崩壊した計画

PAK25_iphonegamenwareta_TP_V.jpg




2017年下半期の釣行計画 という記事に掲載したこの表、書かれていることが何一つ成されてないんですけど!



asiplanned.jpg





驚くべきことに・・・



・サゴシ
→ゼロ

・サーフ
→ほとんど行ってない

・アジング
→マメアジ数匹

・シイラ
→実は嫌いということを認めて中止

・ガチ青物
→ほんの数回行ったけど釣れなかった

・磯ヒラ
→釣行記に書いていない釣行が数回

・博多湾シーバス
→秋爆とかナシ



我が疑似餌戦線2017秋冬は全面的に作戦が崩壊しており、ここに至るに降伏の意を・・・じゃない




欲しがりません勝つまでは!

月月火水木金金!

ニイタカヤマノボレ、トラ・トラ・トラ!




いや、理由があるんですよ、理由が。



サーフフラットはですね、博多湾およびその近郊の「イワシ不作」で心情的に積極的になれなかったんですよ。

で、博多湾シーバスも夏の戻りが例年より遅かった・・・

んで青物のピークに長期の体調不良。

元気が戻ったらもう季節は冬で湾奥シーバスは終戦モードだし・・・


もうね、どうないせいっちゅうねん!


あと残された希望は磯ヒラしかないね・・・


うむ、磯ヒラ。
これに賭けるしかないっス。


あ、磯ヒラといえば、昨日の記事で紹介したナバ○ン150Fっぽいルアーと、このブログでもちょこちょこ登場していた裂○140っぽいこのルアー↓


DSCN6381.jpg


について、もう少し書いておこう!


DSCN5356.jpg


↑昨日登場のこのナバ○ン150Fっぽいルアーはルアーをじっくり見せて食わせたい時、結構スロー気味で使います。
大荒れの時も海面から飛び出しにくいのでエエ感じ。


DSCN5350a.jpg


一方の、この裂○140っぽいルアーは実はルアーサイズが全長150mmあって本家より一回り大きい。
んでキャスタビリティーが異常に高い・・・というか、本家より高い。
浮力が高いので3フックアイ仕様でフックチューンがマジで自由(ST-56#2*3もST-46#1*3普通に可能・・・もしかしたらST-56#1*3でもイケるかもしれない)という鬼のポテンシャル。
その代わり、大きなボディサイズと浮力に見合うリップ面積がないので、やや水の掴みが遅い。
着水直後が最重要なポイントとか、特にスローに巻きたいシチュエーションとか、足元までキッチリ巻きたい時とかにはちょっと向かない。
ま、その辺は使い分けというヤツですな。



DSCN4746b.jpg



で、このルアーのキモともいえるのが・・・1個700~750円という所。
(その代わりフックやスプリットリングは付属して無い)
ナバ○ンっぽいやつと裂○っぽいやつ、どっちがヒラスズキミノーとして普遍性があるとかといえば・・・間違いなくこの裂○っぽいやつ。
アクションもエエし、塗装クオリティーも高いし、ぶつけたら即大破とかいうこともナシ。
重心移動システムの質も高い。
そのお財布に優しい値段を一切考慮せずとも、これはマジでガチで使える良いルアー。



DSCN4839a.jpg



この冬の磯ヒラ・磯マル戦線に参戦する人にお勧めですぞ!

入手はココから

特にキャンディー系がよく釣れる気がする


おっしゃ、ワイも年内は磯ヒラ頑張ろっと!
関連記事