漢一匹ショアジギング

KIMG0413.jpg


彼氏と一緒に磯ヒラなう!

・・・に、使ってもいいよ






っとぉ・・・


ジギングの前にサラシさらい



KIMG0421.jpg



ぶっちゃけ、どっちがどっちなのか、降りて開始するまで予想がつかなかったので、ヒラ・ヒラな用意をしておりまする。

そういうシーンで使うロッドは自動的にSHORE11。










と、この瞬間を遡ること30分前・・・事件は起こった。



駐車スペースに到着し、車から降りて準備を済ませ、いざ現場に向かわん!


と、いつものように、見てるだけで頭がオカシくなってくる海岸をてくてく歩くこと10分・・・・








車のセキュリティアラームが不吉な警報を鳴らし始める!














え?




まさか・・・?







もしかして、どこかに身を潜めながら観察しつつ、俺が簡単に引き返せない所に行くまで待ってから、行動を起こした・・・?




10分掛かって降りたということは・・・登って引き返すに何分掛かる?

いや、まて、突風の誤作動かもしれん
(警報が示しているのは【振動】ではなく【ドア開放】)

いや、違う、そういう安易な「多分大丈夫」的な、根拠のない願望こそがコソドロ野郎が期待しているモノだ。





つまり・・・







うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



10分掛けて降りた道程を5分で登り戻るという荒行を果たす














これ、絶対にSASとかDEVGRUの訓練とかそういうヤツやろ・・・・







そして車は・・・











誤作動でした









よかった、ここには車上荒らしされた車なんてなかったんだ・・・







というわけで、釣り場に再度赴くワケですが、この時点で相当な体力が浪費されたことになります。

ヒラスズキ狙いは歩くことで体力を消費しますが、釣り自体はそんなに体力はいらないです。
ヒラマサ狙いは回遊を待つ釣りなのでヒラスズキほど歩き回ることはしませんが、釣り自体に体力が必要です。

どっちにしたってこの痙攣する太腿はよろしくない・・・



あ、いつだったか、そういうキチガイじみた崖UP&DOWNを前日に何回も何回もやって体が本当にヤベェ感じになってしまったので、「二日目は行き来が楽な場所でライトなキャスティングをしよう」いう釣りにしてちょっと動画を撮ったんですね・・・んでその内容に対して

“キャスティングに自信有るニキ”

がモリモリ沸いてきて「こいつのキャスティングしょべー!!!ぷぎゃーーー!」みたいなコメントしてきたことがありますが、断言します。

そういう“キャスティングに自信有るニキ”の多くはキャスティング技術のどうこう以前に、ポイントに到着することすら難があるでしょう・・・ホント、誇張なしに。
彼らからしたらこのレベルの踏破難易度のポイントをランガンで数ヶ所を周るなんてことは想像だにできないでしょうし、本当に消耗した体でキャスティングを続けるにはどうしたらいいかという必要性と向き合ったことがないのでしょう。
ンマァ、底の浅いアングラーほど「こいつは俺より上か下か」のマウンティングに必死になるということですナ。



あ、話はズレたので元に戻ると・・・




無事に釣り場に到着し、サラシに何も付いていないことを確認し、さあジギングやるっぺよ、というところで・・・



KIMG0416.jpg



アシストフックを1本も持ってきていないという致命的な失態に気がつきます。



仕方ないのでプラグ用のトレブルをリアに付けてシコシコ・・・


シコシコ・・・


シコシコ・・・







うーん、イマイチ・・・




じゃあプラグかというと話はそんなに簡単ではなく・・・




KIMG0418.jpg




前に出るとヤバイんですわ・・・



予報では「平穏→ちょっと荒れ」で、どちらかと言うと早い時間帯に青物狙いを決めて早期撤収を狙っていたのですが、この流れは「荒れ→平穏」でヤな感じ。



途中途中でザァーって降ってくるし



KIMG0424.jpg



一応ウネリの隙を見計らって神ポッパーを投げてみて、何も出ないのを確認して場所移動



KIMG0420.jpg






でやってきた二ヶ所目




KIMG0426.jpg




びっくりするくらい平穏・・・


ただし、風向き的にベイトの入りはまったく計算できず、移動回遊中の青物とアクシデンタルな邂逅を望むような感じの釣り。


ちなみに1ヶ所目もどちらかと言うと「どちらのヒラも釣れないであろう」という、釣れないことを確認するため釣りの傾向がありました。

風もいい、潮もいい、でも釣れないぞ(確信)と。

最近、自信がついてきたのですが


「ベイトが溜まる風・・・・すなわちフィッシュイーターがベイトを狙って入ってくる風」


を読めるようになってきて、この様子だと1ヶ所目は「マズメで偶発ヒラスズキにワンチャン、潮が動き出したタイミングで青物にワンチャン・・・どちらも可能性はかなり低い」と踏んでました。
GPVを観察しているとこの風はベイトをショアに溜めるような風ではない、いや、むしろベイトをショアから追いやっている風で、夜間にたまたま入ってきたはぐれヒラスズキがマズメまで残っていたら・・・的な解釈のもとに出撃したんですワ。

「サラシが出る風」と「ベイトが入ってくる風」は必ずしもイコールしてないんです。
これマジ。




KIMG0427.jpg



二ヶ所目はちゃんとアシストフックあるもん!



そこで閃いたのが、この風向で青物狙いたいならあそこで釣ればいいじゃん!という発想。

早速googlemapを起動して「あそこ」の風向きと地形の関係を確認して・・・ヴォー、スゲー!

では早速移動を・・・










車まで登りきったところで完全燃焼






行ったのは2ヶ所だけど、事実上3往復してるってば・・・



きょ、今日はやめとこ・・・



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村









こんなタックルを使っています









関連記事