終戦を拒む冬のサーフシーバス

KIMG0628_2017121618401550e.jpg


問題はこうだ:



把握しているボラに賭けるか



それとも



消えたコノシロを探すか




アベレージが相当大きなボラが溜まる浜がある。


そのボラはおそらくシーバスには手出しができないサイズ。


そのボラを襲うことができるのは、85・・・いや、90・・・川の流れがあるなら90アップ、川のような流れがない浜なら100アップくらいのモンスターシーバスかアカメくらいのハズ(苦笑)


こりゃ無理だと斬って捨てるのは簡単ですが、「かろうじて視認できるのがそのサイズ」という可能性もあるし、ボラがいて何らかの捕食活動をしているということは何らかのエネルギー源があるということで、ボラ以外のベイトの存在を疑うに足る合理性が潜んでいます。


まあ、まずは、このボラを・・・ということでこの巨ボラの群れ(1つのスクールが多分20匹くらいで、複数のスクールが存在)に頑張ってついていこうとする子ボラのつもりで大型ミノーをセレクト。



(1時間弱くらいランガン経過)



うーん、思ったより狭い特定エリアを回遊してるのね。

しかもかなり岸側を左右に行ったり来たり。

暗くてよくわからないけど、何かあるんでしょ。



岸から直角に投げるより、岸際の回遊ルートとなるべく重なるよう、岸と並行に近い角度で投げ続けると・・・


コツッ・・・


ん?

ボトムノックにしてはちょっとライブリーだな、と思って軽くティップをアオると「ググッ」と動きだす。


おお、居るやん!


でもチビだな・・・(←実は冬シーバス4連敗中なので震えるほど嬉しい


なんて強がりながら回収して・・・



KIMG0630.jpg



ンマァー

悪く無いッス

ウッス

チワッス

なんて妙なことを言いつつフックを外そうとすると・・・






うわっ オマエ・・・臭ッサー!






今の時期、いるんですよね、こういう個体・・・



どこのドブからやってきたん?



それとも本当にこの巨ボラの仲間の小ボラばっかり食ってるから臭いん?




多分前者でしょうけど・・・



KIMG0627.jpg



ちなみにこのルアーはリリースして再開直後のキャストで海の彼方に吹っ飛んでいきました・・・リーダーに傷が入っていたらしい。

ま、ここで700円で買えるルアーなので許す・・・


んでもって、ちょっと波の気がそぐわないなと認識しつつも、最近購入したマニック155を敢えて使ってみる。


そして・・・即座に結果を出す。





KIMG0634_20171216184021ebf.jpg





ドヤァ!




・・・ナニコレ?

ナマコ?

ウミウシの一種・・・?





ま、寒いからこんなもんにしとこっ!


次はコノシロ探しの予定どすえ。


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村







使ったルアーズ


KIMG0635.jpg

NL-1を久しぶりに使用
これはアタリのブツやね(笑)
コモモト130スリムトマホークは拾ったヤツ・・・なかなかいい動きするやん!




こんなタックルを使っています




やっぱりフットまでメタル製のリールは辛いので(笑)





以前教えてもらった冬の防寒の知恵・・・長袖シャツの手首部分にカイロを貼ると血流が活発になって指先が凍えない!
絶対にお勧め。
地肌に貼るのは低温やけどのリスクがあるのでNG
関連記事