ゴールデンヒラスズキ

DSCN7839.jpg



GWということもあって「それらしき車」は多いが実際に釣りをしている人は少ない・・・

というか極少数(苦笑)

つか、車のドアを開けた瞬間and/or海面を見た瞬間に戦意を削がれる人多数

朝イチは「できない」と判断して近くでお散歩&二度寝

「できるとしたらここしかない」と思っていた場所に日が完全に昇ってから(風は次第に弱まってくるという予報)行ってみると・・・






で き る


ウネリは高いけれど、マジキチレベルではない・・・それに遠目からみてウネリのピッチがそれほど短くないので十分にルアーを通せそうだと思って出撃。

もちろん安全性を重視してウェット装備

気温18.6度

水温はもうちょっと低いくらい・・・?







洗濯機状態のサラシを全部攻め終わって(早っ!)遠くの沖をテキトーにヘビーシンペンで早巻きしたり、高台に座って海を眺めながら一人で悪代官と町娘ごっこ遊びをしたりします。



ワハハハもっと近う寄れ

ああっお代官様ご無体な・・・お許しくださいまし・・・

貸して減るものではなかろうてガハハハ

あ~れ~



DSCN7815.jpg








嗚呼、虚しい



いや、だって、サラシ攻め終わっても次に行くところがないじゃないですか・・・?


なんかこう、泉から金の斧か銀の斧が出てこないかな的な心境で、とにかくイイことが起きないかなーって口に指を咥えて待ってるワケですよ。


するとですね、偏光グラスを忘れて眩しさに苦しむぼくちんの視界に時折飛び込んでくるわけですよ・・・妖しげにキラキラ光る水面下の物体が。



よく「銀ピカ」「銀ピカの魚体」とかいいますけど、サラシの中のヒラスズキの場合は間違いなく“鈍い黄金色”に見えますね。

捕食反転の横っ腹が水面直下で光るとそんな感じ。

で、それみつけたら熱り立って


ウホーッ!

ウホホッー!



みたいな奇声を挙げながらルアーを通してみるんです。






そしたら・・・





釣れんがな(怒)




居る場所は分かっているんです。


トレースコースを可能な限り変えて通しても、食わない。

そこで一休みしてポイントをよーく観察します。

ガン見します。





で、観察することによって確認された次の事象から


・魚体が見えるタイミングは間違いなくサラシが薄まる時

・サラシの発生源に頭を向けていない

・そもそもココは散々叩いたポイントだから今しがた回遊してきた群れのはず



コイツらはサラシに揉まれているベイト、サラシから押し出されてくるベイトを狙っているのではなく、ウネリに圧されて今からサラシに入ってくるベイトを狙っているのではなかろうかという仮説を組立てみました。


要するにですね、ホットスポットにダイレクトにルアーを落とすのではなく、沖からしっかりルアーを泳がせアピールさせよ、と。


apealhissipoint.jpg


わかりにくい図でスミマセン・・・セットが入ってきたら辺り一面、完全洗濯機状態なポイント

サラシが一番薄まるタイミングにおいてはピンクの三角形で描かれているところがクリアな水になるのでルアーがしっかり見えるんですね。それは多分、水中からでも同じこと。

そこで足場を右手に移して、波が収まるまで待って沖に向かって遠投し、ルアーがピンクの三角形ゾーンでブリッブリに泳ぐよう意図します。




すると・・・




DSCN7817.jpg




イ ッ パ ツ 




DSCN7826a.jpg



すげー!

こういう事ってやっぱりあるんやなー!

サイズとかタフコンとか関係なく、(どこまで当っているかわからないけど)ヒラスズキの捕食戦略を推論してから捕らえた、嬉しい一匹。

サァ次いってみよか



DSCN7832a.jpg



・・・ちょっとサイズダウンしたけど嬉しさには変わりないです(笑)


まったく同じメソッド。


この個体は鱗が剥がれすぎたので〆てから、次。



DSCN7836a.jpg



当日最後の魚にして一番心に残った魚。

実はヒラスズキにはちょっと長いラインシステム設定だった(PE2号にスペーサー2mを噛ませた先にフロロ35lbを5m)のですが、これが狙い通りバリバリに機能した(というかそれくらい長いリーダーじゃないと上がらなかっただろうという擦り傷が出来た)のが嬉しかった。

荒れすぎて岸際に立てないからラインシステムは太いほうがいい・・・という想定がバッチリ当った一匹ですナ



DSCN7838.jpg



残念ながらこの群れはここで終了。

そして自分のGWの釣りも終了。

水中で光る物体を発見してから三匹目をリリースするまでアッという間でしたが、溜まっていたストレスを全部吹き飛ばしてくれる楽しい時間でした。


ちゃんちゃん♪

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村






使ったルアーズ


DSCN7840.jpg


サラシ厚すぎ=バイブでサラシの下を通せばエエんちゃうん?

という安易な考えが発覚してしまう画像(苦笑)

実はミノー・・・それもウォブリング系のブリブリに目立ち泳ぐ大型ミノーの日でした。


KIMG1001.jpg


ヒットルアーは3匹とも同じコレ

水噛みがいいので高い釣座からも使えてGOOD!


こんなタックルを使っています








関連記事