そろそろ春っぽい?磯釣行

DSCN7648.jpg


ああ、忙しい


・・・なんていいながら1月2月の釣りを誤魔化していたらもう3月ですよ!


蓄積されたストレスを解放すべく磯に赴きますが、2月3月の磯はほんと甘くないですね。

適度にサラシていたとしてもこの時期のヒラスズキの魚影はとっても薄く過度の期待は禁物。

いっそのことヒラスズキを諦めるくらい凪でいてくれたほうが青物に集中できていいのかもしれません。





DSCN7635.jpg


ハッキリ言って、サラシ具合はこれ以上ないというくらいの「適度」でございます。

荒れ過ぎず、凪過ぎず、ピッチが速すぎず、セットがなくても十分なサラシが出来ているがセットが来ると一面のサラシが広がる・・・といった感じで、これ以上自然に望むのは酷というものでしょう。




ベイトとヒラスズキが居ないという点を除けば完璧に近いコンディションですね。




え、それ、ダメなやつやん?


そうともいいますが、シーズン中一度や二度こういう日を体験しても動じてはいけないのが磯ヒラマンです。

ましてやオフシーズンといいますか、釣れないことはないのですが今は一年でもっとも苦しい時期なので仕方ないのです。

昔、ヒラスズキに関して無知で無垢だった頃、ネット上に溢れる適当な情報に踊らされたものです・・・


「ヒラスズキ シーズン」

「ヒラスズキ 産卵」


こんなのでよくググッてましたが、有益な情報は全然でてきません


・・・マルスズキのシーズンが終わったら次はヒラスズキのシーズンに突入だとか(苦笑)

・・・ヒラスズキは1月2月がベストシーズンだとか(苦笑)


ヒラスズキに関しては黒潮直撃エリアとその他エリアで事情が異なるという前提を知らなかったのも混乱の元でしたね。




なんてことをブツブツ呟きながら撃ってまわるワケですが、次に入ろうと思っている磯を遠目にみていると次々に人が降りてくるじゃないですか。


あー、今日はちょっと暖かいし、釣り日和だもんなー


この磯を最後まで撃って周るがここで出なかったら磯ヒラを諦め
(魚影が薄い冬ヒラは足で稼ぐしかないがそれが見込めない)

青物狙いにチェンジする、という決断を下し・・・
(大きく移動して次の磯を目指すにしても全部入られているだろう)








DSCN7649.jpg

(使ったルアーズ)


無反応のまま終戦を迎えました


青物狙いにはちょっと波が高すぎたかなー・・・まあ、でも、正味2時間くらいキッチリ投げきってプラグを水中にプレゼンすることができたので満足。


肩の調子が上向けばガチタックルもって春マサにトライしてみます!


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村






使ったルアーズ


DSCN7652.jpg

1時間半くらいの磯ヒラタイムで主戦力を務めたミノー

最近リバイバルされたナ○ロン150Fに似ているかもしれないが気の所為だろう

ブリッブリッに泳ぐこのルアーはここから入手すべしっ!


こんなタックルを使っています










関連記事