09,2019 代償 READ MORE

 25,2019 ブルーバック狙いで赤と黒 READ MORE

 21,2019 これマジ!?ショアマダイ乱舞!!【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記③】 READ MORE

 20,2019 初ヒラスズキとビッグなアイツ【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記②】 READ MORE

 19,2019 イサキ連発に変なオジサン激怒!?【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記①】 READ MORE

 11,2019 【おめでたい】敗北の予感からの・・・2019年初フィッシュ! READ MORE

 05,2019 ファイナルヒラスズキ READ MORE

 04,2019 またまた出ちゃった☆ランカーヒラスズキ READ MORE

 03,2019 WB113RとキャタリナとK2Fでポンッ! READ MORE

 30,2018 驚異の尺メバル捕獲率50%(!)のボクが尺メバルの狙い方をレクチャーします READ MORE

 27,2018 回遊狙いでラストシーバスに挑むも・・・ボウズでバッドエンド READ MORE

代償

中学生からみるとバイク乗ったりバイトできたりする高校生は大人にみえる。ただし、高校生はどこをどう取り繕うてもガキである。毛も生えてないでしょ高校生からみると「ゼミの何々が」なんて謎の会話したり飲み会行ったりする大学生は大人にみえる。ただし、大学生は親の保護下にあるガキである。剥けてもないでしょ大学生からみるとスーツを着て仕事をしている社会人となったOBは大人にみえる。ただし、24、5のぺーぺーは所詮ペ...

ブルーバック狙いで赤と黒

「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??」ああ、大漁だったよ「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、なにが捕れたの?」…鯛とか、、、スズキがいっぱい捕れたよ「イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??」ああ。でかいイサキが取れたよ。今年一番の大漁だ。「大漁っ!!イサキぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい!」...

これマジ!?ショアマダイ乱舞!!【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記③】

尾叉長74cmの大鯛を持って山を登り、バリヒラ11とセルテを格納。本来ならば針先が終わったレンジバイブ80やら冷音24やらのアタリバイブのフックを交換したいところですが、時合を逃したくないのでそれらも格納して代わりに予備のバイブを持ち出します。もう既に二度、磯と車との往復をしたので体が相当キテているのですが、なんとなく「まだ何か」があるような予感がしたので、UC11 2Sとソルティガ4000H+2号に35lbの編成で再出撃...

初ヒラスズキとビッグなアイツ【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記②】

イサキが岸に張り付けたカタクチを補食しにヒラスズキが集まってきたのでヒラスズキ狙いでランガン開始。イサキがワラワラ湧いているサラシはイサキ優勢で、そこにヒラスズキが割って入ることは滅多にありませぬ。要するに、イサキの数が少なさそうなサラシがいいんです。・・・↑あるやんけ!...

イサキ連発に変なオジサン激怒!?【一年に一度あるかないかの入れ食い釣行記①】

ところで【釣行記】というカテゴリーの文章に関しては色々な意見やスタンスがあると思うんです。・なるべく簡潔にしたほうが読者にとってわかりやすいという意見・なるべく感情的に書いたほうが臨場感が伝わるんじゃないかという意見どちらもナルホド一理あるなと思うんです。ま、極端な例・・・後者でいえば某fim○にありがちなポエムがかった描写とか、誰も得をしない改行とかを連発しても、読者が筆者に対して余程の思い入れ(あ...

【おめでたい】敗北の予感からの・・・2019年初フィッシュ!

巷では19セルテだの19ステラSWだのの話題で賑わっておりますが、そのような高額セレブタックルに無縁なぼくちゃんは今日も今日とて愛しのヒラスズキに会いにいくため、使い古しのオールドタックル(嘘)でせっせと励むのでありました。...

ファイナルヒラスズキ

朝・・・といっても真っ暗ですが・・・起きると、GPVなりSCWなりWINDYなりで、まず風を確認します。うーん、昨晩はずっと強風で、この朝はまだかなり強い感じで、昼過ぎからやっとヒラ日和的な雰囲気・・・とな。前日の最狂レベルの海よりマシだろうけれど、干潮止まりで大荒れはやりにくいなァ・・・なんて余裕カマしていられるのは前日にランカー釣っているからです(笑)結局「低い潮位に向いている磯」より「安全な磯」を選ん...

またまた出ちゃった☆ランカーヒラスズキ

夕マズメ狙いの短時間釣行。この釣行は前回の釣行・・・♂のヒラスズキ74~5cm(白子が美味しかったヤツ)からあまり間をおかずに出撃したものですが、フィールドコンディションは激変していました 。前回は晩秋(もしくは初冬)の磯といった感じで、その気になればウエットスーツでも全然問題ないような気温でしたが、この日は冬の寒波(2度とか3度とか・・・風が吹き晒す磯場の体感温度はさらにヤベー感じです)に覆われた真冬の...

WB113RとキャタリナとK2Fでポンッ!

尺メバルと同じ日の釣行ですWB113R:初陣キャタリナ4000H:初陣PE2.5号システム:初陣マサを意識して「ストロングスタイル」で臨みましたが、結果としてはライトな日でしたね。...

驚異の尺メバル捕獲率50%(!)のボクが尺メバルの狙い方をレクチャーします

世の中は尺メバルの狙い方を教えると称してテキトーなことばかりいってるサイトで溢れていますが、データはウソをつきません・・・ボクの今季の通算メバリング釣行回数は2回で捕獲数は2匹うち尺メバルは1匹捕獲されたメバルの平均全長は30cm(29.5cm+30.5cm)です(↑コレは今回ではなく前回のメバリング釣行の獲物です)...

回遊狙いでラストシーバスに挑むも・・・ボウズでバッドエンド

冬のプリスポーンシーバスを狙う・・・産卵のために落ちてゆく直前のシーバスを狙うためには「手順」というものが必要です。“a right procedure”というヤツですああ・・・この言葉の響きよ・・・突然思いったってここぞという所で糸垂らしてみたら冬の太ったシーバスがバコバコ釣れる、なんてことはまずありません。冬シーバスをよく釣っている人達は皆、皆勤性が高く、忍耐強く、過去のデータと今の自分の感性を信じて回遊が来る...