【ほんわか】お互い面識がないアングラー同士の心温まる交流が記録される【ほのぼの】

business_katakumi3.jpg


バス釣りにはちょっとついていけないノリというか、空気というか、まぁ、「特殊なカルチャー」があるように思えて個人的には敬遠しがちなんですが、この動画をみると



ああ、バス釣りって
こういう人たちもいるんだなー




みたいなあたたかい気持ちになりました


釣りのジャンルは違えど大切にしたいですね、この釣り風景は。









あ、もちろんですが

バス釣りの中だけで大切にしてください、この風景。

他の釣りに輸出しないでくださいね(ニッコリ)










とはいうものの、ソルトルアーにもこういうギスギスした空気というか、お互い殺気立ちながらやる釣りが存在しますね。


「かぶせんなやコルラァー!(←巻き舌)」



とか


「俺はこの場所の`=)&'F)Op0--gr0y5@p(←よく意味がわからない)でみんな知り合いなんだぞぉ!」


みたいにイキリはじめる人が存在する釣り・・・


まぁ、端的に言うと週末漁港エギングとか人口過密堤防青物とかのことなんですが。


こういうキ●ガイとのエンカウント率を最小まで下げるための方法はただ一つ・・・



そういう場所ではなるべく釣りしない



・・・ということになりますナ。


先行者との距離を取るとか、積極的に挨拶をして社会性を確立しておくとか、そういう最低限のマナーすら通じないヤツが存在するなんて無理ゲー(精神衛生的に)ですやん。






関連記事