出ない時のための備え③

今回はこの問題の本質に少し触れてみようと思います。「本質」とは何か?それはズバリ・・・...

「一番信頼しているミノー」にどうしても出ない時のための備え②

前回の記事からチョット間が空きましたが続きを。今回はこの三点にフォーカスを当てています・ルアーを小さくする・シンペンに替える・バイブに替える下記については③以降の記事で・ワームに替える・トップに替える・ルアーを手動で動かしてみる・レンジを変えてみる・トレースコースを変えてみる...

味わえるのは今の時期だけ!ヒラスズキの「あの珍味」をゲットす

朝5時30分・・・寝袋から這い出てまずやるべきことは・・・前日に磯で波に吹き飛ばされ、岩に強く打ち付けられた両膝の状態の確認案の定、内出血で広範囲に渡って黄色くなっており、ヴィジュアル的にはあまりよろしくありません。押すと痛い。触ると痛い。が、腫れはすでに引いていて足の屈伸にはほとんど支障がなく、問題なく歩けることを確認。ふーん、いいじゃん。アゼルバイジャン。...

ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)③

これまでのあらすじ:ランディング中にバカ波に(陸側に)吹き飛ばされたものの、ギアウェアの損傷はなく、おまけに釣ったヒラスズキも無事回収したぼらおさん。岩に打ち付けられた両膝の激痛を堪える中、取った行動とは・・・?...

ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)②

先程のヘラブナ体型のヒラスズキをリリースして再開。ぼちぼちバイトが発生し続けるんですがとにかくノリが悪い・・・「出るけどサッパリ乗らない状態」がしばらく続きます。多分、小さいルアーが良いんだろうなぁ。でも太い系の個体が多い気がする上にランディングに難がある場所なので小さいルアーの小さいフックはアレよなぁ。...

ぼらお、吹き飛ばされる(釣りは続ける)①

3月に入ったものの、ほぼ確実に「春」ではないであろうと予見できる磯にgoing my way薄暗い中、現場に到着してみると・・・ちょっと波が高すぎて1時間、いや、2時間は(落ち着くのを)待ったほうがいいと判断して時間潰しの裏磯を最初のポイントとして選択。すると・・・...

やっぱり冬タチウオは難しいね

冬タチウオが今年は良い、という話を聞いて行ってみることに。ちなみにこれが2024年の初釣行。ってことでぶーん・・・ん?...