19,2019 飛距離を伸ばしてみろ③ READ MORE

 02,2019 飛距離を伸ばしてみろ② READ MORE

 28,2019 飛距離を伸ばしてみろ① READ MORE

 16,2019 ランディングツール(タモ)は貸さなくていいぞ・・・いや、むしろ貸すな READ MORE

 30,2019 よく勘違いされてるけど釣れなかった事(つまりボウズ)は負けじゃないぞ? READ MORE

 05,2018 人を釣るな!魚を釣れ! READ MORE

 20,2018 初心者に毛が生えた程度の頃の自分を今の自分が客観的に評価してみる READ MORE

 28,2018 ポイントへのエントリー考察 READ MORE

 23,2018 肯定もしなければ否定もしない READ MORE

 28,2018 ロイ・キーンから学ぶ【釣れるアングラー】になるためのメンタル術 READ MORE

 19,2018 ヤツらと張り合うな! READ MORE

飛距離を伸ばしてみろ③

シリーズ3回目にして最終回これまで飛距離を伸ばそうとする行為には・釣りIQが鍛えられる・釣れない期間を支えてくれるモチベーションとなるという効能があると述べてきましたが、今回はもっとぶっちゃけましょう。・・・・・・・飛距離が伸びるといままで狙えなかった魚が狙えるようになります飛距離が伸びると今まで釣れなかった魚が釣れるようになりますこれマジよ。マジ。...

飛距離を伸ばしてみろ②

初心者アングラーが“いつでもどこでもシーバスをバコバコ釣りまくる人になる”とか“年間ランカー捕獲数二桁を毎年達成できるようになる”とか“ぼらおさんのように上手くて格好よくて素敵なアングラーになる”のように、大きな目標を持つことは自由です。自由ですが、一日一匹どころか一週間で一匹すら怪しい初心者がイキナリ遠大な目標(特に3行目とか不可能に近い)を掲げてもあまり意味がありませんよね。...

飛距離を伸ばしてみろ①

今日はシーバスが上手くなるコツの一つを伝授してやろう!できれば毎日通え!毎日が無理でも釣行頻度を上げろ!とにかく通い続けろ!当然、通い続けることのできるフィールドを選べ!思い立ったら行ってみろ!歩け!探せ!試せ!↑釣りたければこうしろと、常日頃から口を酸っぱくして言っておりますが、今日紹介するコツはちょっと趣旨が違います。もっと実践的というかもっと具体的(?)ですね。...

ランディングツール(タモ)は貸さなくていいぞ・・・いや、むしろ貸すな

往々にして人は過ちを犯すダイエット中なのに脂ギトギトのラーメン食べちゃったとかお金ないのにクレカ支払い限度まで釣具買っちゃったとか今年三十幾つにもなるのにお腹が急に冷えてウ○コ漏らしちゃったとかだが、過ちを犯してしまったこと自体はさほど問題ではない。ぼらおさんを除けば一切のミスをしない完璧な人間などは存在せず、ぼらおさんを除けば誰しもが判断を誤り、間違った行動をとってしまうものだ。だから人の真価は...

よく勘違いされてるけど釣れなかった事(つまりボウズ)は負けじゃないぞ?

サッカー方式で考えるとボウズ・・・勝ち=本命ゲット=3点引分=悪くない外道ゲットもしくは本命の小サイズゲット=1点負け=ボウズ=0点すなわち何も釣れなかった釣行は0点であり、自分の釣り歴において何のプラスにもならない無駄な行為だった・・・と総括してしまう人が少なからず居ると思います。...

人を釣るな!魚を釣れ!

シーバス釣りとは、とどのつまりは「いい場所を知る・いい場所を抑える・いい場所で釣る」こういう釣りである。断言していい。...

初心者に毛が生えた程度の頃の自分を今の自分が客観的に評価してみる

2009年から2012年頃の自分はこんなことが出来ていなかったりあんなことが不十分だったりした。不思議なことに当時既に充足的水準に達していた分野もあった。逆に当時は出来ていたことなのに今、退化しつつあることもあったりなかったり。時には自分の歩みを振り返ってみるのも一つの「釣り」の姿ですグラップラー刃牙 コミック 全42巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)posted with カエレバ板垣 恵介 秋田書店 1999-09-01...

ポイントへのエントリー考察

釣り場への入り方一つでそのアングラーの人となりがわかります。...

肯定もしなければ否定もしない

昔、ある人からこう聞かれたことがあります「3月の博多湾でシーバスは釣れますか?」否定するのも肯定するのも簡単です。...

ロイ・キーンから学ぶ【釣れるアングラー】になるためのメンタル術

今年はワールドカップイヤーですが、監督の更迭騒動以外はサッカーおよび日本代表の話題があまり盛り上がっていないような・・・?...

ヤツらと張り合うな!

この世の中にはどうやっても勝てない相手というものが存在します。貴方にはそこそこの時間とそこそこのお金とそこそこの経験とそこそこの才能とそこそこの熱意があるかもしれませんが・・・そんなモノ全てをひっくり返してしまうくらいのチート能力・・・・とある素質(というか条件)を持つアングラーたちがいるのです。...