セコ釣りdeボウズ逃れ

DSCN7739.jpg


入りたい場所に先行者がいたので遠くから眺めつつ(&早く帰りなさいと呪詛をこめつつ)空いている二級、三級のポイントを狙ってスタート。

エリア10EVOを使って表層から下のレンジまで効率よく探るが無反応。

前回の釣行もそうだったけど、ハク・イナ・トウゴロウなんかの季節のメインベイトがいないのよね・・・





というわけで、今回はレンジを落とします。


アルカリ+静ヘッド10g


喰わせようと思ったら5gとか7gとか軽いジグヘッドが有利ですが、意図するものは「落として底を狙う釣り」なので10gを使います。


ブレイクのちょっとした落ち込みになるべく平行に沿うように・・・といっても自分がブレイク際に立っていない限り平行にはならないので、なるべく斜めになるように投げて着水後に落ちていく様を感じながら待ちます。


底をとったらあとは適当に巻くだけ。

意外に思えるかもしれませんが、フッコくらいまでならボトムズル引きが効くこともあります。

自分が水中のどのあたりを通しているのかイメージが出来ているならばタダ巻きでも可だし、ロッドアクションを入れてもOK。

今回は10gという重めのジグヘッドを使っているので「ジギング」のイメージで進行していくと・・・

フグ?

セイゴ?

ウーン、よくわからんけど着水直後のフォールか、底から巻き上げててからのフォール、いずれにせよフォールだけに反応するゾーンがあるな・・・

あまりにも微細なこのアタリ、シーバスなら去年生まれのドチビじゃなかろうか・・・?

フグなら歯型が残るだろうと思って何回かアタリがあった後にアルカリをチェックすると無傷。

んじゃチーバスか・・・ってところでヒット



DSCN7735.jpg




さんじゅう・・・ご?


どうやらジグヘッドが重すぎてなかなかお口に合わなかった模様(笑)

このあと2匹フックアップ、2匹ともバラシてセイゴ狙いは終了。

アタリの数は二桁、フックアップは三回、ランディング成功は一回

まぁ、こんなのにムキになる必要もないでしょ。

・・・なんて余裕のスマイルとともに次のフィールドを目指しますが、実はかなり悔しくて上を向いて歩きました。

涙がこぼれないように。











で、やってきた次なる場所は入れそうにないのが分かったのでパス。


最近あまり入ったことのない某所で

「確かあの辺りがシーバスが溜まりやすい場所だったよな・・・一見なにもないけど」

みたいな、危うい記憶だよりの釣りをしてみます。

すると・・・





チーバス



さらにチーバス



もっと小さいチーバス



DSCN7740.jpg



いや、オマエ、マニックより小さいだろ・・・

でも、まあ、許す。

キミタチが居なかったらとっても悲惨な夜になっていたことでしょう!

シーバスが付くようなベイトが居ないとなかなかキビシイですね。


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村






こんなタックルを使っています












関連記事