『三十にして立ち四十にして惑わず』も7年目に突入

PAK75_gasyunn20141221165318_TP_V.jpg



2017年末は「釣り納め釣行」とか「2017年総集編」みたいなものをやりたかったのですが、あっという間に時間が過ぎ去り流れてしまいました。


去年の釣りを採点すると・・・





100点満点で・・・
(赤点は落第)



マルスズキ:60点

ヒラスズキ:75点

サーフ:40点

オフショア:50点

ライトゲーム:40点

ライトショアジギ:30点

ガチ青物:40点

遠征:10点





・・・まぁ、悪かった。

サーフとガチ青物は獲物ナシの「参加賞」

マルスズキは前半オイル流出に悩まされ、後半は「大量コノシロ+イワシ不足」に悩まされ、博多湾は近年稀にみる不漁具合だったと思います。
コノシロの巨大群が引いたあとの居残りコノシロを狙うことが出来た人、コノシロを捨ててサヨリを当てることが出来た人が釣果を伸ばせたはず。

ヒラスズキは前半は良かったけれど、後半がダメダメというか、釣行回数を伸ばせなかった。

後半戦を総括すると「行けなかった」かな。

現地現場での釣り方の工夫も大切ですが、自分を釣り場に送り、釣座に立たせるための工夫が大切なんだなということが2017年に得た、2018年のための最大教訓ですナ・・・



あっ

ちなみにですが、釣り始めは既にヤッております・・・







ヒラ行ってヒラルアーを全て忘れるという快挙でした。

青物タックルも持っていたのですが、青物やるにはちょっと厳しい天候でありまして、青物プラグで一番小さなものを集めてヒラっぽい釣りを1時間ほどして終了(苦笑)

せめてミノーが1本、ヘビーシンペンが1本、バイブが1個あったら(超慎重に)やれたんですが・・・







さて、このブログ・・・今年はタイトル通り7年目に突入します。


開始当初はオドオドしながら書いていたのですが、気がつけば更新が止まっていない釣りブログ・シーバスブログとしては「古株」の部類になってしまいました。


その間に参考にしていた先発ブログ様が消えてしまったり、このブログより勢いがあったであろう後発ブログ様の更新が途絶えたり・・・
書くことに関して強制力がまるでない世界ですので当然といえば当然ですが・・・
釣りブログ界にも世代交代があるワケですね。


7年目といって何か特別なことをはじめるワケでも、更新頻度をさらに高める奮発をする気もありませんが、7年目8年目、そして10年目へと続けることができたらイイナ、今年もボチボチやろうかな、なんて思っています。


今年もよろしくお願いします。


AMEMAN17826009_TP_V.jpg

関連記事